タグ:器話 ( 15 ) タグの人気記事
阿部春弥さんの工房へ
f0203920_233146.jpg
やってみるとやっぱりプロは凄いってことがよくわかるってこともあるわけです。
昨晩、シコシコと自作の器を削る作業をしてから、陶芸家の阿部春弥さんを訪ねました。
鎬一つとってもプロはやっぱり凄いなぁと改めて思える感覚っていうのは、やったならでは。
一つ一つの製作過程を知ることは、器を楽しむことの一つかもしれません。
まぁ、駄作を趣味で作ることも勉強の一つですな。

阿部さんしかり、角さんしかり、戸津さんしかり、
その作品が好きで始まったことはもちろん、人が好きなんです。
会う度、話す度、好きになる。毎回凄いなぁと尊敬の気持ちも高まる。
だから取り扱いたい気持ち、売りたい気持ちが高まるし、
今は自分があまり器を売ることに対してあまりにも未熟であり、経験もなく、
大した力にもならないが、いつかという気持ちがここに芽生える。
モノを売るってことを真剣に考えると、こういう気持ちを大事することに到達するのです。

実は、阿部さんに一つお願いをしていたのです。
一番最初に私が阿部さんの作品を購入したのは、小さな円形の塩壷だったんですが、
その蓋の収まりがとても気に入って、この方にはいつか絶対バターケースを
オーダーしたいと目論んでたのです。

月日が流れ、阿部さんにお会いする機会を得て、パン屋の片隅に器を置くことを
快く了承してくださり、わざわざに常設していただくようになったのですが、
バターケースの概要をお話して、デザインの相談をしたのが、かれこれ半年前くらいだったかな。

サンプルが何点かできたということで、デザインをつめていくことになりました。
脱線しながら話は弾み、何とか形になりそうです。えっバターケースなの?って
言われると思いますけど、実用性と美しさを兼ね揃えた阿部さん+わざわざらしい
何だかとってもいいものできそうです。私も買おうっと!
パン屋リニューアルオープンと同時にずらりとお披露目できそうです。楽しみ~

ちなみに皆さん、お時間合ったら是非ご意見お聞かせください。
バターケースにバターナイフ突っ込んでおく派?それとも一回ずつ洗う派?さぁどっちだ!

PS
コメントいつもありがとうございます。楽しく拝見していますっ!
後ほどまとめてお返事させていただきます。
[PR]
by wazawazapan | 2011-07-15 09:07 | ストーリーのあるモノたち
朝、兼、昼ごはん~
f0203920_1041828.jpg

冷やご飯におかかと醤油。現代の栄養学はまるっきり無視。
こういうのが好きなんじゃ!

器は笠間の作家額賀章夫さんのお茶碗。
額賀さんの器で持っているのはこれっきりですが、好きな作家です。
この茶碗をおかずに何杯でもおかわりできるくらいお気に入りのお茶碗です。
茨城なので地震の影響が心配ですが、これからも焼き続けてほしいです。
いつか個展に伺いたい。

-----------------------------------------

コメントお返事途中ですが投稿します。
後ほどお返事いたしますのでよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by wazawazapan | 2011-04-22 10:08 | パン屋のたわいもない話
お気に入りのお茶碗
f0203920_15473914.jpg

娘と散歩で散々走り回った後に(ほとんどダッシュなんだもん。)
チャイを作って、農作業中のお隣さんに差し入れた。

残りを戸津圭一郎さんのお茶碗に注いで娘と二人でティータイム。
あぁ、あったまるなぁ。

ご飯もおいしいけど、お茶も合う。
とても素朴なこのお茶碗をとっても気に入っている。

1,800-(在庫1)
[PR]
by wazawazapan | 2011-01-09 15:56 | パン屋の休日
白はやっぱりいいと思う。
f0203920_9485595.jpg

上田市で作陶されている阿部春弥さんの作品です。
主に白磁の作品を作れられていますが、ブルーグレイがかった白が好みにドンピシャハマリました。
初めて阿部さんの作品を見たのは、戸津圭一郎さんとの二人展でした。
それから何度か作品展に足を運び、わざわざで取り扱いさせていただくことになりました。

この話にも書いたように、私は白い器が大好きです。
白なら何でもよいわけではなく、白が好きだからこそ、白に厳しい頑固なおばさんであります。
阿部さんの器は厚みや丸み、重さ、風合い、色んな基準を満たした好きな白い器でした。

f0203920_9544842.jpg

この左側の器は先月の阿部さんの個展で私も購入しました。
私の中でこの器はイレギュラーな作品で、ちっとも用途が浮かばないというか、
ただ無心でジャガイモを積んでみたいと思ったのです。

スペイン料理でジャガイモの塩茹での料理があります。
岩塩をたっぷり入れたお湯で丸ごとジャガイモをことこと茹でます。
途中から鍋の蓋をとって水分を蒸発させると、ジャガイモに岩塩の塩分がくっついて
真っ白に粉を噴きます。それを皮ごとがぶりとやるわけですが、それが信じられないくらい
おいしいのです。ワインとアンチョビでもあればもう贅沢な宴になりそうです。
ポイントは岩塩で、岩塩でなければこの甘みは出ないでしょう。しょっぱくないんですね、コレが。

この器に、そのジャガイモを6個ほど積んで、1,2個、器からポトリとクロスの上に落とした絵が
頭から離れませんでした。是非、ジャガイモを積んでみたいと阿部さんにお話しながら
この器を購入したわけですが、阿部さんはきっと何のことかわからなかったと思います。

で、そのジャガイモを積んでみたいと話した後に、阿部さんに何を盛ったらよいですか?と
聞いてみました。そしたら、スープを入れたり・・・とおっしゃったのです。
明らかにスープを入れるには大きすぎる器です。私は、自分のことを棚に上げて、
阿部さんのスープ発言に、スープには大きすぎるでしょうと笑った悪い人間なのです。

家に帰って、早速、ジャガイモを茹でて積んでポトリと落として夕食にしたわけですが、
翌日、どうしてもスープを入れてみたくなりました。作者がスープと言ったらスープなのです。
ポトフを作り、その晩は別の皿にポトフを入れて飲みました。だって3人家族ですから、
1つしかないこの器は使えなかったのです。満を持して翌日の一人の昼飯で使うことにしました。

昨晩の冷やご飯を阿部さんの器に1/3ほど入れました。冷やご飯というのはウチには
例のごとく炊飯器がありませんので、鍋で炊いたら炊きたて以外は冷やご飯になります。
時々、家族に夕食は何が食べたい?と聞くと、温かいごはんが食べたいと言われて、
本当にウチは平成を生きているのか不安になりますが、その不安は置いておいて、
阿部さんの器にとにかく冷やご飯を盛るわけです。

その後に熱々に温めたポトフをぶっ掛けます。作者の意図と若干外れた気がしますが、
意図は置いておいて、木のスプーンを用意して、ポトフご飯を抱えて、
お気に入りのソファーに腰掛けたのです。一人なのでソファーで食べちゃいます、
誰も見てないからいいんです。

めちゃめちゃ幸せです。信じられないくらいの幸福感です。
食べているものは猫マンマに限りなく近いはずですが、器と木のスプーン、お気に入りの
ソファーでダラダラというスタイルが一人の昼ごはんを高い満足感に浸らせてくれました。

スープあり、です。阿部さん!
(猫マンマ入れてゴメンナサイ)

うどんやラーメン(下衆でスイマセン)アリですね、これ。
すっごく使いやすかったです。あと淵の仕上げがとてもよく、口当たりがいい。
おつゆごくごくイケますね。

それでですね、阿部さんの工房に作品を取りに伺ったとき、
この器を大小で見つけて、これはもしやと思ったのです。

f0203920_10223153.jpg

ホラね!!
嬉しそうに重ねていたら、阿部さんに笑われてしまいましたが、
入れ子マニアの血が騒ぎましたよ。
くぅ~、、あと1個重ねたい。
入れ子は私の中で最低5個は重ねたい。。

(大:3,600- 中:3,600- 小:2,500- 最小:2,800-)
(メールでのお問い合わせ可能です info★waza2.com ★=@)

f0203920_10153690.jpg


と言うわけで、只今、店内は阿部さんの作品、多数入荷しています。
是非、お気軽にお手にとってご覧ください。
田舎のパン屋で器を見るのも結構乙なものです。
実際に触れてみていただくのが一番嬉しいものです、私も、きっと作者さんも。

阿部さんの器は非常にお求め安い価格帯です。
ご本人もおっしゃっていましたが、日常の普通の生活の中で使っていただきたいからと
言うことでした。角さん、戸津さん、阿部さん、皆さんそうおっしゃいます。
ありがたいことです。
[PR]
by wazawazapan | 2010-12-07 10:39 | ストーリーのあるモノたち
収まりのよい片口
f0203920_9243825.jpg

入れ子は日本の住宅事情に適した素晴らしい文化であると、断言させてください。
古くから残っているものには必ず生き残ったわけがあるということです。
入れ子はほんとに素晴らしい!

ということで、信じられない収まりの片口の話が遅くなってしまいました。
少し前に入荷した角りわ子さんの器ですが、これ、私が切望して作って頂いたものです。

収まりがよかったり、入れ子でコンパクトになるものに目がありません。
きっちり収まった姿を見ると、自分の収まりの悪さを棚に上げて、
何だか物凄く気持ちがシャンとするのです。収まりがよいことに憧れがあります。

角さんの陶器は、非常に正確で、土ものにありがちな豪快で大らかな作風と言うよりも、
磁器のような繊細さがあります。私の持っている角さんのカップは色々な場面で
1つずつ購入して揃えていったにもかかわらず、綺麗にスタッキングできています。

私はどちらかというと器の魅力を観賞用には見出さず、使うことを第一に、
そしてさらに美しさを兼ね揃えたものという基準で選んでいますので、
並べた時に収まりがいいとか、収納しやすい、用途が多岐にわたり実用に優れているもの
に目がないわけです。

それで、片口がきっちり収まっていたらいいなぁと思っていたこと、
韓国の作家さんのモノで以前見た器の話を角さんにしました。
そして、作って頂けたのがこちらです。そしたらやっぱり思ったとおり。
角さんの入れ子、収まり半端ないです。
いまどきの言葉で言うと、マジパネェっす。

f0203920_9311134.jpg

凄いことです、これは。寸分たがわず綺麗に収まっていて尚且つデザインがいいです。
この草色軸の器は角さんの作る器の中でも、白掛けをしていないタイプのものですので、
軽さが尋常ではありません。5つ重なってる?!信じられない、軽さです。

薄い=割れるととる方が多いのですが、角さんの器はとても強いです。
私は家族で4年ほど、角さんの器を愛用していますが、まだ1枚も割っていません。
洗う時に手を滑らせてシンクの中に落としたことしばしば、重ねて無理やり下から他の器を
撮ろうとしてぶつけることしばしばの悪い使い手ですが、大丈夫、元気に今日も活躍しています。
土モノですからそんな時欠けはします。ですが、チップも小さいですね。気になりません。

私は所謂作家モノの器や民陶、古いものをごちゃまぜで家庭で使用しています。
モノを売る仕事をしていますので、家庭で使って使って試してから販売しています。
作家モノも自分で買ってそれから使って、お店に置くのがポリシーです。
できるだけ自分の実感を詳細にお伝えできればと思います。

f0203920_931361.jpg

使い勝手がよいということは私にとって、とても大事な物差しです。
使い勝手の悪いものは必ず扉の奥深くに眠っていくものです。
限られたスペースに収納しなければならないので、しまいにくいものは手が出にくいです。
同じ大きさであったり重ねられるものは私にとって選ぶ上での重要なファクターです。

3つ入れ子のもの 7000-
5つ入れ子のもの 15000- 

私だったら小さめの片口は酒器に使いたいと思います。
メールでのお問い合わせ受け付けます。info★waza2.com(★=@)
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-30 09:36 | ストーリーのあるモノたち
贅沢な蓋:追記
f0203920_14593529.jpg

いや~、昨日は大事なこと言い忘れました。
この器タッパーなんですが、な、なんとっ!スタッキングできるんですよ。
ラップにはこれできないでしょう~~、ウフフ。(優越感)
だから冷蔵庫の中もほら、すっきり。
(うちは食材の買い置きしないので、丸々2段いつも空いてます。
よく驚かれるのですが、これ以上詰め込むと悪い癖が出ます。前後で重なったらアウト!)

f0203920_1513231.jpg

おまけ。
イッタラon角りわ子さん。
通称:どんぐり。
特性:ボリュームのある食材の収納時に登場。
角さんの線紋はひっくり返しても美しいですなぁ・・・って、見方が違うか。

"重ね重ね"、申し訳ございませんでした。
今日は東京出張です、行ってきます。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-07 00:18 | パン屋のたわいもない話
贅沢な蓋
f0203920_917345.jpg

初対面に近い状態で会話をしていて、ふと"炊飯器がどうのこうの"という話の流れになる時がある。
そんな時は、ボソッと「炊飯器持ってないんですよね」とつぶやくことにしている。
大抵の方がえぇっ!?といいリアクションをしてくれるので、その後ことある毎に
あぁ~、電子レンジもないです~掃除機使わないんですよねぇ~と畳み掛け、
まぁティッシュもラップもないんですけど・・・。
ちなみに麺つゆもマヨネーズもケチャップも・・・。なんてさらに追い討ちを掛けて楽しむという
悪い遊びを覚えてしまったのはいつのことだった?

以前にもお話しましたが、今日はそのラップがないって話です。

そういえば昔は夕飯の残りもご丁寧にラップをしていたのですが、
生来のドケチ精神から残りはタッパーにうつして、冷蔵庫に入れてみることにしました。
なるほどこれは、素晴らしいアイディアです。タッパーに移したことで、
ラップの使用もなくなり、冷蔵庫の中も整頓されとても見やすくなりました。

ですが、極度のメンドクサガリの私には、タッパーに移すことすら苦であり、
更にはタッパーを洗う手間が増えるという苦痛も重なり、
更に更にタッパーに移したことに満足し、その後食べることを忘れ腐らせるということを
何度も繰り返すことになったのです。ごみ当番である夫に何度も何度も叱られました。
この葛藤は数年続きましたが、一向にうまくなる気配はありませんでした。

そこで考えました。シリコン製でどんなサイズの皿にも対応する蓋を購入して
お皿にそのままこうやって被せてしまえば…
うぅん??
お皿にそのままこうやって…
お皿をそのままこうやって被せてしまえば…
いいんじゃん!!!

これは大正解でした。食べて余ったものにそのまま皿で蓋をして、
ウチには食器の数があまりないので、食べてしまわなければ器がないということで
率先してあまりモノを食べることができました。
腐らせることもかなり少なくなってきました。

f0203920_9251284.jpg

ARABIAのイッタラのティーマシリーズは非常につまらない食器です。
余りにも万能で余りにも有能なため、こうやって鍋の蓋にまでなる始末です。
この皿を持つと扱いが楽なため、ついつい使用頻度が高くなり、他の皿の出番を
少なくする悪い皿なのです。嫌いだけど好きなのか、いや、好きとは言いたくない
嫌な皿なのです。だからこうやって意地悪して鍋の蓋にしてやります。

この鍋は夫が一人暮らし時代に実家から持ってきた鍋で、もう20年選手くらいで
先日ついに蓋が天に召されましたが、運悪くイッタラやルクルーゼの赤い蓋が
ぴったりハマってしまいましたので、まだ現役というわけです。

f0203920_926174.jpg

左側のように皿のサンドイッチになることがあります。
イッタラ/小鹿田焼/イッタラです。考えようによっては非常に贅沢なタッパーです。
f0203920_9313666.jpg

イッタラを取れば昨日の残りのかぼちゃグラタンがお目見えです。
小鹿田を取ると余りの蒸しかぼちゃが入っています。
今晩のおかずにされておしまいです。

見たとおり、密封性は全くありません。
でも、それがいいんです、早く食べなきゃって気になりますので
めんどくさがりにぴったりなんですよ。

そうそう、最初の写真。
(スクロールが面倒だと思いますのでもう一回載せます)
f0203920_9305247.jpg

左:イッタラon角りわ子
右:戸津圭一郎on笠間の作家さん

戸津さんの上に金箔付きの皿を載せた瞬間に、
器が好きだと言ってはいけないのではと、心の底から自責の念が沸いてくるわけでありました。
角さん、戸津さん、陶芸に勤しんでいる皆々さまにお詫びさせていただき、
今日はお開きとさせていただきます。

みなさま、大変申し訳ございませんでした!
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-06 13:07 | パン屋のたわいもない話
戸津圭一郎さんの粉引き
(本日記事を2本投稿してます。下記記事もどうぞ。)

f0203920_15444643.jpg

先日お話していた戸津さんの作品を入荷致しました。
戸津圭一郎さんはお隣の上田市で作陶されています。角りわ子さんも出店していたグループ展で
初めて戸津さんのお茶碗を購入し、その使い心地のよさに驚いたのですが、
しみじみ、信州には素晴らしい作家さんが活動されていることを実感したのでした。

わざわざでは戸津さんの作品の中でも粉引きを中心に取り扱うことにしました。
今回、入荷した中でも特に気に入ったのが写真の急須、うちには1~2人用の小型の急須が
ないので食指が動きます。一緒に撮影したのは杯なので実物はかなり小ぶりです。
写真がイマイチ、いや、イマサンくらいの出来ですが、ちっこくてかわいいんです。
手にすっぽり収まるこのフォルムと注ぎ口が高めに付いて、
細くて小さいのがとってもいいです。注ぎやすそうです。

(急須 小:4,500- 杯:1,500- 欅盆:3,150-)

f0203920_15445612.jpg
うちとおそろいの飯椀もいくつか入荷していますが、こちらの一点もののお茶碗が特に痺れました。鉄分の強い土に白化粧を施していて、所々に滲んだ黒い鉄分の風合いが男らしくて素敵です。大盛りでがつんと白いご飯、盛りたい、です。

(茶碗:1,800-)

今回入荷の飯椀は全て1,000円台で購入できます。家族分、エイッと揃えられそうなお手頃な値付けがありがたいです。今回入荷した分には在庫がまばらな分や戸津さんはじき(何ら問題はないのですがご本人が納得していない部分がある)分が少しあります。
カップ&ソーサーなどかなりお得な値段のモノがありますが、初回入荷の1度きりの
大盤振る舞いですので、見つけたもの勝ちということで是非お早めにお越しください。


そして今週末久々の営業始まりますが、ちょこっと陶器市も店内で開催します。
細々と買い付けたものや、夏休みの間にわざわざさんの食器棚を大幅に整理したものなど
500円未満(ほとんど100~200円です)でちょこまか販売します。
フィンランドARABIAのカップなど欠けてしまい使っていないものや
漆塗りの椀など、"あなたが見れば掘り出し物"がもしかしたらあるかもしれません。
また時間があれば店内の様子など紹介します。

明日はその他の入荷品また紹介できたらと思いますのでお楽しみに。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-01 16:11 | ストーリーのあるモノたち
夏の食卓
f0203920_1934293.jpg
暑くて暑くてたまらないから、せめて器で清涼感を出す。
ガラスや白い器で合わせて少し涼やかになる。
相変わらず、地味な食卓ですが、器の華が彩りを添えてくれます。

同じ白でも色々な白がある。
骨董市で買ったもの、様々な作家さんのもの、民芸品、
バラバラだけど何となく統一感がでるのが、また嬉しい。

買う器の色は白・黒・茶と大体決めていて、時々染付けなんかを買う。
揃えて買うことはほとんどなく(お金もなく)、気に入ると1,2個ずつ買う。
自分の中で購入のルールをザックリと決めているので
料理を盛って出す際も大体まとまるし、収納した時にもスッキリ見えて
このやり方がとても気に入っている。

実は、この中に9月からウチで取り扱いが始まる戸津圭一郎さんの作品が混じっている。
中央の刷毛目の片口やその奥の粉引きのお茶碗、左手前のお茶碗も。
角さんが出ていたグループ展に遊びに行った際に、
粉引きのお茶碗がとっても気に入って購入してきたのだった。
軽くてとっても使いやすい。そして、お値段が本当にお手ごろ、ビックリします。

また商品がきたらゆっくり紹介しますのでお楽しみに。
f0203920_2024210.jpg
夕飯は、そうめん、茄子焼き浸し、豆腐にモロヘイヤがけ、自家製ツナときゅうりの和え物、そしてデザートはとうもろこし!The 夏の食卓でした。
[PR]
by wazawazapan | 2010-08-19 07:45 | ストーリーのあるモノたち
栃木へ
f0203920_10163063.jpg
栃木へ2泊3日で行ってきました。
1.3キロのでっかいカンパーニュを2つ持って。

今年は長い休みが取れず、全国ぶらり旅に出ることができないけれど、
所用にくっつけて益子へ行こうということに。
だけど、用事が急遽なくなり、ただの栃木ぶらり旅に変更になる。
車で寝泊りしながら2泊3日の短い旅でした。
色々なことを考えるいい旅になりました。
ちょっとした旅行記です。

いつもどおり長文&たくさん写真です。
[PR]
by wazawazapan | 2010-08-10 15:34 | パン屋の休日