タグ:パンのおいしい食べ方 ( 33 ) タグの人気記事
一人の時は
f0203920_919818.jpg

先日、娘と夫が東京のイベントに行った後、そのまま実家に帰ったので、2日連続で一人の夜となった。出産してからこんなことは初めてで、一人で何をしようと思っていたら結局ずっと仕事してた。はかどるなぁ、静かだなぁ。。

夕飯は何を食べようと思いあぐねていたのだが、結局パン。
そして、結局、バゲット。

焼きたてでないバゲットはまず半分に切ってオーブンで2,3分温める。皮を焼きこみすぎると口の中が切れそうなくらいバリバリになってしまうので、少し温まる程度に焼くのがコツである。温まったらスライスする。薄くスライスしてから焼くと内層もカリカリになってしまうため、バゲット自体を楽しみたい時には向かない。

その横で、米ナスとトマトを薄切りにして米ナス、トマト、チーズ、米ナス、トマト、チーズ、米ナスとミルフィーユ状に重ねてからブラックペッパーと塩をガリガリしたのものを一緒に焼く。パルミジャーノでやればなすのパルミジャーノ仕立てとなる。今日はゴーダでやったのでナスのゴーダ。これがすぐできて尚且つ旨いので時々やる。

後は、にんにくをすりおろして塩とオリーブオイルをかけたガーリックオイルを用意して、一人で赤ワインを飲む。バゲットにナスのゴーダをのせたり、ガーリックオイルにつけたり、ナスのゴーダの汁を拭ったり順番こに食べてたら、結局、丸々1本食べてしまった。
そして、VIRONで食べたバゲットを思い出した。そしてVIRONのバゲットと自分のバゲットを比べて、まだやれるなと思った。バゲットは旨かった。でも、もっと旨いの作れそうな気がした。

途中、あまりにも静かなことに気づいて、少し寂しくなったので、映画を見ながら食べた。
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-23 07:36 | バゲット
ボガディージョ
f0203920_16393147.jpg

小諸市民祭りで販売予定のサンドイッチ、1個目。

・ボガディージョ
(スペインのサンドイッチ)
(ミニバゲット + 生ハム + ゴーダチーズ)


新婚旅行で一度だけ行ったスペインではまりまくったサンドイッチ。パリッと焼かれたバゲットにシンプルに生ハムとチーズが挟んであった。日本に帰ってきてから同じものを食べたくてバゲットを焼き始めたのがパン屋になったきっかけだったりして。

生ハムとスライスしたゴーダチーズをカリカリに焼いたバゲットに挟んでサーブ。バゲットの生地は全粒粉を抜いてあっさりにした。サンドイッチとして食べると一番シンプルがよかったし、スペインで食べた味を再現したかった。ハムとチーズの塩気でパンを食べながら、ビールが進みます、祭りにぴったり合います。

生ハム、小諸のお隣の御代田町、katayamaというお肉の専門店で作っているおいしいの挟みます。うちは普段、肉も加工食品も食べませんが、この生ハム(ベストフェラー)なら挟みたいと思いました。とても感じのいいお肉屋さんで素材や製法を詳しく説明してくださり、安心感がありました。ハムや加工食品で添加物を全く使ってないものはほとんどないと言ってもいいと思いますが、最小限を用い、おいしいものを作ろうとすることはそんなに悪いことでもないのかもしれません。今後、店舗でベーコンや生ハムなどを使うときには、こちらで無添加のオリジナル商品を作ってもらうことも考えています。
[PR]
by wazawazapan | 2009-07-07 17:06 | バゲット
ライ麦のカンパーニュの食べ方
f0203920_13203019.jpg

先日失敗したライ麦のカンパーニュをスープに浸して食べる。
売り物にはしたくないが、家で食べるぐらいなら、まあ不味くはない。

ライ麦というのはパンを食べ慣れていない人には少しハードルが高いらしい。本当に噛めば噛むほどおいしくて、滋味あふれるパンだと思うが、なかなか売れない。というのも、私が悪いのだ。

ウチはパンを毎日食べるから、必然的に食べ方のバリエーションを持っているが、食パンをトーストしてバターをつけたり、ジャムを塗ったり、サンドイッチにしたりと日本人が食べ方をよく知っている食パンが売れるのはあたり前で。食べ方さえわかってしまえば、このハードルは自然と低くなるに違いない。

自宅店舗になったら、そういった食べ方を含めた試食を用意したいと思っている。それから食べ方を紹介した冊子も近いうちに作ろうと思う。

玉ねぎ、人参、キャベツ、ピーマンを蒸し煮して塩で味付けしただけのスープに、
モッツァレラチーズをたっぷりかける。ここにライ麦パンを浸してシナッとしたところを
ひょいと口に放り込む。あとは冷たい水。この土地の水はホントおいしいんだ。

娘に浸して食べたらと言うと、嫌、と言う。
口にスープを入れてからパンを口に入れるんだ!と怒っている。
どうやらパン屋の娘(3才)は、既にライ麦パンを自分で楽しんでいるらしい。
と思ったのはつかの間、その後不味いと食べなかった、子供は正直です、失敗したパンは食べない・・。
[PR]
by wazawazapan | 2009-06-21 21:15 | カンパーニュ