<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「つまんない店、宣言」2014.3.3
日常とはさして面白みのないもの。
されど人生は、その日常の積み重ね。
何の変哲もない細やかな楽しみが積もり積もって、
人生が終わる瞬間に、あぁ、私は幸せだったと感じたい。

さして大きなイベントもなく、
取り立てて変わったものもなく、
そこには毎日一生懸命焼いたパンが並ぶだけ。
珍しくもない日用品が並んでいて、使ってみると意外によい。
地元の食材があったりなかったりして、
無理のない範囲で作られた簡単な料理と、
美味しいワインが安く飲める。

場所は辺鄙で看板もない。
夏は暑く、冬は寒い。
Webの中で派手に描かれた店も来てみると、拍子抜けするくらいにこじんまり。

木金土の11-16時はやってます。
でも夏と冬は長期で休みます。
なので年間半分くらいお休みです。
やる気はあります。でも、自営業なので休みたい時に休んじゃいます。
すいません。
長い休みにはフラフラと旅に出ます。
お詫びに申し訳程度のお土産と、旅日記でお茶を濁します。
申し訳ありません。

こんなつまんない店ですが、お越し頂ければ、とびっきりの笑顔で
お迎え致します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

==

わざわざも開業6年目となりました。どうしたら続けていけるかという問いの答えも自分の中で具体的になっています。継続する為には、規則正しい生活習慣で健康を維持し、無理をせず、長時間労働はしない。この考え方がベースになります。

パン屋や飲食店は長時間労働で低賃金、不規則な生活が常態化しています。なぜそうなるかというと、答えは簡単でした。経営方法です。パン屋や飲食店には必ず材料が必要で仕入れにお金がかかります。そして人が作ります。材料費+人件費。ここから利益を出すには、どちらかを削るのが簡単です。

まず材料を削る。材料の質を落とせば簡単です。例えば輸入小麦と国産小麦では値段が倍以上違います。調味料でも何でもそうです。本物の醤油と偽物の醤油では値段が6倍違います。安い材料はいくらでもあります。

人件費を削る。会社形態だと修業という名目で、曖昧な待遇で従業員の人件費を削ることが常態化されています。残業代もなく、会社員と違って待遇は悪い場合が多いです。個人商店の場合、自分の身を削って働く場合が多く、生産量や売上げを長時間労働でカバーします。私も開業当初は何もわからず、そういうことをやっていました。1日12時間労働で月に休日が5日とか異常です。働き過ぎです。若い時はできるかもしれない。でもそれでは続けられない。これは未来の働き方ではないのです。

また、消費者はその形態に慣れてしまいました。低価格で質の高いサービスを要求する。形が整っていて当たり前、たった1000円のランチにサービスの質、量、提供の早さ、味、全てを求め、口々に評価します。一つのミスも許さない。いつからこんなに心の狭い人間になったんでしょうか。もっとおおらかに食を楽しんで欲しい。全ての人が美味しいと感じるものなど、この世にはないのです。味の受け止め方は千差万別なのだから。

結局、店も消費者もがんじがらめで違う方向に行ってしまったのが今。という感じがしてます。

では、わざわざはどうするのか。
人件費も材料費もどちらも削らないことを決めました。しかも価格もそれなりに手頃でありつづけること。自分の求める最良の材料で、人の手で作ります。果たして、できるのか?去年一年の試行錯誤して効率化に励んだ結果、今はできていないが、今後できるとの結論に達しました。簡単に利益を出すより、お金は手に入らなくとも、新しい経営スタンスを探る方が断然面白い。

方法はただ一つ、効率化です。手では作るが、作業の手間を省いて時間を減らす。同じ時間と人数でさらに生産量が増える工程作りに取り組んでいます。そのため、コストと販売価格が一致していない商品の取り扱いを全てやめます。お菓子類は絞り込みます。パンは2種のまま。日用品や食品類もラインナップを絞ります。店やオンラインショップに並ぶ商品は少なくなり、つまらない店になるかもしれません。

いつも同じものが同じように売っている。わざわざが考える普通を普通に提供していきたいと思います。パン屋+食堂+日用品店。ふらりと立ち寄って、ふらりと帰る。大したものも大した店でもないが、何となく心地よい。そんな店を目指していきます。

今年効率化に取り組んで結果を出した後については、まだ色々考えてます。緩やかな成長を続けたいのか、それとも、そこに留まって同じことを繰り返す毎日になっていくのか。そこは今は決めず、流されたいと思います。

ということで、毎回、面倒くさい店ですいません。嫌われても好かれてもどっちでもいい。家族とスタッフとちょっとのお客さんに好かれればいい。これからもわざわざをよろしくお願い致します。

今週からスタッフの入れ替えに伴い、しばらくスタッフと二人で営業します。がんばるぞー。

店主 平田はる香
[PR]
by wazawazapan | 2014-03-03 13:38