<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
オンラインショップリニューアルオープンのお知らせ
f0203920_3432420.jpg
わざわざオンラインショップリニューアルしました!
http://wazawaza.shop-pro.jp/
2012年のシュトーレンのご予約を開始いたしました。
パンの単品注文ができるようになり、定番商品の在庫も追加いたしました。これまでのオンラインショップをご利用いただきましてありがとうございました。
このリニューアルで定期的な更新、在庫管理ができるようになると思います。皆さまにはたび重なる会員登録など、ご不便をおかけ致しますが、今後ともよろしくお願いいたします。
尚、今までのポイントは申し出ていただければ追跡できる分で可能な限り、移行いたしますので、ご注文時に備考欄にお書き添え下さい。

今後、より一層オンラインも盛り上げていきたいと思います。
皆さまのご利用をお待ちしております。

---------------------------------------------------------
* 新しいわざわざのオンラインショップはこちらから。

*シュトーレンのご予約はこちらから。

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-30 03:47 | わざわざからお知らせ
オンラインショップメンテナンスのお知らせ
オンラインショップリニューアルの為、本日21時30分よりオンラインショップを休止致します。

http://waza2.com/onlineshop/index.html

尚、新しいオンラインショップには準備出来次第、リニューアルする予定です。
明日の朝までにはメンテナンス終了予定です。(が、がんばります)

明日よりいよいよ今期シュトーレンのご予約も受け付けます。
石窯パンの単品販売も始まります。
皆さまのご利用を心よりお待ちしております。
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-29 21:25 | わざわざからお知らせ
今日、こんなことを考えた。2(平成24年10月27日)
私は不眠症である。
ということに、こないだルヴァンに見学に行った時、初めて知りました。笑
「薬とか飲んでるの?」と聞かれて、えっこれって薬が必要なレベルなの?と驚いたわけです。

このブログにも何度も書いているかもしれませんが、眠りがとにかく浅いのです。
寝付きもよくないのですが、とにかくすぐ起きる。小さな物音がたてば起きるし、
夢を見る時は、眠りが浅すぎて、自分が夢を見ていることがうっすらわかるくらいに
浅いのです。そういう時は、寝てる自分を遠くから見ているそんな気分になります。

今日は土曜日。お店の日です。
パンを絶好調に焼きあげたのですが、なにやら頭痛があり、酷くなる一方。
スタッフ丸山さんにお店を任せて、お昼過ぎから休ませてもらいました。
最近、あんまり客がこないとツイッターでぼやいていたんですが、
今日もあんまりで、夢の中でも店の夢。店の方が騒がしいので二階から店を除くと、
行列ができています。あぁ、丸山さんが大変だ!と思い、急いで起きて店に行きます。
寝ぼけ眼で店に入ると一組のお客様。いらっしゃいませ。

ふとショーケースに目をやると、パンはほぼ完売。いい感じです。
どこまでが夢でどこからが現実かちょっと分からなくなる感じです。

こないだ、こんなこともありました。ベットで寝ていたら、死んだおばあちゃんがこのウチの階段を
トットットッとリズミカルに登ってきます。脚が悪かったはずなので、そんな早足で気を付けてと
声をかけたのですが、返事がありません。目をあけて階段方向を見たのですが、
やっぱりいないんですね。おばあちゃん、でも、キタたみたいです。

寝てるんですけど、寝てるを夢をみて、そこから話がスタートするのでややこしくなる。
確かに寝ているのは分かっているのですが、寝てる上でそこに重なってくる。
私的にはこれ、不眠症的予知夢的なものを感じ始めてます。
感に頼って生きてきたら、感が冴えてきた。笑。

こないだ、あのお客様、しばらく見ないけどどうしたかな?と考えていたら、
こんにちわ~。と扉がガラガラ。あぁ今あなたのこと考えていたんですよ。とは言いませんでしたが、
最近、誰かが来るのわかるんですよ。いや、マジで。笑

不眠症ってすげぇなぁ。。。。違うか。笑

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-27 21:24 | パン屋のたわいもない話
わたしの朝ごはん。
f0203920_7362961.jpg
今日の私の朝ごはん。軽く炙ったみまきカンパーニュに、よつばの発酵バターを塗って、
石窯の余熱で焼いた紅玉をのせて。おいしい、おいしい。
早く、カフェスペースを整えていつも食べてるこういうものを出したいな。
がんばって働いてお金貯めないと。

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-27 07:39 | カンパーニュ
限界を超えていけ。
f0203920_2091051.jpg
36年も生きていると、自分の中で、完成されたポリシーみたいなものが徐々に出来上がってくる。
それが行き過ぎると頭の固い大人になるので、十分に気を付けたいのだが、
一つお気に入りの考え方がある。
<自分の可能性を自分で止めるな>である。
「できない」と言うのが好きではない。だったらやってから出来なくて、「できなかった」と言いたい。
できないと言った時点でやらないのだからできなくなるわけで、出来るかもしれないこともできなくなる。
「できない」と言ったら終わりなのです。終了。だから私は出来ないと言わない。
でも、出来なかった、ことは、もう数えられないほどにあるのです。笑

と、いうわけで写真は角食。いつもと様子が違います。
もう角食については、このブログで散々色んな事を書いてます。
好きになったり、嫌いになったりしながら、ここまで4年弱ともに歩いてきたわけです。
完成していたと思っていたんですがね。どうやら未完成だった模様です。

パンは「焼き立て」という風潮が嫌いでした。何故なら本当のパンは冷めても翌日になっても
おいしいからです。焼き立てこそがパンであるという考え方は好きではありませんでした。

ですが、焼き立ての温かい袋を持つお客様の顔は明るく、その温かさを喜ぶ姿はとても嬉しい。
焼き立てのパンを喜ぶニーズに答えたくなったことも事実です。
角食はスケジュールの都合上、どうしても前日の夕方に焼いたものを翌日販売という形。
焼き立てを提供するには今までの製法では無理でした。午前1時に起きなければなりません。
自分の労働と、客のニーズのギャップ。埋めることは難しいし、するべき努力ではないと
ある意味、自分で可能性を止めていたと言えます。
f0203920_209181.jpg
新しい刺激を受け、やる気が起きました。ニーズと労働のギャップを製法で埋められないかと、考える余裕が生まれました。そしてこれ。焼けました。今までと全く同じ材料、分量から全く違うパンを作ることができたのです。ニュータイプ。笑

旨いとかもう連呼しませんよ。買いに来て下さい。
今週はとりあえず試験的に少し出るかもしれません。来週からはこちらに切り替えたいです。
バターもジャムも全く必要ありません。必ず、「何にもつけなくていい」を体験させます。

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-25 20:32 | 食パン
エネルギーって落ちてるよね。
f0203920_7391592.jpg
日曜日の朝ご飯。これ全部、土曜日にパンを焼き終わってから、石窯に放り込んだだけなの。
作ったのは石窯。私は材料を切って放り込んだけ。
石窯の蓄熱性は、特筆すべきものがある。パンを焼けない温度だから何もしない、ではなく、
その温度なら何ができる?と考えると可能性は無限に広がる。別にパンじゃなくてもいい。
f0203920_7392382.jpg
日曜日の朝、今年、剪定の時の落とした枝を集めておいたものを手でポキポキと折って、均一にする。
f0203920_7393095.jpg
そして並べる。自宅を建てた時、店を建てた時の建築廃材は全て取っておいた。いずれ石窯に使うだろうという算段で。時間のある時に手斧や鉈でロケストの焚き口に入る大きさにカットしている。その作業が実は、パン屋の仕事の中で一番好きな仕事だったりする。

人から与えてもらうだけだったエネルギーを、自分で作り出せるという幸せは今まで味わったことがなかった爽快感である。耳をすませば、そこら中にエネルギーは落ちているのだった。

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-24 07:48 | パン屋の休日
ルヴァンに学べ。
f0203920_19402248.jpg
日本で天然酵母パンと言ったら、やはり、ルヴァンだと思う。
わざわざのある東御市のお隣、上田市にはそのルヴァン信州上田店がある。

私は、独学でパン作りを始め、自分で自分のパンの製法を作り上げてきたわけだが、
その途中途中に多くのベーカリーの本を読んだ。ただ、ルヴァンの本だけは避けた。
影響を受けるには近すぎたし、オリジナルを追求するにあたって、
ルヴァンという大きな大きな存在は、少々怖かったのである。

2年前に東日本大震災のチャリティーイベント”みまきはら青空市”に出店していただいてから、
少しづつ、ルヴァン信州上田店の店長きよさんとお話しするようになった。
新たに作ろうとしている店舗のこと、石窯のこと、パンのこと。
パンの製法について人と話すことは初めてだったし、会話の度に色々な情報交換をし、
パン作りに役立ててきたのだが、うちの店のロケットストーブ式石窯が完成してから、
もっぱら話題は薪窯のこと。きよさんが石窯見たい、じゃあ私もルヴァンに行ってみたいと
ひょんなことからお互いの厨房を行き来する交換留学が決まったのだった。
f0203920_1957593.jpg
午前3時過ぎ、外は真っ暗闇。御牧原を出発し、ルヴァンへ。
あいさつもそこそこに既に始まっている仕込みから見学させていただく。
次から次へと仕込まれる生地を触らせていただき、生地作りを体感する。
大型機器が並びシステムの整った厨房環境でありながら、そこかしこにあらゆるものを
再利用する”ルヴァンらしさ”を感じる。そこそこに人力、そこそこにメカニカル。凄い調和です。

1時間おきにスタッフが出勤し、それぞれに挨拶しながら、ささやかなお手伝いを。
横目で皆さんの作業を見ながら時々質問。あらゆることが新鮮です。
だって、人とパン作りをしたのがこれが人生初めて。パン屋で働くのも初めて。
目からうろこの連続です。何十年にも渡って、様々な人が体感しただろうパン作りは、
とても効率のよい素晴らしいスケジュール管理のもとに成り立っていました。

オーナーの甲田さんもいらっしゃってご挨拶。ご一緒に朝ご飯、ずうずうしくも昼までご馳走になって、
色々お話しさせていただきました。うお座のB型、不眠症、テニス好き。共通点がたくさんあって、
面白かったですが、酒飲みなのは私だけでした。笑。甲田さん、ありがとうございました!
また伺わせて下さい。もっともっとお話し聞きたいなぁー。ありがとうございました。
結局、朝の4時前~3時過ぎまで見学させていただき、こんな刺激的な日はそうそうありません。
とても楽しかった!勉強になったどころじゃないですね。
五感研ぎ澄ませて吸収させていただきました。

複数人でチームワークよく作っていくシステムやこのタイムスケジュールは、
即取り入れていきたいです。また道具の使い方、パン生地の管理法、わざわざに即還元しないと
ダメですね。もう、今晩、発注、発注ですわ。笑。
f0203920_20142482.jpg
もしかしたら、私が成形したのかもしれない、クープ入れたのかもしれない、ルヴァンのカンパ。
とりあえず、買ってきたので、明日の朝、食べよっと。

ルヴァンの皆さん、本当に今日は一日ありがとうございました。
皆さんに温かく受け入れていただき、とても嬉しかったです。
また時々お手伝いに伺わせていただきますので、またよろしくお願いいたします!

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-22 20:20 | パン屋の休日
シュトレン2012、準備、スタート
f0203920_19544625.jpg
今日はお店の営業の合間をぬって、今年のシュトレンの仕込みを皆で。

今まで作ってきた紅玉のドライ、オーガニックのドライフルーツたちを沖縄の黒糖焼酎で漬けこむ。およそ50kgほどの種の準備ができました。ここから数日毎に撹拌して、全体を均等にMIXしていきます。今までは一週間毎、フルーツを漬けていましたが、今年は販売量全てを同時に仕込むことにしました。これで効率が上がりますので、生産量も上がります。

そして、何よりも楽しみなのが、薪窯で焼成すること。11月からわざわざの店内はシュトレンの香りが充満する予定です。石窯で焼くと遠赤外線の効果で生地がふんわりしっとりします。これはお菓子で実証済み。来週からテスト焼成に入りますのでまた報告しますね。

今年は300個販売予定。余裕があれば追加で100個。
ご予約は来週末スタートを予定しております。
新しいオンラインストアのスタート共に、皆さまのご予約をお待ちしております!

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-18 20:05 | パン屋のお菓子
りんごヒストリー
f0203920_1135573.jpg
頼りになるちっさいアシスタントが今日もりんごをひたすら並べてくれる。
f0203920_1145088.jpg
薪窯を実際に使ってみて感じるのは、何度も何度も火を焚いて”あえて”高温状態をキープさせてパンを焼くよりも、廃熱を利用した方がずっと効率がよいし、理にかなっている。パンを大量に焼くことよりも、廃熱を利用してどれだけのバリエーションを作っていけるか、そういう追求の方が面白いと感じている。再加熱するとどうしても薪の使用量が多くなり、コストもかかってしまう。来年中には簡単な料理やデザートを提供できるようにしていくつもりだ。なので、パンを焼き終わってからの石窯の中は、実はこんなに混雑している。パン+チーズは娘と私のまかないご飯。
f0203920_1183122.jpg
翌朝、ドライアップルが完成。先週は紅玉20キロ分を加工した。今週も20キロ加工するのだ。これらは今年のシュトーレンにたっぷり混ぜ込む予定。
f0203920_1194858.jpg
カットした紅玉にメープルシロップを入れておいたもの。
f0203920_11102170.jpg
もう一日さらに石窯に入れておく。そうするとこんな風にカラメル色に。香ばしくキャラメリゼされたりんごはまるで、タルトタタンのりんごのよう。ここからどんなものに仕上げていくか。来年の課題です。
f0203920_11114816.jpg
とりあえず、パンに塗る。とてつもなく旨い。に決まってますね。笑。これ出そうかな。。

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-17 08:07 | パン屋のお菓子
本がいつも教えてくれた。
f0203920_19561988.jpg
もし、「共感」だけが友人関係を結ぶものだとしたら、そんなものはいらない。
もし、友人の定義をするとしたら、困った時に助けてくれる人、かもしれない。
昨日食べたものの話、こないだ見た映画の話、そんなたわいもない話の合間に、
困った時に相談してみたいと思う。

今、猛烈に困っている。多分盲腸もそんなこんなでなったんだと思う。
知らず知らずのうちに考え込むことが多かったし、ため息をつくことも多かった。
誰かに相談したいのだが、相談相手も見つからない。

一つのことを突き詰めようとすると、一人ずつ理解者が減る。

例えば、テニス。
テニスで全国大会で優勝できるか否かというプレッシャーと戦っている時に、
その立場を理解して助言してくれる人は、その経験者かその経験者を育てる素養のある
指導者だけだろう。が、しかし、その助言はウインブルドンの決勝で受けるプレッシャーとは
比較にならない。前人未到の成績を残しているフェデラーの苦悩は、もう誰も理解できないのだ。
高いところに行けばいくほど、共感は理解を超え、一人の世界になっていく。
そこで一人で戦って、また強くなる。常人の伺い知れるところではないのだ。

それで、私はもちろん常人です。笑。

経営に関しても、ド素人、店を運営することも、ド素人。
感と日々の仕事から得た経験則で何とか店を運営してきましたが、どうやら帰路に
立った模様です。これからどうやって経営していけばよいのか、自分のやりたいことを
実現するために必要な具体的な草案が立てられなくなってきたのです。
スタッフの管理、教育、経理、経営。自分のやりたいことをどうやって人に伝えればよいのか、
どうすれば働きやすい環境を作れるのか、思考錯誤してきましたが、まるでうまくいきません。
もっといい方法があるはず。と思うのですが、具体性が見えず、成果も上がらない。
誰かに相談したいと思い、人に話してみましたが、なかなか具体的なアドバイスは
得られず、悶々とした日々を送っていました。
私はちょっと未熟すぎたようです。4月から悩んできたことを、一旦リセットするのです。

そして、今日、気付いたんです。
そうだ、「本がいつも教えてくれた。」私は、小さい頃から困った時には本を開いていたんだと。
ということで上記の本を即効買いに行きました。

経営のことは本田総一郎、スティーブジョブス、流行りのドラッカーあたりを読めば
大体あたりがつくんじゃないかと。
「本屋で本田総一郎の本ありますか?何でもいいんですけど。」って聞いたら、
一冊しかなかったから選ぶ必要がなかった。笑。
大体3方向くらいから攻めれば、過去の経験上、どうやって考えたらいいか?っていう
目星はつくはずなんですが。どうでしょうか?笑。おーし、トンネル、抜けるぞ~。

(ちなみに自己啓発本は大嫌い。ああすればこうなるとか大嫌い。笑
 なので、成功者のノウハウよりも、生きてきた道を知ることで、どこかからヒントを得たいです。)

---------------------------------------------------------
* わざわざのオンラインショップはこちらから石窯パンセットの通販を再開いたしました

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-10-16 07:47 | パン屋考