<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ノブヒェン募金プロジェクトへ寄付しました。
f0203920_14292265.jpg
・チャリティーBOX ~6/23入金分(69セット分)69,000円
・チャリティーラスク売上 ~6/18 10,500円
・お客様寄付総額 35,546円
・戸津圭一郎さん 陶器売上一部寄付 2,100円(戸津さんのご好意ありがたく頂きました)
合計117,164円をノブヒェン募金プロジェクトへ寄付しました。

ご協力いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

f0203920_1575529.jpg
現在、ノブヒェン募金プロジェクトは、島根のじいがロケットストーブを作り、
それを福島のheeさんが被災地に直接運び込み、ロケットストーブの使い方を
被災者の方に教え、ロケットストーブをプレゼントしてくるというサイクルで成り立っています。
現地では火が満足に使えない事情もあり、待っている方もいるという状況です。

ノブヒェン募金プロジェクトの詳細はこちらから

現在、島根県雲南市教育委員会の方の協力を得て、ロケットストーブを不登校の子供達と
作るという取り組みが行なわれようとしています。
原始に立ち戻り火と戯れ、たくさんのことを学べるとても素敵な機会になるのではと予感しています。
それが被災地に渡り、必要とされる場所へ行く。
そんな循環プロジェクトの活動資金としていただけることに感謝しています。

*前回は19,230円をまごのて救援隊に寄付しました。
 現在、まごのて救援隊は「雄勝まごのて診療所」として被災地に診療所を開設しています。 
 震災翌日からの支援がこのような形で実を結ぶとは、、本当に頭が下がります。
 被災地の方もお喜びのことでしょう。長い目での支援、見習いたいものです。
 
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-29 10:28 | わざわざからお知らせ
風のない日曜日は。
f0203920_812482.jpg
見て見て!!ロケストでケーキ焼いたの。適当に焼いたんだけどそれがとっても上手にできたの~。
f0203920_814767.jpg
でね、焼いてる間の時間が空いたから、もう一つ火をつけてご飯を炊いたの。
それでね、庭にテントを張って外でご飯を食べようってことになったの。
でも冷蔵庫の中を見回してもおかずがないから、近所のお友達2人に電話したの。
お昼ごはん一緒に食べませんか?ケーキ焼いてご飯炊いたんだけどおかずがないんで
持ってきてください。材料でも構いませんって。そしたら1人釣れた(笑)
でも、持ってきたのが白菜だった。
調理するのが待ちきれないくらいお腹がすいてたので、
しょうがないからテント張って、外でキムチと納豆でご飯を食べた。
もうやることなすことめちゃくちゃ適当。。。。うん。でも、おいしかったよ!
あっ、畑の野菜でサラダは作ったよ。
f0203920_815925.jpg

お茶はね、今うちで流行ってる冷茶。
ペットボトルに有機の煎茶を入れて少しの抹茶とお水を入れてシェイクして
冷蔵庫で冷やしておくだけー。苦味もなくて数時間で飲めてとてもおいしい。
デザートのイチゴは、各自、摘んでください。
f0203920_821632.jpg

カット~。むちゃくちゃ美味しかった!
オーブンで焼くよりふんわりしてた。直火のお陰?強力粉だったのにすっごくふわふわ。
f0203920_823981.jpg

ご飯を食べ終わってのんびりしていたら、2人目が釣れた。
残っていたケーキを少しおされ~に盛り付けてサーブ。喜んでくれてよかった。

そのまま近くの田んぼにおたまじゃくしを取りに行って、
本当に豊かな生活をしているなーとしみじみ実感しました。
何もないけど、何でもある。
ここは本当によいところだなー。

ロケストケーキのレシピ
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-27 08:34 | パン屋の休日
今までやらなかっただけか。。
f0203920_9103662.jpg
私、できんじゃん。毎日弁当を3人分こしらえて10日目。
出かける時も持ち歩いて、その辺の公園探して食べたりしてる。結構、楽しい。
習慣になってしまえば、何の問題もない。今まで地味弁持たせてごめんよ、お父ちゃん。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-24 09:17 | パン屋の休日
災害地用ロケスト
f0203920_9463912.jpg
島根のじいが送ってくれた災害地用ロケットストーブの試し炊きを中さん(仮)とした。
YUSHI CAFEさんの庭先をお借りして。(いつも無理を言ってすいませんっ。)

この災害地用ロケットストーブの説明を少ししたい。
ロケットストーブは完全燃焼ができるため、焚き付けの時以外は煙が殆どでない。
しかも燃焼効率がよいので小枝や竹などの小さな木でも本燃焼ができてしまう。
そして、この災害地用のロケストの最大の利点。
軽量化されているので、女性でも簡単に持ち運びができ、
被災地でも気軽に料理を楽しめ、かつ非常に重要な熱源となることができるのだ。
f0203920_9465689.jpg
私は島根で瓦のロケットストーブの威力を存分に味わってきたので、
最初火をつけて威力がもの足りないと思ったのだが、焚口に木を思い切り詰め、
さらに空気の取り入れ口を8割くらい塞ぐとかなり大きな炎をみることができた。
どうやら、空気の取り入れ口を最小限に抑えるとデカイ炎が見られるらしい。。
でもこの火の焚口のステンレス缶まっかっかになっちゃったけど大丈夫かな…
使い方、間違ってるかも。。ごめ~ん。

じいが作ったこのロケストをheeさんが被災地に直接、支援として運び入れる。
そんな輪の中に入るべく、うちのチャリティーBOXの基金を
このロケットストーブプロジェクトに寄付することにしました。
明日報告したいと思います(まだやってないので自分の尻に火をつけるべく書いてみる)

そして、このロケスト、非常に優れており、一家に一台あると楽しめます。
パンも焼ける、ピザも焼ける、ケーキも焼ける、料理も自由自在、野外キッチンを簡単に楽しめます。
これからワークショップを開催し、欲しい方には購入して頂けるような機会を設けていきます。
(これもまだ準備できてないので書いてみて自分を追い詰めてみる)
購入してくださった代金で次のロケストを作り、被災地支援に回していくサイクルです。

そんでそんで、このロケストが如何に優れているかを実証するべく
できる限り調理をこれでやってみて、ブログに載せてみたいと思います。
(これも一回もやってないので書いて自分にはっぱかけてみる…)

原発反対とデモするのも一つのやり方。
こうやって生活に火を取り入れ、エネルギーを自給自足して楽しむのも一つのやり方。

*災害地用ロケットストーブのあるべき場所(heeさん)
*じいはロケスト量産中(じいさん)
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-23 10:18 | パン屋のたわいもない話
わっぱ隊揃い踏み
f0203920_7305576.jpg
夫が会社に行ってしまった後に撮影。
最近は私のお昼の分の弁当も詰めることにしたので、わっぱ隊は3人に。
昼に1人で弁当をつつきながら、あぁ皆同じもの食べてるんだなーとほっこり。
するってぇと、何かい?おれたちゃ家族は毎日全部同じもの食べてるってぇ~ことかい?
ふむふむ、そうかそうか。お母さん、張り切っちゃうなー。
食べたものが体や心を作ると思ってる。その内、顔が似てきちゃったりして。。。

夜にご飯を詰めておいて、朝おかずを作って入れる。
ウチはおかずの作り置きを一切しないので、弁当は一から作ることになるのだが、
1個のフライパンで適当におかずを作るので20分もかからない。

庭の畑の野菜が結構採れてきたので、最近は大分自前で。
今日はズッキーニの花にチーズを入れて天ぷらにして入れた。
彩り弁もなかなか板についてきた。

あっ、作り置きしないわけ?
だってぇ~じぇえええったい、100発100中、腐らせちゃうんだも~ん。。。
ズボラに作り置きは向かない。作ったことを忘れちゃうの。やっと最近気づいた。。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-22 08:33 | パン屋の休日
何となくなんですけどね、なるようになってきました畑2011
f0203920_14264712.jpg

畑も7年目に突入。最初は甘い野菜を作りたいと永田農法をやって、
液肥を撒くのが馬鹿馬鹿しくなって、ちょっとした有機物を入れる有機栽培へ。
その後、草と共存させる自然農のとりこになっていったけど、
自然農はこうやります的なのも馬鹿馬鹿しくなって、
あぁ自然農って自分が自然にできる方法が自然農なのかなと最近思ってる。
f0203920_1427201.jpg

御牧原の粘土に負けて今年は春に鍬で耕した。
鶏糞やバーク堆肥とか籾殻とかあるもん適当に混ぜ込んで、要は空気感が足りないんでしょ?と、
ちょっぴり土をふんわりさせたけど、粘土は粘土。気長にやろーっと。

多収穫する必要もないから、肥料も特に興味がない。
大きくなくていいし、そんなに甘くなくてもいい。野生な味で構わない。
身近にある物で循環させてできればいい。今年は種も採りたいな。
ずっとずっとの、円のサイクルを作ってみたい。

マルチ張ったり昔は所謂"ちゃんと"やってたよ。
でもさ、土に草生えてた方がかわいいじゃん。
せっかく自然の中なんだからさ、ピカッたビニール、かわいくないんだよな。
ビニールの支柱もいらないよねー。竹がそこらに生えてるじゃん。
適当、てきとーがいいなー。

庭も草は適当にボーボーで、時々刈ったり引っこ抜いたり。
土が見えてるのって嫌だし、野っぱらみたいでかわいいじゃん。
10年後に見れる庭になるように、こっちも順々にだね。
引っ越して数年で庭が完成するわけないんだよな、まぁゆっくりやりましょ。

今年植えたものメモ
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-20 15:10 | パン屋の休日
休日の朝食をいつもと違う場所で食べてみる。
f0203920_8174729.jpg

庭のイチゴが毎日鈴なり。
来週はずっと雨らしいのでもう収穫は今日で最後になるかもしれない。
いつにない早い入梅で、成長が悪く甘みも少なく出来はよくないが、
加工して食べるには十二分においしい。やっぱ自家製ジャムの旨さはパナイよね。
しっかりトーストしたこうぼ山食ちゃんによつ葉の発酵バターを塗ってジャムとろり。
イチゴが酸っぱいからジャムにすると格別ね。

いつもは台所前のカウンターで朝食を食べる。
休日だから座卓でボーボー庭を見ながら食べる。緑のご馳走がより一層美味しくさせる。
今度はわざわざ庭にテントでも張って、わざわざテーブルを出して外で食べてみよう。
朝食を食べる為だけにテント張りました。いいじゃん。

昨日、最後の店を閉めてから、寿司を食べるためだけに新潟に行ってきた。
海の汚染が心配で311以降、魚をシャットアウトしてるので寿司食べたいメーターが振り切れた。
高速1000円最後の週、土曜の夜しか出かけられる隙間がなかったので、押し込んでみる。
店に来たお友達もいきなり誘って、いきなり、新潟に行く。
途中サービスエリアで休んで、ネットですし屋を探して行き当たりばったりのお店がビンゴ。
久しぶりのお寿司、おいしかったなぁ。
わざわざ新潟に寿司を食べになんて、ドラマティック。
贅沢したなー。今日からはいつもどおり、ねっ!
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-19 08:46 | パン屋の休日
自宅店舗最後の日
f0203920_10153030.jpg
(窯入れ待ちの酵母山食、この後菜の花油塗って焼くの)

今日で自宅店舗の営業ラスト!今まで本当にありがとうございました。
今日を持って、店舗リニューアルの工事のため、秋まで営業をお休みいたします。
通販は7月いっぱい、YUSHICAFEさんには来週からたんまりパンを
運んでいきますのでこれからもよろしくお願い致します。

感慨深い気持ちが沸いてくることを期待してましたが、
特に何にも沸いてきませんでした。さぁ、次、がんばるぞーという気持ちだけです。
今度店舗を建てた時にやっと「わざわざ」のスタートラインに立てるような気がします。
これから長い目で地道に店作りに励みたいと思います。

近所の子供達が大人になっても、
相変わらず、同じ場所で同じようにパンを焼いていて、
おばちゃん元気だねーと帰省の度に寄ってもらえたら、嬉しいな。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-18 10:26 | わざわざのお店物語
フローズンヨーグルトで決まり。
f0203920_10293167.jpg
夕方、保育園から帰って来ると庭でイチゴ摘み。
毎日ボールいっぱいに採れるので洗ってへたをとって凍らせておく。
凍ったイチゴとヨーグルトをミキサーでがっーとやって毎晩風呂上りに食べるわけ。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-17 08:05 | パン屋のたわいもない話
わっぱ隊
f0203920_8113261.jpg
昨日から娘のお弁当生活が始まった。
1人だけを許可してくださった園の寛大な対応に感謝しています。
さて、さすがに地味弁を毎日持たせるわけにもいかず。
わりと彩り弁当というわけです。
お父さん的には棚からぼた餅状態であります。

蛙を見て、可愛いという子と気持ち悪くて怖いという子がいます。
福島第一原発の事故が収束しない様子を見ても、問題ないという人と問題があるという人がいます。
同じ物事を見ても、人によって様々な反応があります。

個を集めて和にしていく、そんな教育であって欲しいと願います。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-16 08:21 | パン屋のたわいもない話