<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
私の楽しみ
こないだ夫の実家で、お母さんに「デスクライトはある?」と聞きました。
ないねぇ、何故?の声に「本を読みたいから。じゃあ懐中電灯でいいや。」という会話を
横で聞いた夫が「寝なさい!目が悪くなるよ!」とまるで子供を叱るように言いました。

懐中電灯と鬼平を手に娘の眠る布団へ潜り込もうとしていた私の背中に、
いい加減にしなさいと夫の声が覆いかぶさってきます。
だって、そうするとよく眠れるんだもん!と布団の中にグリグリもぐって、
懐中電灯をつける間もなく深い眠りに落ちました。

本格的に読書が好きになったのは、遠い遠い昔、小学生の頃の話です。
図書室で見つけた明智小五郎と小林少年の黄金仮面シリーズに夢中になりました。
とりあえずシリーズを読破することを目標に始めた読書でしたが、
全てを読み終えた頃、江戸川乱歩の他の作品を読みたくなり、その様子を見た父が
江戸川乱歩なんて"エドガー・ア・ランポー"の名前をもじってつけた名前だぞと言うので、
おちょくられてるのかなと図書館を探すと、本当にエドガー・ア・ランポーが存在して
借りて読み進めると少し小学生には難解で、その横の怪盗ルパンシリーズのモーリス・ルブラン、
シャーロックホームズのコナンドイルなどを夢中で読んでいきました。

中学生になるとアガサ・クリスティーなどの早川文庫の本を片っ端から読みました。
その内段々、殺人事件に飽きてきて、ミステリにはパターンがあるので大体犯人が
冒頭でわかっちゃうんですね。それでエンターテイメントなミステリから離れていき、
同じクラスの子が読んでいた吉川英治の三国志を横目にウチにもあったなと読む内、
夢中になりました。全8巻の分厚い本を、忘れもしません、中2のうちに6回繰り返し
読んだので、当時は武将の名前などほぼ暗記していて、世界史で三国時代が3行くらいで
スルーされるとかなりムカムカしたのを覚えています。

その後は、ひたすら純文学ですが、お気づきでしょうが私の場合、
全巻読破と執拗なほど粘着質のある読書姿勢が基本のため、読んでいる数はかなり少ないです。
気に入った作者をエンドレスで掘りますので、実はとても読んでる数が少ないです。
一般的な読書家の人よりもかなり幅が狭く、まさに集中豪雨的読書と思われます。

よく覚えていることがあります。
高校生の頃、英語の授業中に武者小路実篤の"友情"を読んでいるのが見つかってしまい、
コラっお前何読んでんだ!と先生の怒声が聞こえてきた瞬間に、本が取り上げられました。
あっという間の出来事で目をつぶってしまい、恐る恐る上を向くと、
先生がにっこり微笑んでいて、拍子抜けしてしまいました。
「俺も学生の頃にこの本は読んだぞ、面白いよな。俺の授業より面白いだろう。
読んでいいぞ。」と許可をくれたのです。机の下で遠慮がちに読み始めると、
「机の上で堂々と読め!それはいい本だ!」と言われ、授業中に机の上で全く関係のない
小説を読むという物凄い展開を味わったことがあります。あの先生、元気かな。
あんな風に期待を裏切られたのは初めてのことでした。嬉しかったなぁ。
(まぁその本の内容は、男2人が女1人を取り合う話なんですがね…)

その後、本格ミステリにまた傾倒していったり、実用本しか読まなくなったり、
読書のどの字も忘れてしまったり、色んな時期がありましたが、やっぱり本が今も好きです。

黄金仮面シリーズを布団で読んで枕元に本を置いて寝ると、表紙が怖すぎて
裏返すと裏表紙も怖くて、何回も表裏表裏とひっくり返す様子を見た父が、
何やってんだ早く寝ろとゲンコツが飛んできたり。
真夜中にどうしても続きが読みたくなって、布団の中にデスクライトを
持ち込んで見つからないように読んでいると、トイレに起きてきたおばあちゃんに
感づかれて、何やってんだ早く寝ろとゲンコツが飛んできたり。
毎回殴られてるんですけど(笑)。それでも読みたかったんですねぇ。

寝る前の読書は小さい頃からの習慣で、睡眠への導入剤にもなっています。
寝室で薄暗いデスクライトをつけて、今日も鬼平を読んだか読まないかで眠りにつきます。
まどろみの中であれ?どこまで読んだんだっけ?と行間を彷徨っていると、
いつの間にか目を閉じ、また目を開けた時に手に本があることに安心し、
何度も何度も行間と夢を行ったりきたりしてるうちに、いつの間にか深い眠りにつくのです。

昨晩は、夢の中で夫が電気を消して、私の手から本を外して枕元に置いてくれるのが見えました。
やはり、いつの間にか眠っていたようです。それでは皆さん、お休みなさい。
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-27 21:36 | パン屋の休日
東京散歩2
f0203920_12542929.jpg
(久しぶりの両口屋是清「旅まくら」はしみじみとおいしかった。)

2日目は夫の実家でゆったり過ごし、最終日の3日目は帰る途中、日本橋へ家族でお出かけです。
この日の目的は、店舗で取り扱い予定の商品を見に行くことと取引先にご挨拶でした。
そのついでにおいしいものを食べたり、おいしいものを買って帰ったり、
おいしいものをつまんだり、要はおいしいものを食べたかったということです。

準備に余念はありません。
先週の営業日にお客様とひょんなことから銀座・日本橋界隈の話になったので、
おいしいお店を知りませんか?とお聞きすると、穴子のお店を紹介してくださいました。
そうです、おいしいものの準備です。

実家を出てまず向かう先は穴子専門店「玉ゐ」です。
本店はご挨拶先から少し遠かったので、日本橋室町店にお邪魔しました。
東京大空襲によって焼け野原になった昭和20年にも残ったという建物の佇まいは、
池波さんの"鬼平中"であった私を感動させるに十分でした。さっきまで読んでいた世界に
自分が突如仲間入りできたような錯覚に陥り、もうそれだけで十分です。
使い込まれたテーブル、擦りガラスに飾り格子、急な階段、飾り箪笥。
昼なのに暗いね、電気がついているねと娘が言います。
窓から格子越しに穏やかに射す光が、磨かれた木の美しさをそっと照らしています。

あなご箱めし2つを大盛りにしてもらい、娘に分けながら食べます。
娘が何度もお代わりしてお父さんとお母さんは少し足りないくらいですが、
満足そうな顔を見ていたらお腹いっぱいになりました。おいしかったです、ご馳走様。
器もいいですね、塗りに焼きしめ、とてもよく合っていました。
帰りに娘が「いなご美味しかったな~」
おっ、惜しい!そして、かっ、かわいい…(萌

さぁ腹ごしらえが済みました。ではお仕事に参りましょう。
向かった先は江戸屋さんです。実は私、江戸屋さんの歯ブラシを今使っていて
とても気に入っています。それで、どうしても店で扱いたくなり訪れた次第です。

江戸屋さんは創業280年の刷毛屋さんです。280年続くって気が遠くなりますが、
本当に素晴らしいことです。今は刷毛だけでなくブラシ類も取り扱っていて、
ブラシや刷毛だけが相当数の数並んでいます、ゾクゾクします。

江戸屋でのたくさんの収穫は、長くなりますのでまた次回ということで、
次の目的地「白木屋傳兵衛」さんに向かいます。
お店の方にお顔を見てご挨拶も出来ましたし、いつも取り扱っている箒たちを
作っている様子も見ること、気になっていた箒も試すことができ大満足です。
やはり商品を実際に見て使ってその良さを実感することが大切ですね。

江戸屋さんで、うちを知ったのは白木屋さんからですか?いえ、歯ブラシを
使っていますという会話がありましたが、実は江戸屋さんと白木屋さんは仲良しだったそうで、
私が江戸屋さんに行くことをすでに白木屋さんはご存知で、とっても驚きました。
奇遇な縁ですねぇ~、大事にしたいと思います。

さぁ、ここからはデパート巡りです。
高島屋だの三越だの、デパ地下と催事場を巡っておいしいものを買い込みにいきます。
田舎じゃ買えないチーズだの、オリーブだの、甘いものだの、寿司だのなんだの
旨いもんあったらとにかく今のうちに買えーみたいな雰囲気ですが、
ほとんど試食ばっかりでドケチでホント困ります。でも少しづつ買います。
パンも買おうと思ったのですが、あんまりピンと来なくて、娘があの形は
保育園のままごとセットで見たことがある、食べてみたいと言ったプレッツェルを
一つ買いました。(高島屋にシニフィアンシニフィエがあると聞いていきましたが、
田舎もんに成り果てた私達には都会のデパ地下は迷路です、見つかりませんでした~泣)

一つデパ地下で買いたかったもの。
両口屋是清の「旅まくら」でした。以前、友人にお土産に持たせてもらった
この小さなお菓子が忘れらませんでした。東京に行く度、デパ地下で探してみるものの
なかなか出会えませんでしたが、今日は会えました!ツイテマス!
そういえば日本橋の駐車場では停めた場所が77番、抜けてた鬼平が7巻。
やっぱラッキーセブンだったな…
(注:このお菓子は非常に玄人好みです。パッと見の艶やかさ、旨さはありません。
 じわじわボディーブローのように効いてきますので、常人の方は決して手を出さぬよう…)

それでデパートを出たらすっかり暗くなっていて、
娘もかなり眠そうで慌てて車に戻ります。
運転しながらデパートで買ったお寿司をつまんで、都会の寿司は旨いなぁと
皆でむしゃむしゃして、そうしている間に娘は眠って、
夫婦で今日の収穫を話しながらドライブです。
楽しい東京出張は終わりました、お世話になった皆さんありがとうございました。
家族単位でご挨拶に伺ったにもかかわらず、皆さんとてもよくしてくださいました。
感謝しております。

しかし、日本橋渋くていいですねぇ。
東京に住んでいた時には行ったことなかったですが、これから東京に行く時は
日本橋・銀座・築地界隈、上野・浅草・神田界隈とかに立ち寄りたいと思います。
年々東京に行く目的が変わってきてます。
自分の中で新しい東京は、昔からある変わらない東京だったんですねぇ。
私の知ってた東京は、たった数十年の歴史のちっぽけな東京でした。
さすが大都会東京、色んな顔がありますなぁ。。

(でも、もうじぇったい住むのはイヤ、ムリであります。)

長話に今日もお付き合いをありがとうございました。
ふぅ~、あった事全部報告しちゃったな…ポリポリ。

--------------------------------------------------------
江戸屋さんの歯ブラシなど、入荷しています!
気軽に購入してくださる方が多くて本当に嬉しいです。
また詳しいレポートを載せて、オンラインでも販売始めますので
しばらくお待ちください。

コメントのお返事が遅れていますが、新記事の投稿お許しください。
皆さんのコメ、本当に楽しく読んでます。
いつもいつもありがとうございます!
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-25 15:14 | パン屋の休日
best of 一家に一冊
f0203920_15361219.jpg

さてさて、東京散歩の途中ですが、1発CM入れさせてください。

今まで生きてきて読んだ本の中でもbest3に入る良本入荷しました。
東城百合子さんの「家庭でできる自然療法」です。
まさに一家に一冊、有り余るお金があるならば私はこの本を全て自費で購入し、
まだお持ちでない方に無料で配って回りたいとさえ思います。
東城さんの魂が込められている凄い本です。本ってこういう風に身を削って
作られるもんだと思っています。これだけの事例を集めて文章にしてまとめていくのに
どれくらいの時間がかかったのでしょうか。それを読者の私達のためにやってくれたと
思うだけで目頭が熱くなるのです。

内容は家庭や身近にある材料を使っての自然療法が主体ですが、
家庭における主婦の役割や、健康のこと、東城さんの生き方が至るところに
ちりばめられて読み物としても非常に面白く、素晴らしく完成された本です。

かなりの数の治療法が記され、それを全て試せるわけもなく
全ての治療法や全てのやり方を妄信してはいませんが、
生活に対する考え方が素晴らしいのです。
この治療法を試して治らなかったとかそんなのじゃないんですね、
生き方を見直したくなった際に根本的なことを教えてくれる本です。
東城さんのすばらしい生き様に感銘を受け、深く影響を受けました。
家族に不調があればこの本を開き、生活に深く馴染んだ一冊となりました。
大正14年生まれの東城さん、ご健在で今も活躍しておられます!
講演会行きたいですねぇー、家族で今度行きますか。

まだ持ってない?じゃあわざわざに買いに行きましょう!
amazonではこちらの本は取り扱っていませんよ、ニヤリ。

オンラインショップでも購入できます。こちらから

--------------------------------------------

コメントいつもありがとうございますっ!
後ほど順にお返事いたします~
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-23 12:11 | ストーリーのあるモノたち
東京散歩1
f0203920_1052376.jpg
(電車で向かいに座ったおじさんの磨かれた靴のきれいなこと!自分の足元を見つめて・・・反省です)

ただいま!昨晩、長野に戻りました。
池波さんの文庫を片手に東京をブラブラすると言っても、
夫の実家にお世話になりながら、なんだかんだの仕事周りです。
初日は娘をばーばとじーじに預けて、夫と二人で電車で行きます。
途中でバイバイと別れ、私は仕事、夫はお出かけ。
携帯はもうやめてしまったので、お互い単独行動なわけですが、
帰りの電車が偶然一緒になってビックリです。
ホームで「おっ、お前さんもかい」みたいな。(只今鬼平中のため、時々江戸弁です)
全く似たもの夫婦ですなぁ。。

土曜日にお店を休んで向かった先はモバックショー
モバックショーは年に日本各地で行われる製パン製菓の業務ショーで、
今年の店舗改装に向けて業務用機器のチェックに行ったのでした。

目当てはともかくオーブンで、平釜のデッキオーブンを主体に見て回ります。
ベルトコンベアーでお菓子やパンが出てくる機械から家庭用に開発されたもの、
パン菓子の材料まで製パン製菓にまつわる様々なものが展示されますが、
私はこういった展示会でセンサーがついていて、ほとんど見ないんです。
よくビックサイトで行われる様々なショーにも行きますが、ほとんど見ません。
競歩みたいな速度で歩いて、直感で興味の沸いた数個のブースに立ち寄るのみで、
2000店出展されても名刺交換までするのは毎回2、3店未満です。
そのうち実際取引を始めるのが1店あるかないかで本当に自分は心が狭いと思います。
でも、毎回一軒見つかったらめっけもんの気持ちでいつも向かってみます。
全神経を集中して歩くので毎回死にそうになりますが、やっぱり見ておかないとみたいな
気持ちで行ってますが、もうそろそろいいかなぁと思い始めています。

数件のオーブンメーカーと話をして、少々ガッカリしました。
つまらないの一言です。メーカーの営業さんの知識が乏しく、こっちが小さい女の子のような
新米パン屋ですので、私が製パン用語連発でオーブンの性能についての質問をすると
詳しいですねぇ~と意外そうな顔をします。それで私の非常にマニアックな質問に
営業のおじさんは答えられず微妙な空気が流れる始末です。
テメエ、顔洗って出直してこいっ、そんなんで何百万の機械売ってんじゃねぇと思いますが、
笑顔で口をつぐんでガックリしながら歩くのです。
結局は人なんですね、人。きちんとした知識を持った説明が購買に繋がるわけですね。
自分のところの商品愛してなきゃあ、何にも伝わりません。
それで、自分もお店の商品を全て把握していなければとフンドシを締め直したわけです。

すると、一軒の非常にコンパクトなブースに出会いました。装丁も非常にシンプルで
一見何を販売しているのかよくわかりません。ですが、私の鼻が感づいたのです。
その奥に見える石釜のような不思議な形のオーブンは何ですか?ってことです。
それをこちらでは販売していますか?と聞きました。

ドーム状のオーブンはやはり石釜オーブンでした。しかも燃料がガスです。
私は今まで非常に石釜でしかも薪釜に憧れていたのはこのブログでも散々こぼしていました。
薪で炊く石釜オーブンに思いを抱いておりました。ですが、何故それをやらないのかと言うと、
薪を用意して自分で炊き付けて焼いてパンを売るという作業はとても一人で出来る作業では
ないのです。物理的にどうしても無理が生じてしまうため、自分に見合った労働をするには、
薪釜は無謀だと思い知っていました。

それでも、薪釜はいつかやろうと思っていましたが、陶芸家の角りわ子さんとルーシーリーに
ついて話し合っていた時、ハッとしたのです。ルーシーリーが何故電気釜で焼いていたのか。
女性一人でできること。これをやりたいと角さんがおっしゃっていた時、
自分にも当てはまることに気づきました。理想を目指して無理をするよりも
今出来る精一杯のことをしようと思い改めました。

そして、薪釜を現実的な目的にすることよりも、理想として夢として遊びとしてやろう
と思いました。だから、ガスで石釜をやりたいと切に願いました。
熱源がガスであれば薪を集めて割って焚きつけをしなくてよいため負担が少なく、
ガスの石床のオーブンをやろうと思ったのです。
とりあえずテストで今のオーブンに石床を作ってカスタマイズして
やろうと思っていた矢先のことです。

目の前にガスが熱源の石釜を見たんです、そのショーで。大興奮です。
営業の担当の方を質問攻めにし、あげくに職人さんにも質問しまくりの大興奮に間違いありません。

いいですか、世の中には石釜オーブンが五万とあります。
熱源が電気でもガスでも薪でも、パンを焼く床が石ならば全てが石釜オーブンと名乗っています。
つまりは世の中のデッキオーブンは石床であれば、ほとんど石釜となるのです。
ですが、その石釜オーブンは、皆さんが石釜オーブンと聞いて想像する薪を炊いて
パンを焼くオーブンとは構造がかけ離れているのです。

薪釜のほとんどは耐熱煉瓦を積み重ねて釜部分を作りますので、石が数十センチ以上の厚みが
あります。レンガを思い浮かべてください、あれより厚みがある石で覆われています。
石床のオーブンは1cm前後の石を電気やガスで温めただけで石釜オーブンと名乗ります。
ぜんぜん違います。私のガッカリ感はそこです。石釜(薪釜)じゃないんですね、構造が。
構造が石釜と一緒だったら熱源が何でもいいから使ってみたいと思っていましたが、
薪釜と全く構造が違うオーブンを石釜と名乗っているのですからガッカリ千番です。

薪釜の石釜を私が欲しがる理由は類稀なる蓄熱性と保温性です。
この石釜は一度火を入れて限界まで温度を上げたら、火を落として余熱でパンを焼成していきます。
そして遠赤外線効果でパンの中心部からも火が通されるので、非常に焼成時間が短く
焼き時間がコンパクトになります。ただ微妙な温度調整が出来ないため、
かなり感と熟練の技が必要となります。それが面白そうでタマリマセン。

そしたら目の前にガスが熱源の薪釜と構造が一緒の石釜があったので、
本当にびっくりしたというわけです。あ~びっくりした。
1年前から販売が始まったそうです、どうりで知らないわけだ。

営業の方と職人さんとお話させて頂くと、なんとその職人さんはうちに
パンを買いに来てくださったことがあると聞いてさらに大興奮です。
名刺を渡すと僕行ったことありますよ!えぇ!本当ですか!
うちのブースに来てくださって光栄です、こちらこそ光栄です!
忙しい中たくさんお話させてもらいとても嬉しかったです。
私は一人でパンを焼いているため、同業者さんとパンの話をしたこともありません。
製パン知識のあるプロの方とパンの話をしたのは初めてのことでした。
そんなん楽しすぎました。できれば酒を酌み交わしながら話をしてみたいと妄想しました。
グルテンを形成する際にアミラーゼが…乾杯!みたいな。あぁ楽しかった。ありがとうございます。

とりあえずもう一度釜を見せていただくことの約束をしてきましたが、
私、じぇえええったい、これが欲しいです。またテストしに行ったら報告します。
えっ?前に買った釜ですか?…どうにかなるっしょ!(←もんのすごいいい加減)

それから~バーゲンブックで面白そうな本を数冊購入してきました。
製パンの専門書です。パンのコツの科学じゃあもう全然足りないので
全くわからない部分が網羅されていそうな本を購入しました。
食品工学の分野らしいですが、かなり面白そうです。
結局、理論がきちんとわかれば応用できるわけですから基本が大事です。
職人としての感を磨きながら、パン屋程度の科学の知識は持っていたいものです。

東京散歩2へ続きます。
f0203920_1053218.jpg
(帰ってきて一番にやったこと、掃除より何より靴を磨く。だって道が舗装されてないんだよ←言い訳)

[PR]
by wazawazapan | 2011-02-22 10:32 | パン屋の休日
7がないってことは
f0203920_11115677.jpg

いつも東京に行く時は、家にある池波正太郎の文庫本を数冊カバンに入れていく。
電車の中で揺られながら、立ち読みするのが合うんだなぁ、池波さんの本は。

私の悪い癖の一つに、気に入ると何回も何十回も同じ本を読む、というのがある。
小説家さんにとっては商売上がったりの悪い読者というわけで、
それで、読む本のほとんどは図書館で借りてきちゃうし、
買うのも新刊じゃなくて古本屋で買っちゃうんだから、全く悪い読者である。
店の分は新刊で買って貢献するから許してもらおうと思っている。ゴメンナサイ。
生きてる人のはプロパーで買おう。死んじゃってる人のはいいよな、この際。

池波さんも好き好きとこれだけ言っているのに、剣客商売と真田太平記と
食のエッセイ本数冊しか読んでない。剣客商売なんて何回読んだかわからない。
そんなことを書いていたら、いい読者なのかもしれないとふと思う。
何度も何度も繰り返して読み込んでくれたら嬉しいかもしんない。
全く都合がいい思考回路してるわ、私って。

それで、繰り返し読むのはそろそろやめにしようかと、土曜日の出張に備えて
ブックオフへ行ったら、100円コーナーに時代小説コーナーができていた。
いけなみしゃん!はっっけ~~ん!!
棚にあったの全部頂いてきましたよ、持ってないのばっかり。
あ~これ全部読みたかったやつなんだよなぁ。嬉しいなぁ。
これだからブックオフ定期周りヤメラレマセン。
(ホントスイマセン、あんなこと書いたのに。私って私ってホントいい加減な女なの。)

娘の絵本も100円で手に入れて、〆て1200円足らず。
いい買い物しました。しばらく楽しめそうです。
抜けていた7巻は定価で買いますか。
7がないってことはアンラッキー?イヤ、違うだろ。
しちぬけ、ななぬき、しちナシ、なななし、ななし、なぬき…語呂も見つからんが、
とりあえず7だけがないんだから、ラッキーセブンだろ?

しかし、ウチの本棚って集中豪雨的本棚ね。
収集癖がありますので、気に入った人とか事柄のことばっかり充実。
あ~奥さん、アレとアレとアレがお好きなんですねぇ。
ま、丸裸でございます。は、はじゅかしい。。

------------------------------------------------

土曜日は臨時休業でお客様にご迷惑をおかけいたしました。
東京でたくさんの刺激を受けています。
また順にいろんなこと、報告したいと思いますので楽しみにしていてください。
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-20 10:44 | パン屋の休日
今一番欲しいもの
2/19(土)は店舗臨時休業いたします。
 ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。

f0203920_7584818.jpg

業務用食洗機が欲しい。
洗い物をやっている暇があるならば、寝てしまいたい。
この倍くらいの量を一気に洗うから、洗って拭いて1時間くらいかかってしまう。
時間がもったいない。
新しい厨房になったら何より先に買ったほうがいい。

------------------------------------------------
コメントいつもありがとうございます。
明日から東京出張のため、お返事遅れます。
いつも楽しく読んでいます、ありがとうございます!
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-18 08:02 | パン屋考
恒例になりそうな・・・
2/19(土)は店舗臨時休業いたします。
 ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたします。


f0203920_2031536.jpg

ケーキのイマイチなビジュアルをレイアウトでごまかす第2弾。
毎年バレンタインはこれだな。でも写真がいまいち過ぎてレイアウトがしまらん、飽きた~。
今年のバレンタインはロールケーキ。やっぱりケーキは難しいなぁ。
うん、でも、ココアのスポンジっておいしいね。
ちなみに去年はこんなの。

f0203920_20285187.jpg

で、夕食は何故かイカ飯。
圧力鍋でかなり上手くできたはずだったのに…家族に不評。
イカがもっとやわらかい方がいいとか、もち米自体の味がイマイチとか…。
凹むわ。近いうちにもう一回だっ。
こういうご飯には民陶が良く合いますねぇ。今日は沖縄のやちむん。
デザインはイカ飯の方がうまくハマってしまいガッカリのションボリ。

f0203920_10165393.jpg

それでまた本などちょろちょろ入荷してます。
本はですね、あんまり売れません。でも全然気にしません。
オレ図書館作るんだもん。好きな本でお店をいっぱいにするの!
定番本をオンラインショップでの取り扱い始まりました。すこーしづつ、増やしていきますよー。

+レシピ覚書
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-16 11:47 | パン屋の休日
online shop お客様の声(2) 2011/2/16~
オンラインショップをご利用して頂いたお客様とのやり取りコメントが
お陰様で100件を超えました。皆様にこうして食べた後のご感想を頂き、
たくさんのヒントを得、パン作りに活かしてきました。
いつも本当にありがとうございます。

online shop お客様の声(1) 2009/9/1~2011/2/16はこちらから

新しくお客様の声2011のページを作りましたので、
これからはまたこちらにご感想・ご意見をお聞かせ願えると幸いです。

また、多くのお客様からパンをご購入して頂いた後、メールを頂いております。
ありがとうございます。メールはどうしても長文になりやすく、
お返事に時間がかかってしまい、なかなかお返事できておりません。
こちらにコメントをいただけると幸いです。

いつも本当にありがとうございます!
皆さまのお陰でパン焼けてます!
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-16 10:47 | online shop お客様の声
最近のパンのこと
f0203920_954598.jpg

こないだ話していた蜂の巣ほどの気泡ではありませんが、最近、油断すると気泡ができすぎます。
食べるとクラストばっかり目立って、やはりこの手のバゲットは好みではありません。
それで、またバゲットの成形を変更しました。
うちで販売しているバゲットは、こんなに気泡ボコボコではありませんので
縦割りはご容赦願います。

ちょっと嬉しいのは、こういうのを加減して焼けるようになってきた自分。
でも、それを焼かない自分。焼けるんだけど焼かないんだぞ、みたいな。
天邪鬼的頑固一徹でいいじゃないっすか。自分のそんなところ嫌いじゃないです。

最近、漸く、毎回の生地を安定して作ることができてきました。
今まで考えていたり、本で学んできた製パン理論が、自分のパン作りに急激に
上手く反映できるようになってきて、目から鱗が落ちることが多いです。
理論が実施に結びついてきています。多分きっかけは一人で全工程をやることに
なったことと、海外のパン本を読んでいることだと思う。海外の本は面白い。
最近は、とにかく生地にパワーをつけることを目標に生地作りしてます。
十分に力がついた生地をオーブンの中で一気に力を爆発させる感じです。
まだ全然少ししか読めてないけど、海外パン本ハマル予感です。
(英語っつうのが辛いけど、面白いので辞書片手にがんばれます。最近の辞書サイトは凄いです。
 発音までしてくれるので、一人でもごもごしながらやってます。
 じぇぇぇぇったい、人に見られたくない滑稽な風景です。早く一人前になりたい・・)

最近、パン作るの楽しいね、何か前より段々作るのうまくなってきた。
まだまだ全然未熟なパン作りだけど、もっと繰り返せばもっと旨くなるかも!
10年後が楽しみダー。
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-14 20:54 | バゲット
惰眠をむさぼる。
f0203920_13521875.jpg
(今年一番の雪の中、ご来店ありがとうございました!)

昨日の綱引きの練習が想像以上に体にこたえて、朝から体がバッキバキ。
夫に大丈夫だった?と聞くと、俺は加減してやったから大丈夫だよ、だって。
何故あの現場で加減することができるのか、私には全く想像の範囲外で、
クールな男だと感心した。おぬし、できるな。

今週の日曜日には地区の冬季スポーツ大会がある。
毎年、夏季スポーツ大会には誘われてバレーで参加していたけれど、冬季の綱引きは初めてだ。
地域の役員さんから夫も私もそれぞれに誘いを受け、それぞれにOKと返事をし、
そして家族で練習に出かけたというわけ。

小学校の運動会の綱引きを思い出しながら参加した練習には、監督が存在し、
何かこう適当ながらもかなりやる気が出てて雰囲気がある。
綱引きのルールから綱の握り方、足のスタンス、目線、脇の締め、体重のかけ方、
物凄い数のコツを伝授され、男性チームと女性チームで対決方式で、
先に引かれた場合の踏ん張り方、一気に綱を持ってくやり方を2時間。
娘は地域のおじちゃんと友達と遊んで、時々がんばれ~と声援を送ってくれる。
綱引なめんな、水曜も練習だぞ!(水曜はパン屋の仕込みであえなく休み)
夫よ、がんばってくれ。

で、今日はお昼まで仕事をして、昼食後ソファーでくつろいでたらいつの間にか
眠ってた。見ていたはずの映画のエンドロールを見ながら、
もう一回寝ることに決めて、そのままソファーの下のマットに寝転んだ。
ひざ掛けを体にまとい、お日様のゆるい日差しを浴びながらゴロゴロしていると、
いつの間にかまた寝てた。起きたら15時が過ぎていた。
おっ、何か体軽くなってるな。やる気出るな。
お~し、茶でも飲んでからお迎えでも行きますかね。

(2011/2/8 記)

-------------------------------------------------------------

日曜日は朝の8時半に体育館に集合なのに、すっかり朝寝坊してしまって、
紅茶を水筒に注ぎ、パンにバターとジャムをつけたのをビニール袋に詰め込んで、
車の中で食べながら会場に赴く。
雪は大分溶けているけど、途中でタイヤが空回りしている車を横目に、
ごめん、遅れそうなんだと謝りながら先を急ぐ。

会場に着くとすぐに体操が始まり、試合開始。今日は地区の綱引き大会だ。
女子は4地区の総当たり戦が予選で、8チーム参加して、予選通過した2チームで優勝を争う。
応援も実践もマジ本気。熱が入ります。

で、女性チーム、優勝、しました!
全部完勝!3本勝負でしたが、全部2勝して一度も負けることなく完全優勝です。
練習の成果、もの凄い出てるし、た、楽しいじゃん!綱引き。
体はボロボロですけど…、雪かき、パン屋、綱引き、めちゃめちゃ疲れた。
で・も・爽快。

それで、その後、公民館で慰労会です。
皆で酒を飲みながら、勝利を分かち合って楽しむんです。
いや~、今日は本当に楽しかった!
様々な年齢のご近所さんと飲みながらしゃべるんですが、
子供が横を走り回って賑やかで本当に和やかで楽しいです。
子供たちも大人達もこうやってどんどん交流しているから、誰々ちゃんのウチの何々君って、
皆顔馴染みになって親戚みたいになっていくんでしょうね、きっと。
もし子供らが悪いことしてるの見つけたら、皆平気で叱るだろうなぁ。
オラッお前何やってんだ!って。
いいなぁ、ほんと、いいところ引っ越してきた。

それで、宴が終わった後に、公民館の横の温泉でひとっ風呂浴びて帰ってきました。
今日は本当に楽しい一日でした!皆様、お疲れ様でした!

f0203920_13515597.jpg
(雪はすっかり止んで解けてきました。明日まとめてコメントのお返事します。
メールのお返事も遅れてます、スイマセン。。
いつもありがとうございます。今日は寝ます、おやすみなさい。)

[PR]
by wazawazapan | 2011-02-13 21:53 | パン屋のたわいもない話