<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
収まりのよい片口
f0203920_9243825.jpg

入れ子は日本の住宅事情に適した素晴らしい文化であると、断言させてください。
古くから残っているものには必ず生き残ったわけがあるということです。
入れ子はほんとに素晴らしい!

ということで、信じられない収まりの片口の話が遅くなってしまいました。
少し前に入荷した角りわ子さんの器ですが、これ、私が切望して作って頂いたものです。

収まりがよかったり、入れ子でコンパクトになるものに目がありません。
きっちり収まった姿を見ると、自分の収まりの悪さを棚に上げて、
何だか物凄く気持ちがシャンとするのです。収まりがよいことに憧れがあります。

角さんの陶器は、非常に正確で、土ものにありがちな豪快で大らかな作風と言うよりも、
磁器のような繊細さがあります。私の持っている角さんのカップは色々な場面で
1つずつ購入して揃えていったにもかかわらず、綺麗にスタッキングできています。

私はどちらかというと器の魅力を観賞用には見出さず、使うことを第一に、
そしてさらに美しさを兼ね揃えたものという基準で選んでいますので、
並べた時に収まりがいいとか、収納しやすい、用途が多岐にわたり実用に優れているもの
に目がないわけです。

それで、片口がきっちり収まっていたらいいなぁと思っていたこと、
韓国の作家さんのモノで以前見た器の話を角さんにしました。
そして、作って頂けたのがこちらです。そしたらやっぱり思ったとおり。
角さんの入れ子、収まり半端ないです。
いまどきの言葉で言うと、マジパネェっす。

f0203920_9311134.jpg

凄いことです、これは。寸分たがわず綺麗に収まっていて尚且つデザインがいいです。
この草色軸の器は角さんの作る器の中でも、白掛けをしていないタイプのものですので、
軽さが尋常ではありません。5つ重なってる?!信じられない、軽さです。

薄い=割れるととる方が多いのですが、角さんの器はとても強いです。
私は家族で4年ほど、角さんの器を愛用していますが、まだ1枚も割っていません。
洗う時に手を滑らせてシンクの中に落としたことしばしば、重ねて無理やり下から他の器を
撮ろうとしてぶつけることしばしばの悪い使い手ですが、大丈夫、元気に今日も活躍しています。
土モノですからそんな時欠けはします。ですが、チップも小さいですね。気になりません。

私は所謂作家モノの器や民陶、古いものをごちゃまぜで家庭で使用しています。
モノを売る仕事をしていますので、家庭で使って使って試してから販売しています。
作家モノも自分で買ってそれから使って、お店に置くのがポリシーです。
できるだけ自分の実感を詳細にお伝えできればと思います。

f0203920_931361.jpg

使い勝手がよいということは私にとって、とても大事な物差しです。
使い勝手の悪いものは必ず扉の奥深くに眠っていくものです。
限られたスペースに収納しなければならないので、しまいにくいものは手が出にくいです。
同じ大きさであったり重ねられるものは私にとって選ぶ上での重要なファクターです。

3つ入れ子のもの 7000-
5つ入れ子のもの 15000- 

私だったら小さめの片口は酒器に使いたいと思います。
メールでのお問い合わせ受け付けます。info★waza2.com(★=@)
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-30 09:36 | ストーリーのあるモノたち
最近の楽しみ
f0203920_2305993.jpg

TVはほとんど見ない。と今までは言っていたのだが、実は最近よく見てる。
子供の頃からあまりTVを見る習慣がなく、一人暮らしをしていた頃も最初はTVを
持っていなかったし、ほとんど見なかった。

しかし、20代前半に初めてTVとVIDEOデッキを手に入れた時、今まで見てなかった映像にハマる。
映画を見た、とにかく、古いのから順番に見た。日記をつけたりしてみたり本を買ってみたり、
楽しかったけど、いつの間にか忘れてまた、見なくなった。

それで、テニスをWOWOWで見るようになってから、ついでに映画を見るのが楽しくなった。
自分で借りてくるDVDやビデオと違って、勝手に流れるものだから、自分だったら絶対借りてこない
ようなものが流れていて、またそれが楽しい。B級、ハリウッド、邦画、アニメなんでもあり。
めちゃめちゃつまらなくて、時間返せなんて画面に向かって吠えたりします。
映像って凄い刺激、新鮮でたまにはいいね、楽しいね。

そんな夜には、ごく薄切りにしたライ麦のカンパーニュをカリカリにトーストして、
牡蠣のオイル漬けをのせてつまみに一献。(サイコー!)
以前お呼ばれしたときにご馳走になった牡蠣のオイル漬けを思い出して、
最近牡蠣が安く出ていると一瓶づつ漬けている。
そして、ワインではなく純米酒で一杯。最近、地元の純米酒がお気に入りです。
長野の地酒、ほんとおいしい。何で今まで気が付かなかったんだろう。

こないだの映画は竹中直人の東京日和。
アラーキーのイメージが変わる。写真集を見たくなった。

映画を見ながら思い出したこと。
昔、友達を紅葉を見せに連れてったら、「俺たちは光の牢獄に囚われてるんだ」とポツリ。
一瞬、車内がシンと静まり返って、その後、ほんと、腹抱えて皆で笑ったなぁ。
紅葉を見るたびに思い出すよ。これは現実じゃないってね、光の牢獄なんだってね。名言だね。

P.S 皆様へ

いつも読んでくださってありがとうございます^^
多忙を極めており、しばらくコメント欄を閉じることにしました。
また落ち着いたら開けますので、どうぞ宜しくお願い致します。
記事はかなり書き溜めた分がありますので、順に公開していきたいと思います。
今頂いている分は順にお返事していきますので、ゆっくりになりますが宜しくお願い致します。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-29 19:19 | パン屋の休日
ゆっくり風呂につかりたい
私、じぇんじぇんわかりません、とにかく今は風呂につかりたいという気持ちで、
実は今風呂につかりながらこれ書いてます。(想像はなしよ)

今週の金曜日、いつもと同じようにパンを仕込んで焼いてお客様をお待ちしていたのです。
待てど暮らせどお客様があまりいらっしゃらず、とりあえず発送をがんばりました。
15時過ぎてもショーケースのパンがちっとも減らず、親類縁者に送りつけたりして、
後はせっせとラスク作りに励んだのです。

商売は水モノだとか、水商売なんて言葉を頭に浮かべながら、赤ワインをとりあえず飲むんですが、
もう疲れてしまって全然だめです。そうなんです、パンが売れないと物凄い疲れます。
明日はどうだなんて思いをめぐらせながら、まぁいつもどおり仕込んだので、とっとと寝るに限ります。

昔はこの波に左右されてパンの仕込み量を変動させていましたが、調子に乗ると
ろくなことがないと同時に、控えめすぎると皆様に迷惑をかけるということで、
最近は週末のパンを一定量を焼くことで落ち着いています。
ちょっと余す程度=適量を心がけてます。常に平常心でゆるやかな気持ちで。

私の場合、少々のぼせ体質で調子に乗りやすい気性ですので、
常に頭の上からハンマーで3回くらい自分で叩くくらいがちょうどいいです。
売れん、売れん。そんなに売れんと売れた翌日は3回唱えます。
売れない翌日は・・・売れる売れるもうちょっと売れるでしょと
3回くらいオケツを叩くのがよいです。

土曜日は相変わらず朝は物凄く空いてます。ほとんどだーれもきませんので、
コバヤシさんに掃除を任せ、パンを焼きながらせっせと発送準備をします。
11時半くらいから店舗にスイッチが入りました。代わる代わるお客様がいらして
どんどんパンがなくなります。あれよあれよという間に14時にはほぼ完売してしまいました。

それからはいらっしゃるお客様に平謝りです。
わざわざ東京から来たのに!
本当にごめんなさい、本当にごめんなさい。
これで許してください。頭を下げるばっかりです。

昨日のパンをラスクにせず、置いておけば。。もし今日あったら!と後悔しきりですが
もうどうしようもありません。だって昨日はじぇんじぇん暇暇だったんですもの。

今日は本当に皆様にがっかりさせてしまいました。
申し訳ない気持ちで一杯です。申し訳ございませんでした。
できる精一杯の気持ちで対応させていただきましたが、伝わらなかったかもしれません。
今日は足を運んでいただきまして、本当にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

ですが、来週もいつもと同じだけ焼いてお待ちしております。
小さな小さなパン屋です。もし、確実にお買い求めになりたいものがありましたら
お電話かメールでご予約ください。売り切れちゃってなんてことはほとんどありませんが、
万が一の場合が回避できます。

来週もいつもどおりがんばりますので宜しくお願い致します。
今日は皆様ありがとうございました。本当にいつもありがとうございます。
これからも新米パン屋を宜しくお願い致します。

PS
コメントを皆様ありがとうございます。
週末の緩急にやられ少々疲れ気味です。お返事遅くなりますが、宜しくお願い致します。
いつも皆様のコメントを楽しく拝見しております!ありがとうございます^^
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-27 17:52 | わざわざ終了後
みんなちがって、みんないい。
f0203920_16261468.jpg


ごまのパン、1個160円。3個買うと450円、1個150円。
プレーンベーグルと雑穀マフィンも同じ値段設定で、
小型の食事パンとして普及を図るため、まとめ買いがお得です。

9月から毎日焼いているごまのパン。
地味でなかなか皆さんの目に留まりませんが、この子はポテンシャルを
秘めているパンで、最近作ったレシピの中でも、とても気に入ってます。
売れないからって焼かないパンにはならないです。
余ったっていい、自家用万歳のパンなのですが、
やっぱり少しは皆さんにも食べてもらいたい。だってもんのすごく好みの味です。

オーガニックのオリーブオイルと黒ごまのコンビネーション。
焼きたては皮がパリパリで、中がしっとりしています。
黒ごまの風味がよく、お食事の横につけるとまとまります。
オイル効果でウチのパンの中では、歯切れもよい方です。

気になるポテンシャルの中身ですが、持久力があります。
そうなんです、小型にもかかわらず日持ちがするんです。オイルのお陰かもしれません。
4、5日経っても乾燥が目立ちませんが、食べ方にちょっとしたコツがあります。

密封したビニール袋で保存して、オーブントースターもしくは200度程度に
温めたオーブンで、丸ごと4,5分焼きます。
外の皮がパリッとして、中がほっかりしたら出来上がり。

他に同じように食べると鮮度が復活するパンは、バゲット、雑穀マフィンです。
こちらも筒状のまま、丸のまま温めてからカットしてお召し上がりください。
ウチのパンは脅威の復活力が魅力です。
私に似て、とてもしつこい性格のパンであります。

ついでに言うと、
ご飯みたいなカンパーニュやライ麦のカンパーニュ、こうぼ山食なんかは
日にちが経過してパサツキが目立ってきたら、2cm以上の厚切りにして
しっかりトーストしてみてください。この子達も死の淵から這い上がってきます。
外側パリッパリッの、内側若干もちっになります。いい子です。
ライ麦のカンパについては、たとえ乾燥しても、味自体がかなり深みが出ますので、
お好みでトーストなしでもいいですね。
是非、パン、楽しんでください。

パンを食べなれてくると、日にちの経過したパンを楽しくおいしく食べれるようになります。
もともとパンはヨーロッパで酸味の強い酵母で保存性を高めて、3,4週間かけて食べる
ものでした。大きな石釜に火を炊いて、大きな大きなカンパーニュをたくさん焼いて、
1ヶ月分の食料としていたのです。

現在は、豊富な食材がありますから3,4週間経ったカチカチのパンを食べる必要は
ないと思いますが、4,5日程度は楽しく食べられるパンを焼きたいものです。

あぁ、横道に相変わらずそれてます。
で、ごまのパン、この形に成形するのが楽しいんです。
あっちゃこっちゃに膨れる姿も愛しいんです。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-25 15:39 | その他パン
最近の店内ブラブラ。
f0203920_1534599.jpg

最近のお店の様子です。
おっ、左端に何か見えますね、ってわざとらしいですが、

f0203920_1553699.jpg


新鮮な有機・無農薬野菜です。
先週から旧望月町のアトリエノマドさんがおいしい野菜を運んでくれています。
私も何度か出店させていただいた旧軽井沢朝市でご一緒したことが縁で、
正確に言うと、以前からウチのパンを買いに来てくださったり、
YUSHICAFEさんでお聞きしたり、少しだけお顔を拝見したことがあったのですが、
朝市でお隣にお店を出したことがきっかけで、たくさんお話するようになったという
わけです。しかし、旧望月町は熱いですねぇ、いい町です、大好きです。

アトリエノマドさんはフランスで農業の研修をされ、そのためか色鮮やかな
西洋野菜を多数栽培されています。サラダMIXなんかはホント花束のような艶やかさです。
根菜類も充実していて、芯が赤い大根だったり、ひょうたんのようなかぼちゃだったり、
見ていて楽しい野菜、食べておいしい野菜をご夫婦で作られています。

先日、紅芯大根をいただきましたが、これおいしいですねぇ。
甘くって色鮮やかで、サラダもよかったし、炒めても歯ごたえが残っておいしかったです。

もちろん、有機・無農薬農法を基本とし、化学肥料を使用していない健康野菜です。
ご好意でわざわざでは一束100円で販売しています。
12月は毎週ノマドさんの野菜がきます、野菜と一緒についでにパンも買ってください。
よろしくお願いいたします!

あっそうそうノマドさんはマルシェにも積極的に出店されています。
最近ですともみじ市に出店されたそうです。旧軽井沢朝市も出店されてますよー。

f0203920_15245539.jpg


さて、狭い店内ブラブラしましょう。
こっち側に棚を追加して、器や本やら何やらごっちゃりしてます。
この店としてのレイアウトの限界にどうやら達してきた模様です。
雑貨が入りきらなくなってきたのは…、(う、売れてないから、)というのは、
言ってはいけないことです。このまま突き進むんです。
パンの売り上げは雑貨の投資へどんどん消えて…。
って、だから言ったらダメなのよ、それは。
いいんです、いいんです。開店して1年3ヶ月、段々、店らしくなってきました。

あっ、先日、大変嬉しいことが起こりました。
初めて本が売れました。握手しようかと思いましたが、やめました。
だって、本を買ったお客さんにおつりを渡すついでに、手なんか握ったら…
怪しいですよね?ねっ、やめてよかったでしょう。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-24 09:49 | わざわざのお店物語
酸味について考える
コメントでパンの酸味について質問をありました。
今日は私なりに自家製酵母パンの酸味についてお話したいと思います。

自家製酵母のパンの代名詞とも言える「酸味」だが、
わざわざのパンの自家製酵母で作るパンのほとんどは、酸味を感じさせないように作っている。
(こうぼ山食とご飯みたいなカンパーニュについては例外で、あえて少し酸味を出す。)

自家製酵母のパンの酸味の原因は、主に酢酸菌や乳酸菌が活発になった結果である。
空気中には無数に浮遊している菌があり、そこで酵母液を培養すると、
酵母液に空気中の様々な菌が繁殖し活発化して酵母ができあがる。
酵母を培養する際、酢酸菌や乳酸菌が優位な条件を作らず、活発に活動させないことが
酸味のないパンの作り方と言えるだろう。

なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、パン作りは科学です。
詳しいことはこちらのサイトによく書いてありましたのでご参考までに
このことを大前提に考えれば、酸味のないパン作りはそれほど難しいことではありません。
ですが、私もいまだに失敗して酷い酸味のパンを焼くことがあります。
それは工房の環境を一定にできないことが原因であるのですが、
一定の環境でない場所で、職人的感を研ぎ澄ますことに楽しみを見出しています。

(質問)
レーズン酵母の場合、酵母が弱く発酵に時間がかかって膨らまないと、
酸味のあるパンになりました。最近小麦から酵母をおこしました。
焼き色はあまりよくないけれど酸味のないパンが焼けてました。
そして一昨日、久々に会心の作のパンができた!
と喜んで食べてみたら、かすかに酸味がありました。
わざわざさんの酵母は小麦ですよね。でも酸味がないですよね。
今までは酵母が弱いと酸味がでると思っていたのですが、
今回の小麦酵母は酵母は強くても酸味がでる・・・
酸味のない酵母をおこすコツはなんなんでしょうか。

さて、先ほどの話を踏まえて話すと、質問中の「レーズン酵母で酸味のあるパンが焼けた」
ということですが、これはレーズンで起こしたという点が原因ではありません。
単純に発酵力が弱いということですので、酵母の中に発酵を司る菌以外の菌=乳酸菌や酢酸菌が
多いためと言えます。だから必然的にパンは酸っぱくなります。
発酵力の弱い元種では酸味のないパンは焼けません。
酵母の起こし方で雑菌がより多く混ざっている場合が多いです。

「小麦の酵母で強くても酸味が出る」という点ですが、これも小麦の酵母という点は
原因ではないと思います。「焼き色はあまりよくないけれど酸味のないパンが焼けていた」というのは、
1次発酵又は2次発酵が未熟で、充分に小麦粉のデンプンをブドウ糖にを分解できなかったためです。
きちんとした発酵ができていれば、デンプンがブドウ糖に分解され、焼き色がきれいにつきます。
焼き色は生地内の糖分や油分が色づいて付くものです。発酵が未熟な場合や
ブドウ糖が菌に全て食べつくされてしまった過発酵の状態では色が付きません。
この場合、酸味がなかったということですから未発酵の状態です。過発酵の状態は酸味が出ます。

発酵力が強い種で酸味が出る場合、温度管理の問題が大きいです。
まずは捏ね上げ温度、ここで30度をオーバーしていたらパンに酸味が出る可能性が
大きくなります。乳酸菌は30度を超えると活発に活動を始めます。
その外に1次発酵、2次発酵の温度管理の問題も影響します。低温で長時間発酵させることに
よって生地温度を抑えることができ、パンの酸味を抑えられます。

その他にも酵母の好むPhなどの問題がありますが、Phなんか一々計測してパン作りは
していませんので、気温と生地温度、後は職人的感のMIX、まぁいつもどおり大体の
パン作りによる適当な論理なので、あんまりアテにはできませんが、
それでも以下の点は経験に基づいたい実感で、パン屋がどうにかできてますので、
大いに参考にしていただきたいと思います。

つまりは、
・発酵力の強い元種を使用し、
・捏ね上げ温度を低めにし、
・低温で発酵させる
ことによって酸味の出にくいパンを焼くことができます。
ただ、こうは言っても、これが難しいんですね。

夏場のパン作りは、温度管理が非常に難しくなりますので、
工房を一定の温度に保てていない状況下では酸味のないパンを焼くのはかなり難しいです。
現状、私のパンも冬場より夏場は若干酸味があります。
ですが、夏って酸っぱいものを食べたくなりますから、それもいいかと容認しちゃったりして、
結構楽な気持ちで今は作ってます。

わざわざではパンを焼くために、酵母のリフレッシュ(種継)をかなり頻繁に行っています。
・パンを焼く前日には必ずリフレッシュ
・低温で元種を保存
・1、2日置きに元種を継ぐ

上記のような頻繁なリフレッシュにより発酵力の強い元種を維持しています。
元種がイケてないとパンはイケなくなりますので、とても大事です。

酵母の強さや酢酸菌や乳酸菌の発生状態について、簡単にわかる方法があります。
元種を食べると一発でわかります。毎回食べて味を覚えてください。
舌につく酸味がある酵母では酸味のあるパンしか焼けません。
うちの酵母は甘いです。すごくいい小麦のいい香りがします。
酸味はほとんどありません。

元種に酸味が出てしまった場合、リカバリーする方法があります。
私も何度かやってしまったのをこの方法でカバーでしていますが、
これは家庭でやると物凄い酵母量になるのであまりお勧めできないかもしれません。

・酸味の出た酵母を100g取り出し、その3倍量くらいの小麦粉でリフレッシュします。
・室温で2倍くらいになったら、さらに3倍量くらいの小麦粉でリフレッシュ。
・それでまた室温で2倍。その後さらに3倍量の小麦粉でリフレッシュ後、低温で発酵させます。
(室温は20度前後が最適かも。気温が高いと難しいです。)
 
ここまでは1日でやります。短時間で急激に粉量を増やして発酵させることによって
酵母菌上位の状態を作れます。酢酸菌や乳酸菌の活動がかなり抑えられるはずです。
これで酸味がほぼ消えてきますが、まだ感じられる場合は繰り返していきます。
短時間で急激に元種量を増やすのが、経験に基づくポイントです。
うちでは5キロほどの元種を管理しているので、できるやり方ですが、家庭だとキツイです。
新しく酵母液を培養した方がよいかもしれません。
私はこのやり方で、元種のリカバリーに成功を収めてますが、
粉量を減らしてできるかは全く試していませんので、あしからず。

ご飯みたいなカンパーニュは少し変わった作り方をしています。
2次発酵の過程で酸味を少し出すように調整します。生地作りと発酵時間の関係の微調整です。

こうぼ山食は捏ね上げ温度をわざわざの他のパンより高くしています。
なので酸味が出ます。こういうパンがお好きなための方へのパンです。
私も時々食べますが、これは乳酸菌がちょろっと利いた感じのパンです。
酢酸菌まで行くと、かなり酸っぱいですから。

ということで、今現時点で考えられるパンと酸味の関係です。
この記述は2010/11/22に書きました。経験則に偏るところが多く、未熟な可能性があります。
どうぞ皆さん、お手柔らかにお願いします。

PS
ある程度パン作りを楽しみ時間が経ち、疑問が出てきたら(パン「こつ」の科学 吉野 精一 (著))の
購入をお勧めします。パンの科学入門編で非常にわかりやすいです。
(時々疑問の残る解釈もありますが・・・)
これ一冊頭に入ってれば、パン屋クラスの大抵の疑問は解決できます。
それ以上の知識をお求めの場合は、生物化学、微生物学、有機化学なんかを
勉強しないといけません。家庭で楽しく焼く分にはこの本の知識で充分だと思います。
是非読んでみてくださいね^^
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-23 08:43 | パン考
エンドレスおでんの作り方
f0203920_17322152.jpg

えんどれす- おでん【エンドレスおでん】

[名] 毎日おでんが続くこと。おでんに終わりがないさま。
[使い方] 毎日コンビニ弁当を食べるくらいなら、エンドレスおでんの方がよっぽどいい。
[類義語]エンドレスカレー

毎年恒例、エンドレスおでんの季節がやってきた。
おでんは連続で食べていった方がおいしいと思う。出汁がどんどんよくなって
具にバリエーションが付けやすく、飽きがこない。
私達家族は毎日同じものを食べても全然OK、むしろおでんウエルカム派なので
おでんをやると決めたら、1週間くらいは連続でおでんになるのだ。

初日は下ごしらえに余念がない。3人家族とは思えない量の具材を、
同じ大きさに切りそろえ、隠し包丁を入れ、そして灰汁抜きをやる。
大根2本と人参3本は圧力鍋でまとめて下茹する。

出汁はいつもは昆布でとるのだが、昨日は昆布を切らしていた。
何となくそんな気がして、スーパーで割引になっていた天然のだしパックが
あったから買っておいたのだが、こんな日には便利でたまにはいい。

土鍋の出汁にだし汁をたっぷり作っておいしいお塩とおしょうゆでキリリと味付ける。
味醂も入れないのはおいしい野菜たちから天然のだしが出るから。スープは明日になれば
甘くなる。今日の塩はとっておき、「奥能登の塩」。やっぱりこういうおでんや
汁物の味付けには奥能登の塩が一番合う。旨い。

食べない分の材料はきれいにタッパーにつめ、熱々のだし汁を注いで
冷めたら冷蔵庫の中にスタンバイする。このときばかりはあのスカスカな冷蔵庫も
いっぱいいっぱいで満員。

おでんの具は大根、厚揚げ、こんにゃく、ジャガイモなんかが中心で、
練り製品は大味で添加物バリバリなものが多いので、普段は全く食べないのだが、
おでんにはやっぱり入れたいので吟味して少しだけ入れる。
ちくわも魚のすり身から作られたものは高級品なのでホンの少しのとっておき。

もち巾着はおいしい玄米もちを近所で作っているところがあるので、
直売所で買ってきて入れたりするんだけど、今回はスーパーで買った玄米もちを。
玄米もちは一回食べるとハマリます。家族みんな大好き。

こんにゃくもおいしいやつ。生芋こんにゃくを買ってくる。
こういうちゃんとした食材を扱っているツルヤはほんといいスーパーだと思う。

あと、今日はやらなかったけど、翌日から出てくるのが青菜。
青菜好きは前にも話したけれど、やっぱりおでんにも青菜を入れる。
蒸した青菜を最後に入れて一煮立ち。最高です。

f0203920_17412929.jpg


食べ終わったら、タッパーの具を土鍋に入れて一煮立ちさせて火を切っておく。
翌日は少しの時間、火にかければ完璧に味が染みているので、我ながらいい調理法を
考え付いたと思う。それでタッパーにもまた下ごしらえした具を入れておく。
タッパーの煮汁は時々鍋に移して新しい汁をまた注ぐ。これで1週間は安泰だ。

そうそう、薬味に柚子胡椒を作った。
キシノウエンさんのハラペーニョでこの時に青唐辛子の塩漬けを作っておいたのだが、
昨日、黄柚子を見つけたので、皮をゴリゴリと摩り下ろして先の塩漬けと混ぜ合わせた。
味見すると最高の味!昨日、買ってきた佐久の五朗兵衛米(無農薬)で作られた純米酒が
あるので、あつーいおでんと地酒で一献傾けよう。う~ん、冬が近づいてきましたねぇ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-22 09:48 | パン屋の休日
ほっこり。
f0203920_14311465.jpg


甘いものはあんまり食べないけれど、冬の入り口には何故か口寂しくなるんだ。
何にもないけど、芋ならあるよ。得意の芋きん、ね。
今日は丁寧に裏ごしして、さ、お茶にしましょう。

こないだと器のコーディネイトが大分ちがったみたい。
同じもの作ったのに、大分気分が違うね。
器、やっぱり、いいねぇ~ニヤリ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-21 09:12 | パン屋の休日
シュトーレン行きます!
f0203920_11144824.jpg
f0203920_1115145.jpg
f0203920_1363215.jpg


部屋中に甘い香りが漂っています。
昨日は心を込めて丁寧に丁寧にシュトーレンを焼きました。

この香り、何だか懐かしい、去年はバタバタになったなぁ…。
反省を活かして、今年はきっちりスケジュール組んで焼いてます。
本日から発送致しますので、到着まで今しばらくお待ちください!

シュトーレン在庫が少しづつ減ってきています。
在庫確認はこちらから
お早目のご注文をお勧めしております
店頭予約はメールでも承ります。
よろしくお願いいたします!

PS
コメントいつもありがとうございます^^
楽しく拝見しています。後ほどお返事いたします。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-18 11:48 | その他パン
戦時中ではありません
f0203920_7384030.jpg

戦時中ではありません。
今日は2010年11月17日。
紛れもなく戦後です。
今起こっていることから、現実から目を逸らすな!

(海苔は2段に挟んであるよ。梅干は自家製だよ。)

P.S
今日から大掃除スタートですよぉ。
反応薄いけど、しつこくやりますよぉ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-17 07:46 | パン屋のたわいもない話