<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
深く入る
深夜にかけて、狭いところでPCのキーボートを叩きながらグラスを傾け、
自分の中に入り込んでいく時間がとても好きだ。

思いつくままにキーボートを叩きながら、何度も何度も読み返して、
DELETEボタンを押して、いったりきたりしながら時間が過ぎていく。

私はどうしてこうしたいのか、
どうしてこうやっていくのか、
これからどうするのか、
自分はどう生きたいのか、自問自答する。

編み物に没頭して、目を一つ一つ積み重ねていく作業とか、
ひたすらミニトマトの皮を剥くだとか、
指先でキーボートを叩く作業だとか、
パソコンにデフラグをかけるような、
先っちょの方で、何か小さく動かしていくうちに、
心が整えられていく作業のような。
水が氷になる時に、整列するような、そんな気持ち。
小さな作業を繰り返しやることで、心が整えられ、
乱れた気持ちがいつの間にか落ち着き、フラットな状態に、
いつの間にかいつもどおり。

最近、死ぬのが怖い。
立て続けに肉親を亡くしたので、人間が簡単に死ぬこと、
必ず死が訪れることを知ってしまった。
頭ではずっとわかっていたはずだったけど、
随分、具体的になったなぁ。。

あまりにもかわいい娘の寝顔を横目に、
いつかこの子と別れる日が来るなんて信じられないとポツリと漏らすと、
それが自然の摂理ですと夫にポツリと返される。
・・・あなたの仰るとおりです。
夫はいつも私の問いを至極簡単に返します。
それがいつも真理に迫っています。

いつもまどろっこしく考えに考えを巡らせる私ですが、
特に何にも考えずにありのままを受け止めるという作法は、
今のうちに身につけるべきスキルだと、夫を見るたび思うのです。
ラファエル・ナダルのコーチ、トニー・ナダルも言ってました。
まず負けを受け入れること。
受け入れることは人生において、重要なファクターです。

どうしたら後悔をすることせずに生きられるのか、
後悔をしない生き方とは何なのか、
後悔を抱えながらどうやって生きていくのか。

時が過ぎるのが早い。
あっという間に秋が来た。
刻々と迫る時が怖いと最近思う。

大人になったなぁ。
高校生の時に人は必ず死ぬって悟った気になってたけど、
全然わかってなかった。

訃報を聞く度、自分にその時が刻々と近づいていることを知る。
早い?遅いくらいさ。
短い人生、大事にしなくちゃいけないなぁ。

あっ言っておきますが、
私は100まで生きる気、満々ですから。
ご心配なく。
家族と健康が一番!
パン屋は二の次、三の次!

秋ですねぇ。
寒くなってきましたね。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-29 23:31 | パン屋のたわいもない話
バターシュガーラスク
f0203920_14154343.jpg


売れ残ったパンの利用法はパン屋が頭を悩ます事柄の中の一つだと思うけど、
やっぱりこれが一番だね。

発酵バターに洗双糖、オーガニックのシナモンが入ったバターシュガーを塗って。
ライ麦のカンパーニュとこうぼ山食は、特にラスクによく合う。
1袋180円。お手頃価格で皆さんよく買ってくださいます。
急に秋風が吹いてきて、焼き菓子が恋しくなりました。

昨日は寒いくらいでした。久しぶりにコーヒー豆を引っ張り出して、
ガリガリ挽いて、ミルクパンでゆっくり牛乳を温めて、カフェオレを入れました。
コーヒーは昔はブラックでよく飲みましたが、最近はめっきりです。
たまにはいいもんです。良い香りで落ち着きます。

小皿は明治~大正時代くらいの印判。この辺りの時代のは手頃で、
合わせやすくて持っていると重宝します。
白黒茶のウチの器ラインナップに、コバルトブルーが華やかです。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-28 10:13 | パン屋のお菓子
地図は楽しい
f0203920_8405361.jpg


今週末の営業でこないだのブログを見たお客様に「地図楽しみにしてるよ!」と
たくさんの声をかけていただきました。嬉しかったなぁ。。ありがとうございます。

先週、合間合間に暇を見つけては地図を作っていた。そのお陰でかなり進んできている。
最近は、とてもいい出会いに恵まれていて、同世代で同じような方向を見て、
それで自分より遥に深く素晴らしい一本通った考えを持ってる人=尊敬できる人に
刺激を受ける機会が増えてきた。地図のことも皆に相談したりして、段々具体的になってきた。

話を意図的に逸らすと、(話が勝手にそれるんじゃなくて逸らしてみます)
この相談っていうのがいいです。今まであんまり人に相談したことがなくて、
同世代で見ている方向が同じっていう人とあまり出会えていなくて、
自分よりずっと立派で尊敬できるこれから友人関係が築けそうな人達に出会えたこと、
この土地の吸引力に感謝です。
今もモノスゴイ素晴らしい土地で住みやすくて、先人達に感謝するばかりだけど、
これからもその心、新しい人達が継いでいい土地になってくんじゃないかな。

話を戻すと、
当初は観光マップ的な、皆が見て散歩するだけの地図を作ろうとしていたのだが、
地図というツールを使って、何かもっと色んなことを紹介できるんじゃないかと
微妙に軌道修正しながら作っている。何か面白いのできるかもしれません。
ワクワクしてきました。

また、皆のアドバイスを積極的に取り入れた結果、自分一人の独断と偏見の塊みたいな
地図にすることに。続けていくためにあえて一人でやる。友達に自分の知ってること紹介するみたいな
気楽で適当な作り方、大して大掛かりでもなく大したこともない地図。パンを絡めて楽しいことにする。
そんな地図を作ります。

掲載する場所やお店をピックアップして、地図にマーキングしながら、
その作業に飽きると、地図の装丁をデザインする。
仕事でWEBデザインをやっていた時、時々紙媒体のデザインをすることがあったのだが、
やはり商業デザインが多く、売れる為のデザインが中心でそんなに楽しくはなかった。
DJイベントのフライヤーのデザインは、好き勝手できるのでそれはやっぱり楽しかった。

パン屋に関わる全てのデザインは自分でやっていて、今はデザインが仕事じゃないから
これはもう趣味みたいなもので楽しい。でも、パンを作るのがメインの仕事なので、
WEBなどにあまり時間がかけられなくて、これでいいかというラインで適当に終わらせてしまって、
あまり気に入っていないところも多々ある。

地図は紙面が大きく、大事に取っておきたいようなとっておき感が必要で、
それでローコストデザインで、そういうのを一生懸命考えて作るのが、
久しぶりの感覚でホントに楽しい。先週、ラフデザインができたので、
詰めて完成度を上げていきたいけど、作りこみすぎず、まぁ楽にね。

来月頭に地図を仕上げて、来月からはこれ持って、色んなところを周りたいと思っている。
周辺地域の皆々様、お電話いたしますので、その際はよろしくお願い致します!
11月発刊予定です、楽しみにしていてください。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-27 10:01 | パン屋のたわいもない話
バゲット 90本レシーブの会
f0203920_7504692.jpg
(今日のバゲット、これはこれでもちろんおいしいです)

10/13 (水) 10:00~16:00
わざわざさん救済企画 「バゲット90本レシーブ、水曜日だけどお店開けます会」

内容:バゲット90本を100円で販売します。
    当日、パンはバゲットしかありません。

理由:今年6月から満足するバゲットが焼けなくなってしまいスランプに入りました。
    7月バゲットの本数が異様に少なくなったのはそのためです。
    それからこそこそと特訓に入りましたが、ミマキバゲットの試作と共に混乱に陥り、
    未だ浮上できません。

    最近、練習に励んでおりますが、一度に焼く本数が多いので(じゃないと練習にならない)
    パンを消費できず、大量に焼く中でバゲットの感覚を取り戻したいという気持ちがあり、
    この企画に至りました。

    Take Freeでやろうと思いましたが、100円いただけたらという卑しい気持ちで
    貧乏根性丸出しですいません。

    バゲットは冷凍できますので、この機会に是非大量買いしてたくさん食べてください。

注意:バゲットの品質はがんばりますが、味はほとんど以前と変わりませんが、
   見た目にばらつきが多分、出ます。テストを兼ねて焼きますので、
   色々試行錯誤します。目をつぶって食べてください。
    
90本?:うちのしょぼいオーブンは一度に9本しか焼けません。
    10回オーブンをまわして90本!です。

不安:お客さん来てくれるかなぁ・・・。
    こなかったら翌日、そこら中でバゲットを抱えて配りまくる私を見かけることになりますが、
    その時は、思いやりの気持ちを持って、気軽にお声掛け下さい。  

コメントいつもありがとうございます^^
営業終了後にお返事いたします。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-25 07:57 | わざわざからお知らせ
かぼちゃのタルト
f0203920_16285159.jpg


今日は暦上の休日。
うちは夫婦共に仕事で、娘の相手をしながらパン屋の仕込みをしている。
おいしいかぼちゃを見つけたので、合間に、試作ついでにかぼちゃのタルトを娘と作った。

タルトタタンの試作はあれから何回もしてるけど、やっぱりフジじゃうまくいかなくて
紅玉なんかが出るのを待つまで時間があるから、かぼちゃのタルト出そうかな。
いつもの全粒のタルト生地で、バターナシのタルト。やっぱりおいしい。

小さいサイズは娘作。
動物型でくり貫いたタルト生地をたくさんのせて賑やかになりました。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-23 16:37 | パン屋のお菓子
うまく言えないけど
期待したほどの効果が出ない。
という状況は私にとって最も辛い状況の一つだ。

常日頃、自分が何事かを成し得る状況をイメージをして動いている為、
思うようにうまくいかないという時、少なからずショックを受ける。
よいイメージを膨らませすぎて、それに現況が追いつかない場合、特にダメージが大きい。

これは、ポジティブシンキングの弊害だ。

小学生の時ハマッたちばてつやの「あした天気になあれ」というゴルフ漫画がある。
向太陽という主人公がゴルフで成り上がっていくのだが、架空だったり実在のプロゴルファーと
対戦しながら、トップまで上り詰めるという典型的スポーツ根性モノの漫画で、
かっこよくもない、欠点もある主人公が魅力的で何度も何度も繰り返し読んだ。

その中で青木功さん(実在名ゴルファー)が「ショックアブソーバー」という精神のダメージ
回避法を実践していたことが描かれていたはずなのだが(私の記憶の中で確か)、
それは予め相手が自分よりより良いプレイをしてくることを想像し、そうなった時に
「ほら、なった。そうだろ!」と相手のよいプレイを認めることで、自分へのダメージを
回避していくということだったはず。

高校生の時、テニスの試合で「ショックアブソーバー」とブツブツ呟きながらプレイし、
あいつは決めてくる、必ずサーブを入れてくると念じて、ほら!入れてきた!と
ショックを和らげ、自分を奮い立たせてがんばったものだった。
効果はテキメンで、繰り返し思い込ませることで本当に現実に心がそうなっていく。
相手の良さを認め、さらに自分がその上をいこうとする、この上ない精神的トレーニング。

今、自分がそれを使うとしたら、マイナス方向に。
もしかしたらこれはうまくいかないかもしれない、ほら、上手くいかなかった!と
ダメージ回避。あれ?これって超マイナス思考じゃない。。
まぁまぁ、前向きすぎて足元が疎かにならないように、時々後ろも振り返ろうよ。

人と対峙することで傷つくならば、一人がいいなと思う。
でも、やっぱり、一人じゃダメだなと思う。どうしようもないと思う。
やっぱり一人より二人で、二人より三人だなと思う。

うまく言えないんだよなぁ。
話したいと思うことがうまく口をついて出ないんだよなぁ。
だから、何度も書き直せる文章はいいなぁ。
少なくともこの一瞬の言葉は選べるもんね。

もっともっと言葉が上手に話せたらいいのに。
言いたいこと、すんなり口から流れてくればいいのに。
うまく言えないんだよなぁ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-22 01:19 | パン屋のたわいもない話
重い腰を上げる
パン屋を始めようと思う前から、やりたいことがひとつあった。
思えば6年前くらいか。東京から長野に引っ越してきて、
長野らしい遊びが楽しくなった頃に、夫と原村へパンを買いに行くだけに行くツアーなんて
遊びをしていた頃だった。原村で1枚の地図を拾い、それがやりたいことの一つとなった。

「東御・小諸周辺の生きた地図を作りたい」

それを夫に話すと、「○ちゃんは変わってるなぁ。
何の利益にもならないことを何でやりたがるのか俺にはわからないよ、やったらいい。」と言う。

当時はお店もやると決まっていなかったので、どうしてもやりたいと何故言ったのか
自分でもよくわからないのだけど、私の場合、そういうインスピレーションが下りてきた時に
行動することが、何だかよくわからないけれどいつの間にかうまく回っていくことが多いので、
そういう感覚には従った方がよいと思っている。

大体、パン屋だってそうなんだ。私、ちょっとパン屋やってくるわ、みたいな。
ちょっと風呂入ってくるわっていうノリと同じで、全体的に非常に軽い。軽いわ~。
何となく初めて大体が自分で苦労を作ってく感じで、追い詰めていくのが好きなのか、
それとも追い詰められるのが好きなのか、

私はきっと知っているのだ。何の利益にもならないことではないことを。
いつかこれは確実に私の元に返ってくる、素晴らしいものになるに違いないということを。
だからやるんだと思う、多分…。たぶんね・・・。

やったらいいって言ってくれる夫も、何だかよくわかならいけど、○ちゃんのやること
なら何となくいい方向に行くだろうときっと信じてくれてるんだと思う。
夫はいつもそうやって私のことを見守ってくれるのでとても嬉しい。
(↑は私の妄想ですので、本心はわかりませんが、うまく回ってるのできっとよいのでしょう。)

エクセルに載せたいお店や場所を書き留めてから6年経ってしまった。
お店を始めてからもやっぱりお客さんにこの周辺のよい所を伝えたいという思いが大きくなり、
YUSHIさんや麦小舎さんに相談したのが半年くらい前か。
結局、何にもせずにやっぱり半年経ってしまう。

今朝、ボッーと紅茶を飲んでいたら、何かいきなりやる気が出る。
思えば吉日だ!今日やろう。Googlemapを印刷し企画を練る。
今月中にめどつける。今年中に発刊する。決めた。じぇええええったいやる!
もう言っちゃったもんね。わざわざ瓦版特別号だ!

P.S
昨日の晩、大分進みました。軽井沢~旧望月町まで網羅した広域マップになりそうです。
何とか形になりそうです。作業がめちゃめちゃ楽しくて、なんで6年もホットイタンデショウネ。。。
皆さんにお届けできるようにがんばりますよーっ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-20 07:47 | パン屋のたわいもない話
今日のごはんちゃん
f0203920_14285516.jpg

1年ちょっと前はこんなご飯みたいなカンパーニュを焼いていて、今日焼いたのはこんな感じで、
随分男らしいパンになったと思う。

レシピも製法も変わっていないのだが、ここまで顔が変わる。
1年ちょっとパン屋をやってきて、毎回焼くパンはどんどん変化していて、
そういう小さな改良を繰り返すのが、とても楽しい。
作っている時、独り言で「あ~すればよかった」とか「今度はこうしよう」とか
ブツブツ言っているので、時々コバヤシさんに笑われる。

今までとの大きな違いは2次発酵。1次発酵までの製法はほとんど変わらないのだが、
現在は2次発酵をギリギリまで我慢するようにしている。これ以上無理ですというような
ギリギリのラインまで我慢して、なるべくクープを開かせないように入れて焼く。
パンマットで布取りして、プルプルの状態に持っていくので、
サッサッと移動させるのだが、着地時の衝撃でいろんな形になる。ご愛嬌ということで。

1次発酵が終わった生地が最高の状態でないと、パンマットにべったりくっつくので、
よい状態の生地に仕上げていくことが大切です。
作っている中でバゲットと共に私が難しく感じるパンの一つで、
愛着のあるパンの一つでもあります。

こういうパンを薪釜で焼いてみたいです。
薪の香りが皮についたら、きっとおいしいでしょうに!

焼き閉められた皮に、内部の芳香がくるまれて、一分たりとも逃さないぞという顔つき。
あ~食べたいです。今日お客様に発送しました。おいしく召し上がっていただけますように。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-18 14:55 | カンパーニュ
1週間に1回はパンの話題もかかないと。
f0203920_1423367.jpg


どーも、皆さん初めまして。
長野県東御市にあります「わざわざ」というパンと雑貨屋さんを営んでいる
wazawazapanと申します。

時々、パンの話題もブログに載せないとパン屋だということを忘れられそうな気が…

先週焼いたパンの一部を集合写真で撮影。
写真左下の長細いパンが自家製ドライプルーンパンです。
長いのと丸いのと2種類焼いてます。今週も出ますので季節の味、是非お召し上がりください。
(ドライプルーンパン 180円←安いのは頂き物のプルーンで作ったので。)

P.S
昨日は雨のため、自転車はお休みしました、が、頭の中で常に自転車を走らせている状況です。
何が私を駆り立てているのか、一体私は何になりたいのか、皆目見当もつきませんが、
今は魂の突き動かされるがまま、自転車に乗って走ってゆきたいと思います。
しかし、どこへ行くにも坂ですなぁ。。山の天辺じゃ仕方ありませんね。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-16 08:16 | その他パン
皆さんの想像通りです
朝5時過ぎに起床して、テニスを見ながら家事をして、保育園に娘を連れて行く前に、
庭の草刈りをヴィーンと済ませます。何でそんなに張り切ってるかって?
所謂、飲みに行く日の前などに妙に家事を手伝ったりするお父さんの気持ちです。
家事や仕事をキチッとやってから、堂々と存分に遊ぶのです。

f0203920_14373579.jpg

さぁ、皆さん、お待ちかね(?)の借り物の自転車を乗り回すシリーズ、行きますよ。
(本当に区長さん、ありがとうございます。)
今日は山を下りる覚悟ができてます。
DVDを返しに行くというストーリー性が、一段と自転車乗りを意味のあるものにするのです!

f0203920_14495654.jpg

山を下りるいうわけですから、行きはほとんど下り坂となりますが、
この下るだけという意味が後々どんな風に自分に跳ね返ってくるのか、
考えると鳥肌が立つほどの恐怖が襲ってきますので、なるべく考えないように
鼻歌交じりで軽快に下ることにしました。

f0203920_14541759.jpg

いつも車で下って行く時に、カーブのところでガードレールがパツンとなくなり、
急に視界が開ける場所があるのですが、もし、そのまま直進してしまったら、
I can fly~とお空に飛んでいってしまうのではないかと思うわけです。
ここがその天国へのカーブです。記念撮影しましたが、緊張してピンボケです。

f0203920_1521993.jpg

着いた先はYUSHI CAFE。あっもう想像ついてましたかね?
私の行動範囲など皆さんの想像通りのものです。借りていたDVDを返して
いつものりんごジュースを飲みながら一息つきますが、そろそろ「いつもの」と
いう決め台詞を吐いてみたい衝動に駆られます。しかし、30半ばにして
「いつもの」がりんごジュースって何とも残念な響きでショボショボではありますが、
これは言ってみる価値はあるんでしょうか?

帰りは立科まで足を伸ばし、直売所に寄ります。
直売所による予定で来たのですが、生憎自転車ですので、ウエストポーチに入るだけの
野菜しか買えません。選びに選んでなす100円を一袋買い、ウエストポーチに無理矢理
入れます。喉が渇いていたので梨に手が伸びそうになりましたが、ウチの冷蔵庫には
今シメジしか入ってませんから、晩御飯がしめじ+梨になることを想像し、家族の顔を
思い浮かべ、ナスに思い留まった次第です。ナス+シメジなら何とかいけそうな気がします。
(あとジャガイモあるしね!)

f0203920_15225378.jpg

さっき下った坂道はかなり緩やかに長い坂道で、あれを上りきる自信は全くありません。
ウチにたどり着く中で最短かつ最も急傾斜な坂道をセレクトし、チャレンジすることにしました。
昨日までの2回の自転車乗りで、意気地のない私には持久力が必要な長い坂はキツイと
いうことを勉強しましたので、できるだけ短距離かつ短時間で攻めることにしました。

さぁ、電動付き自転車の本領発揮です。ゆっくりではありますが、この角度(写真ではわかりにくい
ですが、たとえて言うなら神社の階段くらいの傾斜があります)を自転車に乗ったまま
上りきることができました。途中、バスで学生達が通ったのですが、窓から覗いた顔が
すっげーあのおばちゃん!と言っていました(に違いありません)。

f0203920_15223581.jpg

上ってしまえばこっちのもの。
絶景がまたしても広がるのです。道が果てしないのです。
f0203920_15274056.jpg

もう最高です。空が果てしないのです。
あえて家と反対方向に自転車をすすめ、しばし御牧原をフラフラします。
f0203920_15285720.jpg

至福の時です。
なんて楽しいんでしょうか。
写真を撮りながら、向こうの道に思いを馳せます。
あの道はどこへ続いているのでしょうか?

往復3時間半のサイクリングでした。
お付き合いいただきありがとうございました。
さてと、パン生地がいい感じです、焼きますかね。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-15 07:03 | パン屋の休日