<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
青山行きますpartスリー + バスケット祭り
f0203920_2181467.jpg


10/4(sun)18(sun)10:00~16:00
11/1(sun)、15(sun)、29(sun)10:00~16:00
東京青山 国連大学前のマルシェに出店します。

青山・国連大学前広場
東京都渋谷区神宮前5-53-70 (表参道駅徒歩3分、渋谷駅徒歩8分)

http://www.farmersmarkets.jp/

お店と青山の3連ちゃん、一向に慣れず・・・。やはり無理があるのか。。
ぬおぉぉお、気合じゃー!ワインと気合で乗り切るのだー!
(就寝前のワインでハイテンションをお許し下さい。疲れた体にワインが染みます。おいしいなぁ。。)

f0203920_21102491.jpg
最近発注していた雑貨が今日、一気に届く。だから今日は忙しいっんだって。
とは言ってみたものの、お客様の入りは地元紙掲載前に戻りました、平和です。明日の店舗の仕込み、青山の仕込みと雑貨の整理に追われて一日が終わりました。とにかく店内、バスケット祭り。狭い店内に20数個の籠が所狭しと積んであります。青山にも持って行きます。お一ついかがですか?

トップの写真のステンレスのティーポット、探してた形見つかりました。

コメントありがとうございます!とても楽しく拝見しています。
青山から帰ってきたらお返事します、スイマセン、少しだけお待ち下さい。



f0203920_21104315.jpg

[PR]
by wazawazapan | 2009-10-30 21:22 | わざわざからお知らせ
うちにはパンが落ちている。
パンが落ちている。
というか、そこら辺にパンを置いて忘れるということがよくある。
加齢なのか、相当な天然なのか、ただのアホなのかなんなのか・・・。
パンが置いてあるのに気づかないで放置する。見ているとは思うのだが目に入らない。

よく忘れるのがオーブンの中で、次にキッチンのカウンター。後はキッチンの背面のカウンター。
店で余ったパンはきちんと冷凍しているのだが、食べようと思って解凍してそのまま忘れたり、
温めて食べようと忘れてしまったり、もうどうしようもないのだ。

娘はそういうパンを見つけるのがうまい。気がつくと食べている。

f0203920_12333216.jpg


あんまり嬉しそうなので、怒る気もしない。

いちじくのカンパーニュのこの欠片。
室温で5日間、袋にも入らず放置されていてカッチカチ。ビスコッティっか!という感じ。

おいしいおいしいと言ってるから分けてもらうと、なるほどおいしい。
前にイチジクのカンパをわざと紙袋に入れたまま室温で放置してカチカチにして食べると
言っていた常連のお客様を思い出す(Mちゃん元気~?)。
通すぎてパン屋にも理解できないと思っていたけど、これハマルね^^
何かもう他の食べ物だよ、コレハ。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-29 13:15 | パン屋のたわいもない話
わざわざのワークショップ vol.1
f0203920_16323977.jpg

友人から以前からやって欲しいと頼まれていたことの一つ。
ナチュラルクリーニングを始める会をやりたいと思います。

ウチでは合成洗剤を一切使わず生活しています。
シャンプーもないし、リンスもないです。アタックもチャーミーグリーン(古い?)もありません。

近年、重曹やクエン酸を使ったお掃除が取り上げられる機会も多いですが、
合成洗剤に使い慣れていると乗り換えが難しいという声をよく聞きます。
そこで、うちで実際にやっている掃除を、実演してみんなで楽しいお掃除をする
機会を作ることにしました。

初心者の方でも家で実際にナチュラルクリーニングを実践されている方でも構いません。
みんなで色々な意見を出し合い、楽しい会になればと思います。

<定員になりました。ありがとうございました!>
11月10日(火)18日(水)10:30~13:30 at わざわざ
・会費 2,000円 (簡単なパンランチ付)
・定員 先着5名様
・今回は主に台所掃除を重点的にやる予定です。
 お掃除してランチしてお片づけして終わりの楽しい会になればと思います。
・ご応募はE-mailにてお待ちしております。info★waza2.com(★=@)
 希望日時、お名前、ご住所、ご連絡先をご明記の上、ご連絡下さい。
 お待ちしております^^

わざわざではこのようなワークショップをこれから少しづつ行っていく予定です。
布ナプキンを皆で作ったり、お料理をしたり、そんな会もやっていけたらなぁと思います。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-27 23:16 | わざわざからお知らせ
うちには色々なモノがない
よく驚かれるのだが、ウチには他の人の家にあるものが色々ないらしい。

まぁ定番なのが炊飯器、電子レンジあたり。米は鍋で炊くからいらないし、
温かいものは鍋で温めればいいし、冷やご飯になったらチャーハンやおじやにすればいい。
温かいご飯がどうしても食べたければ蒸すけど、冷やご飯のまま食べても、
鍋で炊いたご飯はおいしいのだ。

サランラップもない。
ラップの代わりに皿で蓋をする。面倒なのでいちいちタッパーにも移さない。

一番驚かれるのはティッシュ。ティッシュがない。
古くなったシャツや下着、洋服なんかを小さく切っておいたウエスが家の色んなところに
配置されていて、鼻をかんだり、こぼしたものを拭いたりする。
あと小型のタオルも食卓に置いてあってそれで鼻かんだり、口を拭いたりする。
なければないで結構やってけるのはティッシュだと思う。
それに布で鼻をかんだら最後、ティッシュなんて使えない。気持ちがいいの、これが。
よくよく考えれば物凄い贅沢なわけで、だって布で鼻かんじゃうんですもの!

ティッシュやラップは買ったものを使ってすぐゴミ箱に捨てるわけで、
まぁ言えば、ゴミ箱に捨てる為にお金を払っているようなもので、
ケチとエコの狭間にいる私(どちらかと言うとケチ寄り)にはこれが耐えられないのだ。
モノはどうしようもなくいらなくなってから捨てたい。

f0203920_12283337.jpg

それで当然、掃除機もないと言いたかったのだけど、新居に引っ越してきてから、夫の要望により小型の掃除機を1台買った。無垢のフローリングが呼吸をして夏場と冬場で板が伸びたり縮んだりして板の隙間ができる。そこにゴミが入る。ここは掃除機の出番で吸ってもらわないとゴミが取れなかったのだ。

それでも掃除機は1ヶ月に1回使うくらいで。基本の掃除は箒でやる。小さな箒を家の汚れそうなところに配置して、気がつくと掃くようにしているので、掃除が大げさにならない。この気がついた時できるというのがよい。

箒に目覚めたのは娘が生まれた3年前だった。掃除機の排気が臭く感じるようになり、掃除をするたび息苦しさを感じるようになった。床に寝ている赤ちゃんの為に掃除をマメにしようと思えば思うほど、部屋の空気が悪くなる。これは矛盾だと思った。そこで箒を探した。探しまくった。たとえ出しっぱなしにしても絵になること、丈夫で使いやすく長持ちすること。そして、白木屋さんの箒が見つかった。

私には少々値段が高すぎ買わなかったのだが、他の気に入る自在箒をやっとこさ見つけて
今はそれをメインに使っている。でもやっぱり白木屋さんの箒は忘れられなかった。

なので、店で箒を扱う時は白木屋さんのと決めていた。私は当時大型の箒を探していたから
値段がハードルになったけど、今回はリーズナブルな小型の箒を中心に入荷しました。
今後、ご要望があれば大型商品も取り扱いしたいと思います。
憧れを込めて入荷した商品です。是非、手にとってご覧下さい。
(只今在庫切れしている商品もあります、タイミングの悪い記事投稿でスイマセン)

白木屋さんの箒
http://www.waza2.com/06shopping/mart02_3.html
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-26 18:16 | ストーリーのあるモノたち
食べたものは人を作るという話
先週の忙しさが嘘のように静かになり、週刊誌の影響はやっぱり1週間だと夫と笑いながら話す。
洗い物や掃除をしながら営業できるのが嬉しくて、やっぱりウチはこれくらいがいいということになる。
とは言っても、掲載前よりは確実にお客様が増えているから、少しづつ少しづつ前進しているのだろう。

「それにしても何でウチのお客さんは上品な人が多いんだろう」と夫が言う。
本当にそうなのだ。

買い物に来るという単純な行動の中で、対=人という関係があるわけで、
スーパーやコンビニなどになるとその関係は物凄く薄い。定員さんを意識することなく
買い物が行われるわけで、誰もが行くというのが趣旨だから様々な人が訪れるだろう。
そして、個人商店で小さな店になるほど客層は絞られ、その関係は濃くなる。
会話を交わしたり、数秒のコミュニケーションを続けているうちに、もしかしたら新しい
出会いがあり、今後にかかわる密な関係に発展していく可能性もある。

話はそれたが、わざわざに来るお客さんは感じのよい方ばかりで大好きだ。

「やっぱり食べているものが人間を作るんだよ!」と思い出したように私は夫に言った。

食の好みというのは体や性格に大きな影響を及ぼしていると思っているのだが、
例えば、しょっぱいもの、甘い物を好んで毎日食べていれば、血糖値の急激な上昇や下降を繰り返し、
性格的にもイライラしたりすることが多くなるのは必然で、食べたものが影響を及ぼすのは、
決して体格や体調だけでないことはわかりきっている。

現に今のような食生活でなかった過去の自分は、自分勝手でわがままで、
夫婦ケンカをすることもあった。今の穏やかな生活があるのは食のお陰だと思っている。

また脱線してしまった。

で、ウチのお客さんが穏やかでいつも私たちにやさしいのは、
私たちのパンが好きで買ってくれるというのは、
やっぱり普段の食生活もきっとうちとおんなじようなんだろうなと思った。

食べたものが人を作るという話。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-24 18:43 | パン屋考
いちじくのカンパーニュのこと
先日、常連のお客様にイチジクのカンパーニュが日が経つと硬くなるとアドバイスいただいた。
自分の中でいちじくのカンパは4,5日密封しておくと、かなり内層がしっとりしてくる
イメージだったので、そのご指摘はかなり衝撃で、ちょっと焼きをストップして
再考しなくちゃいけないなぁと思っている。

f0203920_14141457.jpg
今日は吸水を上げて仕込んでみたので、大丈夫なはず。


家庭の製パンにはない毎日同じレシピを大量に焼き続けること。で、たくさんのことがわかってきた。
気温、水温、粉温度のような温度や湿度のこと、自分のモチベーション、酵母の調子、
毎回届く材料の微妙な変化(粉の袋が変わるとかなり吸水が変わってきたり。)、
様々な要因が様々な結果をもたらす製パンの面白さに夢中になっているのだが、
やっぱり自分の作った売り物のパンにブレが出てしまうのが悲しい。
あの人はおいしかった、あの人はあんまりだったというのが、食の好み云々ではなく
自分の腕によるものだとしたらと思うと、アホみたいに切なくなる。

自分の中でバゲット、イチジクのカンパ、ご飯みたいなカンパーニュは安定がせず、難しく
結果に一喜一憂する。自分の中で80%~90%くらいのブレであればお店に出している。
80%だと申し訳ないと思うのだが、このレベルで販売をしないとエライコトになる。
はやく設備と技術を上げて、90%以上の出来で前後するようになりたい。
今は繰り返し、やってみるしかない。

一番のネックは大量に商品を焼く中でのタイムスケジュールと発酵の管理なのだが、
以前よりずっとうまくできるようになったとはいえ、まだまだで、
ほとんどの失敗はこれによることが多い。
オーブンが小型で一度に焼成できない為、2次発酵の状態でオーブン空き待ちになる。
それで次の方どうぞ~っていうのがスムーズに行かない時があるわけで、
誰かが一回駄々をこねると後々に順番待ちしているコが順番コに怒っちゃう。
ここがポイントなんだけど、ここが何度やっても難しい。
どんどん焼成量が増えていく中で、この工程をうまくやることが今一番の課題だ。

70%くらいのできだと割引して店頭に並べている。それ以下は自家用にするか
まだ食べられそうなものはお客様に謝りながら差し上げたりしている。

こうやってお客様が教えてくださることを大事にしながら、いつも反復練習して焼いていきたいと思う。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-22 14:28 | カンパーニュ
国産小麦の値上がりとキタノカオリ終了・・・ガクッ・・・。
製パンを趣味にしている方はご存知だろうが、10月に入ってから国産小麦が大幅に値上がりした。
前年比で40%ほどの値上がりになり、元々決して安くはない国産小麦の価格高騰は
経営的にかなりキツイ。ウチでも値上がり前に粉を在庫として持つように発注をかけたが、
皆考えることは同じで、弱小パン屋にそんな度量はあるわけがなく、
大量に抑えることが全くできなかった。。

パンの値段設定は大枠の原価率を算出して、後はパンの見た目と相談しつつ
あとはフィーリングで付けている。高くて買えない値段にはしたくなかったし、
ウチの中ではかなり価格を抑えたつもりだったので、都内のパン屋でよく買い物する方などからは
安いと言われることもある。
しかし、田舎の中での商売としては、パンの価格として目安になるのがスーパーのパンだったり、
国産やオーガニックの価値観の浸透が薄い為、価格が高い印象があるのは拭えない。

パンの販売を初めてから8ヶ月、パン屋を開店してから1ヶ月ちょっと。
パンの値上げはしたくない。
が、もともと破格の部類にある原価率最強の角食ちゃん。
最も需要も高く、この人が売れれば売れるほどキツイという悪循環になりそうな状況。

今、色々考えてます。
材料の質はもちろん変えません。今までどおりやります。

今のところ決めたこと。
とりあえず、ヤマト運輸さんに相談して、通販の送料を11月から値下げ検討中です。
パンセットの内容(パンの個数)を少し減らすことになると思います。

今必死で原価計算しなおして、ない頭振り絞って考えてます。
買ってくださるお客様とわざわざが共存できるように、がんばって考えます。
宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------

底を尽いた粉を業者さんに無理をいって運んでもらう。
その時に衝撃の話が。

キタノカオリが終了します。とのこと。
次回納品分で終了だとのこと。

わざわざの角食はキタノカオリと香麦をメインで配合しているため、
相棒であるキタノカオリの終了はかなりの打撃。
あといよかん丸、あの子はキタノカオリがメイン。キツイなぁ。。

今から角食のレシピを再考しなければならない。
代わりの粉に何を使うかが問題で、あのもっちりとひきのある食感はキタノカオリが
出しているわけで、どうするか。今手中にある粉では角食に合う粉が見当たらないので
新しい粉探そうか、コストがまたあがっちゃいそうで困ったなぁ。

とりあえず、思い切って新しい角食作ってみます。
もっとおいしくなったと言われるよう、ちょっとがんばります。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-21 10:58 | パン屋考
痛恨の粉切れと限界が見えた話
f0203920_1148949.jpg

週末のお店に来て下ったお客様、青山に足を運んでくださったお客様、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!

先週の木曜日に地元情報誌にお店が取り上げられた反響が予想外に大きく、先週末はパン屋になってから一番忙しい日となった。(とはいえ、うちにしてはということであって、通常のパン屋さんだったらこれくらいは普通だと思う)青山分として焼きためておいた菓子類も店舗で全てはけてしまい、結局3日間、ベットで寝ることができず、少しづつソファーで仮眠しながらパンを焼きまくった。今の状態の運営の仕方での限界が見えた気がした。

青山分で多めに発注しておいた粉も全部使い切ってしまい、ベーグルを青山に持っていくこともできなかったし、通販の分の粉を取っておくことも忘れ、お客様にご迷惑をかけてしまった。楽しみにしていただいていただろうに、私の不勉強でご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございませんでした。

結局、設備がしょぼいからたくさん一度に焼けないということが一番の原因で、
そこを人力で賄おうとすると、寝る時間がなくなるわけで、それが原因で他に落ち度ができるなら
このやり方は全然ダメということがよくわかった。

パートさん、募集します。一緒に業務を手伝ってくれる方を探そうと思います。
何名かのお客様にパートは雇っていないかとこれまでもお問い合わせいただきました。
こんなしょぼいパン屋でパートしたいという奇特な方がいらっしゃいましたら、
ご連絡お待ちしております。info★waza2.com(★=@)もしくはお電話で。
(業務内容はパン製造ではありません。清掃と店番が中心となります。宜しくお願いします。)

f0203920_11483013.jpg


青山のマルシェ、前回購入してくださった方がまた足を運んでくださったり、
ブログを見たという方が来てくださったり、短い時間の中でたくさんの交流が生まれます。
本当に励みになるし、感謝の気持ちが絶えません。

自宅の店舗で繰り返される営業の中でも出会いがあり、パン焼きという仕事はもちろん、
店で得られる人間関係もとても楽しく、日々勉強させてもらっています。
本当にいつもありがとうございます!
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-19 11:50 | わざわざ終了後
青山行きます2
10/4(sun)、18(sun)10:00~16:00
11/1(sun)、15(sun)、29(sun)10:00~16:00
東京青山 国連大学前のマルシェに出店します。

青山・国連大学前広場
東京都渋谷区神宮前5-53-70 (表参道駅徒歩3分、渋谷駅徒歩8分)

http://www.farmersmarkets.jp/

前回に気をよくして体力の続く限り、連続で出店することにしました。
(11月でおしまいかなぁという気はしています。)
また皆さんとお会いできる日をたのしみにしています。

f0203920_12515281.jpg

明日からのお店の分とマルシェの分の焼き菓子。
焼く量が増えてきてパン屋になったなぁとしみじみ。楽しいです。
よ~し、焼くぞぉー!

>前回の様子はこちら
>前回の告知はこちら

f0203920_12511729.jpg
WECKきました!各種サイズ結構豊富に取り揃えてます。
明日からお店に並びます。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-15 07:57 | わざわざからお知らせ
調味料入れ
今日はリクエストにお答えして、ウチの調味料入れをご紹介します。
とぉってもお待たせ致しました。。

f0203920_954565.jpg


ウチには砂糖入れがない。
普段、料理に砂糖は使わず、甘みが欲しい時は本みりんを少しいれる。
それさえも稀で、ほとんどの料理は塩、こしょう、醤油で味付けするだけ。
だからおいしい塩と醤油をいつも探していて、出歩くたびウチの土産に買ってくる。

塩は2種類。主に荒塩と粒子の細かい塩を料理によって使い分けている。
塩マニアなので他にも色々な塩を持っているけど、使いかけの袋をピンチで留めて
籠にザクッと入れてある。料理によって塩を変えるとおいしくなるのは本当の話である。

多分、ジャムが入っていた瓶とWECK瓶。
WECKは近日わざわざのお店にも入荷予定です。

More
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-13 09:19 | ストーリーのあるモノたち