「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ナチュラルクリーニング( 2 )
手入れして着る
f0203920_14573954.jpg
(ホームクリーニング後のセーター群。ピッカピカ、やったね!)

ファッションについての認識が変わり始めたのはここ数年。
流行に左右されることのない飽きのこない服の定番アイテムを集め、
敗れたら買うを繰り返す。=永遠アイテムの話は以前にもしました
買う時の基準は
・飽きのこない何十年も着られるようなデザインで似合うこと
・丈夫で長持ちすること
・手入れが楽であること の3つである。

夏はTシャツ、秋になればそれにシャツを羽織り、セーターやカーディガンを重ね、
冬になればコートを着、マフラーやストールを巻く。
ボトムはチノとジーンズばっかり。きれい目とワーク系の2種類あればいい。
時々着るワンピースなんかを何着か揃えれば、大体のワードロープが揃って
後は考えることもなくただただ自然に重ねていけばよい。
足元は春夏はスニーカーとビルケンのサンダル。秋冬は革靴とブーツ。

決めてしまうと本当に楽で、買い物にも時間がかからないし、
機能的なスタイルが好きなので理にかなってて、さらに自分にも似合ってると思うのでよい。
似合う服と好きな服のギャップに振り回された時代もあったが、
今はこれは似合わないのでかわいくても買わないみたいな感じで冷静になった。

最近、急激に暖かくなって慌てて冬物の整理をしている。
と言っても持っている服の数が少ないので、衣替えする必要もないのだが、
冬に着た服の手入れをして収納するというのが今回のテーマ。(ま、前置き長すぎ~)
f0203920_20543794.jpg
(500円で以前買ったユニクロのセーターは微妙だが、微妙なりに大事にする)

買う条件に入れた「手入れが楽であること」というのは、
私にとってとても大事な服選びの条件である。綿や麻だと洗濯も楽だし、
洗いっぱなしでしわも気にならなくていいけど、デリケートな素材だったり、
繊細な作りで装飾が凝っていたりすると、なかなか手入れが及ばず、
箪笥の肥やしになることが多い。洗濯機で洗える、アイロンいらないがベスト。

ただ、冬のセーターやコートは別。
長野県の冬はとても寒く、質のいい素材のセーターというのが大事だと痛感しているので、
ウールやカシミアのセーターを購入することが多くなった。
シャツの上にこれらを着て、コートを羽織れば薄着で済むので重宝している。
カシミアやウールといってもユニクロや無印やアウトレットで買ったような、
どうってことない物だけど、安いからってむやみに買って捨てるようなことは避けたいので、
出来る範囲で家で手入れして、出来ない分はちゃんとしたクリーニング店に出すことにした。

まず、綿セーターとウールのシンプルな編みのセーターは自宅で洗ってみることにした。
セーターをきちんと畳み大きめの洗濯ネットに2枚ずつセーターを入れる。
洗濯機の弱で重曹を入れて6分まわした後に、水ですすぎを6分。
その後軽く脱水し、床にバスタオルを敷きセーターを広げ陰干しした。
f0203920_20554264.jpg
夜、生乾き状態のセーターにアイロンを掛ける。
セーターに麻布を掛け、麻布の上からアイロンを丁寧にかけていく。
セーターの皺がみるみる伸び、形がどんどん整っていく様子を見て感動する。
f0203920_2056211.jpg
クリーニング屋さんってこんな感じ?何か服が蘇っていくような感じ。
8分どおり乾いたセーターを丁寧にハンガーに掛け再度陰干し。

ウールのコート類とカシミアのセーターはクリーニングに出すことにした。
安いという観点でクリーニング屋を選ぶとドエライことになることは何度も経験済み。
気に入っている服を何度もダメにされて悲しくなった。二度ともどってこない。
仕事をきちんとやってくれるところがベストなので、
クリーニング屋さんもきちんと選びたい。

買ったものはとことん手をかけて大事にしてどうしようもなくなって捨てる。
そういうのがサイクルを生活の中に染み込ませていきたいと思います。
[PR]
by wazawazapan | 2011-05-25 15:02 | ナチュラルクリーニング
深夜番組でダラダラ通販やってるような感じで読んでください。
Hi~,みんな元気ぃ?
実は私、ちょっと凹んでるの。だっておうちのキッチンがめっちゃくちゃ!
それで友達のライアンに相談したら、いいものがあるって今日来てくれることになったのよ。
あっ、ライアンが来たわ。

ライアン~!助けて~、ホラ、こんなに汚くしちゃったの!
f0203920_9365460.jpg


続きはこちらから
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-01 08:03 | ナチュラルクリーニング