カテゴリ:パン屋の休日( 117 )
下手の横好き2
f0203920_1022345.jpg
年に1回のお楽しみ、編み物の季節がやってきましたYO。
編み物魂が疼くのが毎年シュトーレンと重なるのは何故だろう。。。
忙しい時ほど遊びたくなるのは何故。。

以前にも話しましたが、小学生の頃から1年に1作品編むことが年間行事となっております。
1年に1個しか編まないので全く上達の兆しは見えませんが、編み物ってほんと時間を忘れて
没頭できる無の境地です。何にも考えない(編み物のことしか考えない)ので、
頭がリラックスして自分にとってはいい休息になるのです。

とは言っても、手袋、久々に苦戦も苦戦、超苦戦よぉー。
そうだ私、2個同じのを編むのが苦手だったんだ
とやりながら気づいた次第です。実はこの完成品、4個目。。。
この両手を編むまでに片手を2回どおり編んでるわけです。。
ネットに掲載されてた網図(子供用手袋)を参考に縄編みをアレンジして編みましたが、
娘の手には入らず。。赤ちゃん用を編んでしまったようで。
2回目は馬鹿正直に編み図を大きくして編みましたが非常にバランスが悪く、
この網図がいけなかったことにやっと気づきました。こんちくしょうぅめっ。

つぅーかマジで片手片足、量産だよね。。何となく解けないし。。
今に片っぽ展とか開きたいくらいだよね。全国の片手片足編み物隊集めてさ。
じぇえええええったったいいると思うんだよね。片手片足ばっか編んでる私みたいなの。笑。

ということで3回目はもう闇雲に娘の手合わせです。
少し編んではおーいこっちこーい、です。ということでジャストサイズ。ぴったんこ。
結局、編み物においても感で仕上げる、何とも私らしい展開となったのでした。

顔が片手づつ違うって??まぁまぁ、そこら辺の詰めの甘さは超一流ということで。。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-12-13 11:52 | パン屋の休日
作ってなんぼ
f0203920_13285967.jpg
ごくごく小さい財布が欲しかったんです。
普段、お金を持ち歩かずカードで払うことにしています。直売所に行く時だけ小銭をつめて行くんです。
カードと免許証と小銭が入るだけの余分なスペースがない財布を捜していましたが、
どうしても気に入ったものが見つからず、ええぃ面倒だということで財布作りにチャレンジです。
革はネットでハギレセットを買って、道具はあるものだけで作ってみることにしました。

とりあえずやり方は服作りと一緒です。展開図を頭の中に描いて適当に紙を切って
適当に縫い方を考えます。この「考える過程」がモノ作りの醍醐味でありますので、
こういう時、私は一切調べません。調べてやっちゃったら面白くもなんともないのです。
間違って失敗してあー次はこうしようと段々効率がよくなったりして、
これが一番面白いんですねー。だから作り方の書いてある本は見ない。
じぇえええったい見ない主義であります。
(↑パン作りも見ないで2年くらいやってたけど諦めて読んだ。
読んだら作るのが上手くなって、その2年を後悔した経歴あり)

まずはWOWOWの先月の番組表を欲しい財布の形に切ってみます。
それを革にテープで貼り付けて裁断しました。
f0203920_13373417.jpg
以前、ミシンで革を無理矢理縫って、針をボキボキ折った経験がありますので、
穴を開けてから縫うことにしました。
目打ちととんかちで穴を丁寧に一つづつ開けていきます。
f0203920_13394341.jpg
糸はいいのがなかったのでしつけ糸を蝋引きして使ってみましたが、多分これはダメですね。
いつか切れることでしょう。でも、それでも、いいんです。
店を作りながら痛感していることですが、作った人は直せる。
壊れたらまた解いて縫い直せばいいんですから。
これからできるだけそうやってモノに向き合いたいです。
f0203920_13441519.jpg
さぁ、うんちくをたれている間にできましたよ。曲がっているのもご愛嬌。
f0203920_13453217.jpg
左の二つの財布を今まで使っていました。
店用と自分用に分けて2つも持ち歩いて非常にストレスでした。
f0203920_13485844.jpg
こんなに財布の中に入っていますがこれ殆ど使ってないカードばかりです。
f0203920_1349698.jpg
本当に必要なのはこれだけです。残りは車に置いておけばいいかな。
行きつけの手芸屋のポイントカードは迷ったけど外せなかった。。カードは2枚、店用と自分用。
f0203920_13491334.jpg
中はこうなってます。真ん中に小銭、両脇にカードが入ります。
もうちょっと使えば柔らかくなって少しは取り出しやすくなるでしょう。
f0203920_13492024.jpg
こうやって閉めれば小銭は落ちてこないはず。。
f0203920_13492772.jpg
手にスッポリと収まる小型の財布。デザインはイマサン。カシメで留めてすっきりしたかったけど、
持ってなかったので断念してこのスタイルに。しょうがない。

実は昨日もう一つペンケースを作りましたが、夫が持って出張に行きました。
しばらく会えなくなるのでお守り代わりです。いってらっしゃい!
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-31 14:04 | パン屋の休日
タルトとデカパン
f0203920_18295230.jpg
焼く前。
f0203920_1830264.jpg
同世代の仲間達との夕食会に持っていく。残念ながら見た目ほど美味しくはなかった。
久々に焼いたら失敗してしまったよ。。でも久々に皆で集まって楽しかったなぁ。
f0203920_18361083.jpg
本命はやっぱパン。
餅は餅屋、ですなぁ。デカパンも着実に進化。デカパン3rd。
わざわざのWクープもオシリマークから進化中であります。
デカパンのコツがつかめてきたので、生地の難易度を段々上げている。
次は一回本気で仕込んでみようと思う。

有機野菜とデカパンのコラボでチーズフォンデュおいしかったなぁ。
ご馳走様でした!
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-29 18:42 | パン屋の休日
冬の楽しみのために、夏の残り香を閉じ込める
f0203920_20425523.jpg
夏にピークを迎えたうちの畑で元気だった南蛮。秋の風を受けて少し辛くなってきた。
全部摘んでまとめてすり潰す。辛味が足りない分は自家製赤唐辛子を投入して辛さを調節。
娘が刻んだのを私がフードカッターでアラ微塵に。
そして、娘が仕上げのゴリゴリを。いいコンビになってきた。
f0203920_2043485.jpg
すり潰した南蛮と塩を混ぜたのを煮沸した瓶に保存。
冬になったら柚子と出会って、柚子胡椒となるわけで。日本人って凄いこと考えます。
夏の終わりとと冬の始まりが出会うなんて、なんて繊細な料理なんでしょう。
長野でやるとどうしても柚子待ちになっちゃうけど、もしかして、
九州では青唐辛子と青柚子同時に採れるのかなぁ?

エンドレスおでんとの相性は最高です。
プハッ~、純米酒で一献いきたいですなぁ。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-18 12:00 | パン屋の休日
にんじんさん
f0203920_945111.jpg
遅れていた人参の収穫をする。スコップ持って全員集合!
来年はもっともっとたくさん撒こうっと。これじゃあすぐ食べ終わっちゃうな。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-12 00:00 | パン屋の休日
photo3
f0203920_757798.jpg
それじゃああんまりだと、念願の釣り体験。以来、自家製釣堀セットで釣り上げる魚の名前は、
全てニジマスに。釣ったらすぐに食べる真似。5歳、命のはかなさを学ぶ。

------------------------------------------------------
戸津圭一郎、阿部春弥作品展が本日最終日です。
http://waza2.com/onlineshop/38.html
20:00までご注文いただけますので、どうぞご覧下さいませ。

WEB上で作品展を行った初めての試みでしたが、
皆さんお楽しみいただけましたでしょうか?
これからも店舗と連動して少しづつこういった機会を増やしていきたいと思います。
ありがとうございました。
(今日も20時からバレーの試合。ジャージでPC前にスタンバってダッシュで体育館に再びです。
 今度からは水曜日は外そうと固く誓った1週間でありました。。)
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-05 07:00 | パン屋の休日
photo2
f0203920_815867.jpg
運動会かけっこ一番のご褒美に何でも買ってあげるよの問いに「ラムネ!」70円。婆ちゃんガックリ。
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-04 11:31 | パン屋の休日
秋雨と弁当
f0203920_9361032.jpg
何となく地味弁も寂しそう。
弁当を作り、工事して、畑と庭やって、掃除して、パン焼いて。
毎日同じことの繰り返しなのに何となく楽しい。
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-20 09:41 | パン屋の休日
ちっさな写真家
f0203920_1747658.jpg
今回の写真家の友人来訪で、最も影響を受けたウチのちっさい人。
古いデジカメを引っ張り出してプレゼントしたら、喜んでカメラを持ってお散歩に行こうと言う。
カメラ持ちたてホヤホヤとレンズ買いたてホヤホヤ親子。望むところだ。
f0203920_1751738.jpg
フォトジェニックな御牧原は散歩にもってこい。行くぞー!

続きはこちらから
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-08 12:53 | パン屋の休日
とらわれない
f0203920_7574686.jpg
こないだ職人舘の北さんの縄文料理のワークショップに出かけた時、
一つ印象的な話があって、何でも原始的に食べるのが結局おいしいという話の流れで、
コーヒーだって昔はドリップなんかしていない、鍋で煮出していたんだと。
これ、やってみたいなぁと思って大分時間が経ってしまっていたけれど、
ここ数日はほんと寒いくらいで、カフェオレをどーしても飲みたくなり、チャンス到来。

ガリガリと粗引きに挽いたコーヒー、水、コバヤシさんちの牛乳を鍋に投入して煮出して、
縄文コーヒー!ならぬ古代コーヒーか?

Wiki注:
コーヒーの歴史をWikiで調べると、「コーヒーがいつ頃から人間に利用されていたかは、
はっきりしていないが、アフリカ周辺で栽培されており、現在見られる「焙煎した豆から
抽出したコーヒー」が登場したのは13世紀以降。ヨーロッパには、16世紀に伝わり、
日本へは18世紀末にオランダ人が持ち込まれている。
布ドリップが始まったのは1711年のフランスから。」

なるほど、17世紀以前は煮出して飲んでたみたいだ。
とすると、古代というより中世コーヒー?

味はドリップしたのよりずっと荒削り。
旨み成分だけを抽出した洗練されたドリップコーヒーと対極で、
いわば、えぐみ・灰汁的なものもお構いなく出てる感じで、ドリップよりずっと複雑な味わい。
もうちょっとコーヒー少なくしてやったらもっとおいしかったかも。
またやってみよー。←何にしても楽で気に入った。

パンは晩の余りのかぼちゃグラタンを食パンに載せてトーストしたもの。
この辺ははずれないよね。
[PR]
by wazawazapan | 2011-08-23 08:18 | パン屋の休日