カテゴリ:わざわざのお店物語( 51 )
石窯密談
f0203920_1519881.jpg
(中さん(仮)の炭焼き窯)

4月12日のツイッターより抜粋
(ツイッターは140文字で呟くツールです。毎日ぼやいてますが、石窯のシリーズを転載します)
 wazawazapanをフォローしましょう(フォローはこちらからお願いします。)

(1)4/12お昼過ぎ
先週の日曜日に家族で畑を全力でやった後に適当に昼飯を縁側で食べて、YUSHIさんとこ行って茶を飲みながら、石窯を作ってくれる方と待ち合わせして石窯密談だったんですよ。いや~この人が面白い人でねぇ。実は7年位前にスポーツクラブで一緒でよく見かけてたんだけど話したことなかったの。

(2)
それでねぇ、その後はYUSHIさんとこで挨拶はしてたけどちゃんと話したことなかったのね。で、地震・原発・電気イヤイヤって自給自足しるー!ってカウンタでおじさんと話してたら作ってくれると思うよって話になって、ちょっと前に別んとこで違うおじさんが薪ならルートあるぞって教えてくれてね。

(3)
まぁ最近私の行くとこにはおじさんしかいない訳(爆笑)おっちゃんと話が一番合うのよ、大体。30代女ぁ~ムリムリ!原発だの発電だの石窯だの薪だの植木だの畑だのの話したいわけ。おばさん?おばさんも好きよ。でも大体男しかいないんだよねぇ、何でだろ?だっはっは。

(4)4/12夕方
で、石窯密談の話は後でね。買い物行って、お迎え行って、家庭訪問です~。石窯の話ほんと面白くて考えただけでワクワクするよ。じゃあ行ってきます~

(5)4/12夜
でさぁ~石窯密談なんだけど石窯は置いておいて中さん(仮)がとにかくすげぇの。まぁね何が凄いのって石窯作ったことないのに作れるって言う、パン屋で働いたことないのにパン屋になっちゃっうっていうのと何となく親近感ね。ルヴァンさんと話していて石窯作ると言ったら焼いたことあるんですか?って

(6)
聞かれてね。もちろんありませんって笑顔で言っちゃって、自分って何でこんなにアホなんだろうと思ったんですけどね。夫には感ピューターって言われてます。それを聞いたYUSHIさんはいい加減な感じゃない、わざさんの感は素晴らしいと言ってくれました。夫<YUSHIさんの方が評価が高い、爆笑

(7)
で感ピューターが言うわけですね。石窯で焼けって。そしたら中さん(仮)が作れるって言うのね。焼いたことない人と造ったことない人が石窯をアーダコーダ考えるのが楽しくてね。中さん(仮)はね、炭を山の中で焼いてるんです。炭焼き窯を自分で作って焼いてます。その素材は全部山から採掘してくるの

(8)
中さん(仮)はね軽トラにつるはしと斧を積んで山に出掛けるの。それで体一つで石を採掘して粘土を掘り木を切ってくるの。信じられないんだけど重機使わないの、石の採掘に(爆笑)。有り得ないのね。全部そこらにあるもの使って窯作っちゃう。それが終わるとスポーツクラブにトレーニングに行くわけ。

(9)
絶対そのスポーツクラブのトレーニング必要ないって!って何回も言ったんだけど、いる、絶対いるって言うの。別腹なんだよね、トレーニングって、ダッハッハ。7年前に言ってた時に何で私が中さん(仮)のこと覚えていたかっていうと、目茶目茶かっこいい体のおじさんなのよ。7年後に謎が解けた(笑)

(10)
炭焼きだけじゃ生計は立たないから特殊伐採というのに行くんだって。だから職業を言うとすれば「きこり」だな。って中さん(仮)。林業じゃなくてきこりなのね、1人だから。素敵なおじさまね。つぅ~わけで普通の石窯作りません。だって中さん(仮)が面白くないって言うし私も同感ですもん。

(11)
というわけで山から採取してきた材料でシンプルなパン窯を作ります。焼けるのか?いや多分焼けん。まず無理ね。出来てから修行じゃ~!楽しみです。わたしは山の上で変人パン屋になりますので、これからもどうぞよろしくお願いします。これにて密談終了~。

----------------------------------------------------------------------
f0203920_1105049.gif



みまきはら青空市に麦小舎(キジブックス)さん、陶芸家長倉研さん、職人舘さんが出店決定!
詳しくはWEBサイトでご確認ください。みまきはら青空市サポーター募集中です。
皆さんのブログ・ツイッターで告知の協力をお願いいたします。
バナー・ポスターなど全てWEBサイトからダウンロードできます。よろしくお願いいたします。
[PR]
by wazawazapan | 2011-04-18 15:30 | わざわざのお店物語
つまんないパン屋宣言
3/11の震災以降、私の中に密かな決意が芽生えました。
もともとこの夏に店舗改装予定でしたが、さらに特化させる決意ができました。
店頭にいらしてくださるお客様には口々にお伝えしています。
それからツイッターでも断片的に呟いていますが、今日はブログできちんと報告します。

<パン屋リニューアルのお知らせ>

薪窯で焼く大型カンパーニュ+メニュー数種の食堂にリニューアルします。
現在、設計段階で6月か7月に一旦店舗をクローズします。
現店舗の脇に小さなパン小屋を建てます。工事が終わり次第、
リニューアルオープンしますが秋口オープンを目指して頑張ります。
またクローズ後もYUSHI CAFEさんへはパンを持っていきますのでよろしくお願いします。

*変更点

現在も食事パンのみの販売とさせていただいておりますが、
リニューアル後はさらにラインナップを絞ります。
リニューアル後は全てのパンのレシピを変更しますので、
現行のパンはリニューアルオープンまで焼いて終了となります。
ドライイーストを使用したパンが現在2種ありますが、それもやめます。
全て自家製酵母のパンとなります。

ベーグル(現行焼いていません)、食パン、小型パン(現行焼いていません)、
バゲット全てやめます。食事パン数種類のみのツマラナイ店になりますが、
ゆくゆくはサンドイッチやパンを食べていける飲食店営業形態となりますので、
ゆっくりしていって頂ければと思います。

*通販のこと

大震災後からお休みいただいている通販です。ご迷惑をお掛けしております。
パン屋を初めてから2年間、通販でずっと購入し続けてくださっているお客様のことを
思うと苦しい気持ちです。会った事のないお客様も多いですが、
何度もパンを送っていると名前を見るたび、親戚にパンを送るような懐かしい気持ちに
なっています。店舗に足を運んでくださるお客様同様に大切なお客様です。

リニューアル後も通販は続けていきます。
そして現在の休業からの復帰の時期ですが、もう少し時間を下さい。
新しいセットを作って月に何本か発送という形で考えております。
4月中には再開したいと思っております。ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いします。

*リニューアル理由 その1

以前から薪窯への憧れを持っていましたが、薪の調達など問題点が多く、
女1人には難しいと断念していました。ですが、今回の震災で自給自足のエネルギーに
生活自体を転換していきたいと思いが強くなり、周りに相談の下やってみる決意が固まりました。

リニューアル自体は1年ほど前から計画しており、新店舗の図面も昨年大方できていましたが、
窯をどうするかで悩みに悩んで伸ばし伸ばしにしていました。薪窯にするという決定で
自分の気持ちがすんなり楽になり、後はやるだけという気持ちです。
これから図面を書き直してもらい、工事を進めていきます。

とは言っても予算がない中での工事です。まだ見積もりを取っていませんが、
必ずオーバーしてくると考えています。それでもやるんですが工事費の捻出が難しくなり、
現時点でセルフビルドを視野に入れています。この可能性大です。
ということで店がいつできるか全くわかりません(汗
ですが、必ずオープンして戻ってまいりますのでどうぞ温かく見守ってください。

私のパン屋人生は後30~40年あります。その中の半年です。思い切ってやりたいと思います。
わざわざのブログの面白さというのは、そういう不安定な気持ちの波を見てもらいつつ、
完成しない人生を完成させてく、アホな1人の人間模様だと思いますので、
まだリニューアルの目処もたっていませんが、こんな気持ちですという途中経過を
ご報告いたしました。これからも右往左往を楽しんでいただければと思います。

*リニューアル理由 その2

食事パンへの特化ですが、以前からブログを見てくださっている方はよく知っていると思います。
私は普段の生活の中で、食事パン(プレーンのパン)しか食べません。小型のベーグルや
味のついたパンは自分が焼いてもあまり食べません。食事としてのパンにしか興味がなく、
またパン職人としては粉・酵母・塩の3点セットでどこまでパンを昇華できるかが楽しくて
焼いています。単体では未完成のパンを料理してお客様ご自身の手で+αしていただけたら
という思いです。

ベーグルなど小型パンのみを買いに来てくださるお客様は多いです。
自らお客様を取捨選択してしまうという申し訳ない気持ちもありますが、
やはりこれからのことを考えていくと、自分の気持ちと寄り添ってくださるお客様を
探していくしかないと思っています。数年は経営が苦しくなるだろうと予想しています。

山の上で数種類の食事パンだけを焼き、変人への道を着実に歩んでいますが(笑)、
まぁ畑を耕したり、ワークショップをやったり、サンドイッチ作ったり、気楽にのんびり
やっていこうと思います。

これからもわざわざを皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------
出店者・ボランティアまだまだ募集中!出店者どんどん増えてますのでチェックしてね。
みまきはら青空市~東日本大震災チャリティーバザー~
詳細はhttps://sites.google.com/site/mimakihara/home
[PR]
by wazawazapan | 2011-04-14 09:28 | わざわざのお店物語
最近の店内ブラブラ。
f0203920_1534599.jpg

最近のお店の様子です。
おっ、左端に何か見えますね、ってわざとらしいですが、

f0203920_1553699.jpg


新鮮な有機・無農薬野菜です。
先週から旧望月町のアトリエノマドさんがおいしい野菜を運んでくれています。
私も何度か出店させていただいた旧軽井沢朝市でご一緒したことが縁で、
正確に言うと、以前からウチのパンを買いに来てくださったり、
YUSHICAFEさんでお聞きしたり、少しだけお顔を拝見したことがあったのですが、
朝市でお隣にお店を出したことがきっかけで、たくさんお話するようになったという
わけです。しかし、旧望月町は熱いですねぇ、いい町です、大好きです。

アトリエノマドさんはフランスで農業の研修をされ、そのためか色鮮やかな
西洋野菜を多数栽培されています。サラダMIXなんかはホント花束のような艶やかさです。
根菜類も充実していて、芯が赤い大根だったり、ひょうたんのようなかぼちゃだったり、
見ていて楽しい野菜、食べておいしい野菜をご夫婦で作られています。

先日、紅芯大根をいただきましたが、これおいしいですねぇ。
甘くって色鮮やかで、サラダもよかったし、炒めても歯ごたえが残っておいしかったです。

もちろん、有機・無農薬農法を基本とし、化学肥料を使用していない健康野菜です。
ご好意でわざわざでは一束100円で販売しています。
12月は毎週ノマドさんの野菜がきます、野菜と一緒についでにパンも買ってください。
よろしくお願いいたします!

あっそうそうノマドさんはマルシェにも積極的に出店されています。
最近ですともみじ市に出店されたそうです。旧軽井沢朝市も出店されてますよー。

f0203920_15245539.jpg


さて、狭い店内ブラブラしましょう。
こっち側に棚を追加して、器や本やら何やらごっちゃりしてます。
この店としてのレイアウトの限界にどうやら達してきた模様です。
雑貨が入りきらなくなってきたのは…、(う、売れてないから、)というのは、
言ってはいけないことです。このまま突き進むんです。
パンの売り上げは雑貨の投資へどんどん消えて…。
って、だから言ったらダメなのよ、それは。
いいんです、いいんです。開店して1年3ヶ月、段々、店らしくなってきました。

あっ、先日、大変嬉しいことが起こりました。
初めて本が売れました。握手しようかと思いましたが、やめました。
だって、本を買ったお客さんにおつりを渡すついでに、手なんか握ったら…
怪しいですよね?ねっ、やめてよかったでしょう。
[PR]
by wazawazapan | 2010-11-24 09:49 | わざわざのお店物語
油売り
今日のお店はやっぱりヒマ(昨日の天気が災いしたと信じたい。)で、
狭い店内をブラブラしてみたり。

毎週お店をやっているから、お店の写真を撮ろうという気にならなかったのだが、
こないだの投稿で、お店の内部を見たことがない方々もたくさんいることに
気づいて、今度からは時々、狭い店内をウロチョロしようと思う。

f0203920_17392543.jpg


この籠いっぱいにドサドサとカンパーニュを無造作に山盛りにして、
それをすんなり売りさばけるようになったら…嬉しい。

f0203920_17393529.jpg

f0203920_17394440.jpg


木の器、入荷しています。

f0203920_17395250.jpg


ワインのボトルキャップは150円。
儲けは…まぁないよね(苦笑)。でもワインの栓はこれくらいの値段でいい。
よこのバターナイフは銅とシルバーのコンビ、1250円。
値段もモノもバラバラで、そんな中からとっておきに巡り合える店にいつかしたい。

f0203920_17401260.jpg


工房アイザワのキッチンツール。
質感、ライン、モロ好み。でもウチのツールはこれじゃない。
何故って夫の一人暮らし時代のお玉達がしぶとくがんばってるから。
役目が終えるその時が来たら、一つずつコノ子達をうちの子にするんだ。

f0203920_17402050.jpg


荒物コーナーも健在。亀の子だわし、じわじわ売れてます。

f0203920_17402918.jpg


手ぬぐいの利用法コーナー作ってみました。
ワインを包んでプレゼント、一押しです。

コメント、いつもありがとうございます!
後ほどお返事いたします^^
[PR]
by wazawazapan | 2010-02-12 19:33 | わざわざのお店物語
パン屋始まりました。
始まりはいつもそうだった。

初めてパンを大量に焼いた日。
初めてパンを売った日。
初めて車で移動販売した日。
町屋館で疑似店舗を構えた日。
シャバに初めて納品した日。
初めてイベントに出店した日。

そして、初めてお店を持った日。

More
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-12 19:43 | わざわざのお店物語
とりあえず
f0203920_16163432.jpg

仕込み、発送、オープン準備でバタバタなのに、娘と一緒につい昼寝をしてしまう。お店の準備まだ途中です。今からもうダッシュでやらなきゃ。

それにしても最近涼しくなって、パンを仕込みやすい。やっぱパンは秋冬です。

明日はお昼の12時までを目安にパンを順次焼いていきます。りんごのタルトを久々に出せるかもしれません。皆様のご来店、お待ちしております!
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-10 16:20 | わざわざのお店物語
看板と。
f0203920_20481347.jpg

こないだの看板が完成して立てたのが2日前。車で通る人がうちの前でスピードを緩め凝視していくとシメシメ。と言っても、車で通る人もそんなにいない、この田舎です。近所の小学生に「金 土」が営業日ってわかるかな?と聞いたら、うん、わかるよの返事、よっよかったぁ。。

お店の準備で家の中を駆けずり回ってます、明日で最後。明日は精一杯仕込みに時間をかけたいので、今から暖簾縫ってプライスカードを新しく作ります。通販のパンも焼きますよ!

お店がかなり(まだかなり!?)できてきたので、明日は明るいうちに写真を撮って載せます。
皆さん、コメントありがとうございます、承知しました。落ち着いてからゆっくり返信します、スイマセン。

今、最高に楽しいです、アドレナリン出まくりです。
日曜日になったらどんな気持ちでいるのでしょうか、それも楽しみです。
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-09 20:59 | わざわざのお店物語
看板作ってます
f0203920_1756445.jpg

看板製作中。
地味に時間がかかるこの作業。
金は辛かった・・・。

明日は完成品を載せたいと思います。急ピッチでお店の準備です。ご近所さんに今日はあいさつに行ってきます。

今日、オープン日を間違えてお客様が2組いらっしゃいました。ちょうど焼いていたのでよかったです、嬉しかったです。レジを初稼動させたけど、打ち方練習しないといけません。×何個ってどうやってやるんだ?
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-05 18:01 | わざわざのお店物語
駐車場ができた・・
f0203920_922051.jpg

ご無沙汰しています、急ピッチでいろんなこと準備しながら、日々パンを焼き納品したりしてます。土留めが終わったので昨日、業者さんに砕石をいれてもらいひとまず、お客様用駐車場完成です。後は横の溝に落ちないように木を植えたり柵を作ります。それで看板立てて・・・来週末までに気合で終わらせなければ。。

通販、ですよね。スイマセン。盆明けって言ったのに!盆明けちゃってます。。。ごめんなさい。もうちょっとだけお待ちください。

では、今日は用件のみで、近況のご報告で失礼します。
[PR]
by wazawazapan | 2009-08-20 09:08 | わざわざのお店物語
店の準備に関係のあるような、ないような話。
毎月第一土曜日に、お隣群馬県の桐生天満宮で骨董市がある。
町屋館のわざわざが終わったので、昨日、久しぶりに行ってきた。

パン屋で使っているアルミのトレーだのステンレスのトレーだの、家のそこかしこに
点在するモノ達はここにコツコツと足を運んで買ってきたものが多い。
車で2時間弱かかる道のりを走っても空振りの日もあり、何も買わずに帰ることもある。
でも通ううちに桐生市がどんどん好きになり、ちょっとした日帰り旅行のような
楽しい一日になるのだった。

朝5時に家を出発して7時前に到着。骨董市を2時間くらいじっくり見てから、
桐生の市営の動物園に行く。入場料無料なのだがゾウとキリンとライオンがいる凄い動物園。
お気に入りはサル山で大小のサルが一同に暮らす様に目が離せなくてしばらくそこにいる。
最近、動物園に行くと、かわいそうという言葉が口をついて出てしまう。
サバンナで走るライオン、大きな川で泳ぐワニ、そんな方がきっといい。
小さな檻の中で一生を終えることが不憫でならないのだが、彼らはそれで満足なのだろうか。
今度サファリパークに行ってみようという話になった。

で、旨い店がある。

11時開店と同時にいつも入る志多美屋に行く。
肉は普段食べないのだが、ここのソースカツ丼は本当に凄い逸品だと思う。
食べて感動して毎回帰ってくる。細部に至るまでの気の配り方、マジで感動する。

繊細にして微細な料理、本当に涙が出てくるというか、店の清潔感、ご飯の炊き方、盛り方、
カツの揚がり具合、衣カリッと感、味噌汁、横の漬物、本当に丁寧に心が込められているのがわかる。
一度だけソースがかかり過ぎて味が濃く感じたことがあったけど、ほぼ毎回パーフェクトな
仕上がりで、自分もこんな風にパンを焼きたいと、いつも職人さんの心意気に感動して帰ってくる。
これが飲食店のあり方だよなぁと。

「旨いや、すげぇや」と涙ながらにブツブツ呟きながら食べていると、夫がよかったねぇ、よかったねぇと
相槌を打つ。いやぁ、ホント、見習いたい、こんな職人になりたい。

f0203920_844517.jpg

昨日の戦利品。ブリキのでっかい缶と後ろのちっさいテーブルなど。こんなの探してた。店舗準備のための什器を探しに行ったのだけど、目的のものにうまく出会えてよかった。

この缶を持って歩いていたら、何に使うの~?とおばさんが声をかけてくる。土入れて木を植えますと答える。お店の入り口に大きな鉢植えを作ります、また作ったら写真撮って載せますね。
[PR]
by wazawazapan | 2009-08-02 08:52 | わざわざのお店物語