カテゴリ:わざわざのお店物語( 51 )
電気ビリビリ
f0203920_14113821.jpg
解体現場へ三度。
脚立と工具片手に最後の引き上げです。電気をいただいてきました。新店舗に取り付けます。
ドア、照明、建築資材、合計5件の様々なお宅からいただきました。
色々な思いを受け取りました。新たな命を吹き込んで活躍させたいと思います。
心より皆様にお礼申し上げます。
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-14 12:00 | わざわざのお店物語
パテってます
f0203920_1734169.jpg
辛く長かったボード貼りが終わり(結局、夫が全部やりました、お疲れ様っス、ありがとう)
f0203920_17351467.jpg
ボードとボードの間をパテで埋める作業に入る。隙間にメッシュテープを貼り、パテ材を練り練り。
練り練りしてる竹のは以前削りだしたアレです。こんなとこで役に立った。ラッキー。
f0203920_17352176.jpg
ボードの継ぎ間とネジの頭をパテで埋める。
こうすることで壁塗りした時に亀裂を防いだり、継ぎ目が浮き上がってくるのを防ぎます。
綺麗に仕上げるための準備だそうです。大工さんや周りの人に聞いたり、
ネットで調べたりして何とか進めてます。しかし、地味な作業の連続です。
その作業の連続上に、美しい仕上がりがかかっているとなれば、しっかりやらねばです。

今週末には珪藻土塗りに到達できそうです。内装にやっと入りそう~。
私が壁やってる上で夫が天井張ってます。夫婦でがんばっとります。
[PR]
by wazawazapan | 2011-10-04 00:30 | わざわざのお店物語
ボード貼りはコリゴリです。
f0203920_12324983.jpg
島根よりゴットファーザー来訪中。
私の貼ったタイガーボードをまず引き剥がすことから始まった。
そんな役立たずの私はというと、シコシコと棚作りを始めている。
こっちの作業は楽しいねー。(ボード貼りは夫に任せた!ニヤリッ)
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-23 12:37 | わざわざのお店物語
怪我をしないようにね
f0203920_19474262.jpg
怪我をしないようにと、手作りのお守りを現場に置いてくれたかわいい娘。
f0203920_19475170.jpg
お母さんは男の人に最近頻繁に間違えられてますが、紛れもなく女性ですので安心してください。
ぬぉ~~石膏ボードめ~!!手こずらせやがってぇぇぇ。。
世の中は三連休らしいが、知らぬ。娘も現場に道連れ。ファイ!
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-18 19:52 | わざわざのお店物語
大工の兄さん。
f0203920_1773270.jpg
寸法、計って、切って、削って~
f0203920_1774257.jpg
うんしょ、うんしょと、結構重くてね。
f0203920_1774989.jpg
インパクトでバンバン打って
f0203920_1784486.jpg
こんな感じで作業しております。
f0203920_1775660.jpg
1面仕上げた~。づ、づかれだぁ~~~。。。風呂入ってねるぅ。
でも明日は早朝から全米オープン決勝だから見ないといかん。早寝するぞ。

今日はお客様がカメラを持って、お手伝いに来てくださいました。
大工のお兄さんにしか見えないと、最大の賛辞をファインダー越しにいただきましたよ。
4枚目までの写真はhanawhoさんが撮ってくれました。
作業風景は自分では撮れないし、いい感じの写真でとっても嬉しいです。ありがとうございました。
大工のお兄さんは私めでございました。お目汚し失礼致しました。

コメントお返事少々お待ちください。後ほどいたしまーす。
いつもありがとうございます!
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-12 17:22 | わざわざのお店物語
現場進捗状況
f0203920_929525.jpg
ウチのラウールが断熱材をピシリピシリ入れてくれます。
手伝おうかと声をかけたら、他のことやってと言われました。
ザ・几帳MEN。自分のテリトリーには家族もシャットアウトです。
さすが、仕事は非常に丁寧且つ、スピーディーです。
f0203920_9291625.jpg
いたる工務店代表田村至くん。昨日、最後の仕事を片付けにきてくれました。
顔出しOKをいただいたので、早速載せちゃおっと。本当に本当にお世話になりました。
至くんのお陰でここまで工事がスムーズに進みました。ありがとうございました。
後は、私達でがんばりマッスル。
いたる工務店は長野県産の材で手刻みの在来工法で家を作ります。
お問い合わせはわざわざまで~。

えっ?あんた何やってんだって??
あのぉ~、現場のぉ~、写真撮ったりして~~、
ここどうしようかなぁ~とか~~~、色々考え事してたのぉよぉ~~。。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-09 09:36 | わざわざのお店物語
エンドレス塗装
f0203920_16124098.jpg
エンドレスおでん、エンドレススコーンなど数々の終わらない仕事を目撃してきたあなたに。
今日はエンドレス塗装。今週はひたすらパン焼きの仕事と塗装しかしてないと言っても過言ではない。
頂いてきた建具は明治・大正時代のもの含めかなり古いものが多く、
かなり手入れして使わなければならない。一つ一つを掃除して塗装するのにとても時間がかかる。
ただ、こういう細かく地味ーな作業は私の最も得意とする分野でもあるのだ。
1人でただ暗ーくひたすら塗ってる。
鼻歌も許されない、息もとめる勢いで塗ってる。はみ出すから。
こういう時に話しかけた人ほど不幸な人はいない、全力ではみ出した責任を負わされる。
(家族に小さい被害者1人)
f0203920_16124762.jpg
これを塗るのに3時間かかった。。
まぁ綺麗にはなったが、ただのナチュラルテイストで気に入らない。
しかし、これは始まりにすぎないのだ。・・・だってこれトイレのドアなんだもーん。
スケスケのすっけすけですわ。このままだと変な趣味の人しか入れないトイレに…
ここから目隠し、且つ、男気溢れるトイレのドアに持っていかないといけない。
f0203920_16125535.jpg
入り口のドアは今はこんな感じ。これを塗るのに2日かかった。
私が細かいのか、木の枠組みが細かいのか。。。さっぱりわからん。
何でこんなに時間がかかるんだ。。。今年中にお店、開けられるかなー・・・
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-03 16:26 | わざわざのお店物語
我輩は高所恐怖症である。
f0203920_1454206.jpg
先週で大工工事が終了して、今日より施主工事に入った。
今日はハフの塗りをコツコツやった。屋根の下の部分をハフというらしい。
大工用語は相当覚えてきた。根太、ハフ、モヤ・・・時々誰かに使いたくなる。
昨日も電気屋さんとどこに電気をつけるかと言う会話の中で、
むやみに「あの右側のモヤのとこに・・・」とか連発して楽しんだのだった。
そうすると、業者さんがこの小娘やるなって顔をする気がするんだけど気のせいかしら?

ハフは屋根の下に全部回してあるので、一番高い場所で4mくらいある。
実は私は、結構な高所恐怖症である。
小学生の時に滑り台の上から降りられず泣いた事もある。
ジェットコースターでは嘔吐、灯台に上ってみても外には出ない、
人が高いところに登っているのを見るだけで、足の裏に汗をかいてしまう。
スペインでガウディのサグラダ・ファミリアに行った時も、
お金がもったいないから見てるだけでいいと言って登らなかったのは、
本当はただ単に怖かったからであった。新婚当時、ケチだと思われるのは構わないが、
怖がりだとは思われたくないというのが、乙女心なのである。

原因は、回転するジャングルジムの一番上から、回転中に落っこちて
死にそうになったからだと思う。まぁ、簡単に言えば原因はお転婆だ。

3年前、自宅を建てた時に現場に頻繁に出入りしていたのだが、
2階に上がりたくとも階段は最後にかけるので上がれない。
大工さんの足場に登って2階に上がらないといけないのだが、それが結構な高さであった。
2階はどうなっているのだろうと持ち前の好奇心が疼きだして、登ってみたくてたまらない。
その時、好奇心が恐怖心に打ち勝ち、見事、高所恐怖症を克服したのだ。
それ以後、ありがたいことに、現場でのみ、高所恐怖症の兆候が出ない。
f0203920_1515768.jpg
つぅーことで、今日はハフの手が届くところは全部塗った。右端は夫に頼む。
あと窓枠も一つ塗った。くぅ~、今日は首が痛いのぉ。。(ずっと上を見て塗るから)
ハフ塗ったらちょっとかっこよくなった。
まだ途中で気に入ってないところがたくさんあるので、これからゆっくり調整します。
[PR]
by wazawazapan | 2011-08-29 15:18 | わざわざのお店物語
お金のない幸せ
f0203920_11131985.jpg
たぶん、この店は宝物になる。
できるだけ買わないこと。それは資金が少ないという、一つの理由からだったけど、
こうやって一つの破片も無駄にせず使うこと、こんな素敵なことは今までの家作りでは
見えていなかったと思う。
f0203920_11164683.jpg
リサイクル、環境の為に、そんな綺麗事ではない。創意工夫。
f0203920_11165760.jpg
一つのガラスの破片と余った木材で窓ができた。
3人の方から分けていただいた窓で足りない部分は、全てリサイクルしたガラスで製作してもらった。
無理を言って大工さんの手間をかけさせて、嫌な施主だと思う。
でも、きっとこの店は皆の宝物になる。そんな気がしてきた。
材を分けてくださった人、大工さんの気持ち、アイデアを授けてくれた数々の人、
全てを大切に丁寧に紡いで店作りに励みたい。

---------------------------------------------------------------------
<onlineshop 入荷情報>
煎じ土瓶を入荷しました。三年番茶を沸かすのにピッタリです。
 うちでは冬にストーブの上で大活躍しています。
白雪ふきん麻入り入荷しました。
パンと野菜のセット好評発売中です。好評につき、野菜セットのボリュームを増やしました。
 1000円分、2000円分の野菜をお選びいただけます。
[PR]
by wazawazapan | 2011-08-24 11:23 | わざわざのお店物語
親子。
f0203920_20432791.jpg
で、一日でこうなっちゃうんだから凄いよなぁ。
建築家の菊池さんが来て下さってこの姿を見て「感慨深い」とポツリ。
3年前に家を建てた時に、次はパン屋を建てるのでお願いしますと話していたことが、
現実に目の前にででーんときた感じ。
うん、感慨深い。今日は、グッときた。
私の人生、また、始まったなぁ。。。
f0203920_20433737.jpg
気づいた?二つで一つなのよ。親子なの。あっ夫婦か。。
ちっちゃくてかわいいでしょ。私、ここで薪でパン焼くの。
[PR]
by wazawazapan | 2011-08-11 07:38 | わざわざのお店物語