久留米絣の話
f0203920_14241229.jpg
先週からもんぺもんぺと連呼しておりますが、なぜこのもんぺが素晴らしいのかは皆さん、ご存じないでしょう。まぁ、所謂、もんぺは履き心地もよく、農作業などにも最適だということは知っておられることでしょう。しかし、うなぎの寝床さんがもってきて下さったもんぺは久留米絣というのがさらに素晴らしいのです。今日は久留米絣(くるめがすり)の紹介をきちんとしたいと思います。
f0203920_14505911.jpg
久留米絣の伝統的な話はこちらの八女の手仕事(うなぎの寝床の白水さんの奥さまのWEBサイトです)が非常に詳しいので読んでいただくとして、この数週間で私が得て感じた情報をお伝えしたいと思います。

私は絣(かすり)がイマイチ何だかもわからず、九州に飛んで行ったわけですが、こちらの写真を見て下さい。模様がかすれて浮き出ています。これが絣です。笑。手織りでも機械織りでもこうやって柄が出るわけですが、どうしてそうなるのかさっぱりわからなかったんですが、白水さんと飲みながら教えてもらって漸く理解。これ、糸を染めてから織るんです!意味わかります?

まず織る柄を絵で書きます。そしたらその柄にはどうやって糸を渡したらそういう柄になるかがわかりますよね。それでその通りに糸を染めるのです。白く出すところを糸でくくって、染料が入らないようにして、染める。またそのくくった部分を他の色にしたかったら、一度解いて、それ以外の部分をくくって、また染める。糸を染める段階でもの凄く手間がかかります。驚きました。糸を先染めしてから織るから、ぴったりに柄が出るわけではなくかすれてくるわけです。そして、かすり。凄い。。。たまげました。
f0203920_1502283.jpg
こちらは縦かすり。縦にだけかすれています。だから、縦かすり。
f0203920_1511912.jpg
結局、先週、私の分と夫の分と2着購入しました。こちら購入してから3回洗ったもの。
f0203920_1574685.jpg
最初張りの強かった固めな生地がどんどん柔らかくなっています。これはハマります。着心地がとてもよいです。柔らかい生地というは少し不安もあると思うのです。ですが、やっぱり織が全然違うんだと思います。柔らかく、且つ、手ごたえがあるしっかりした肌触り。上質です。日本の織、凄いですね。
f0203920_14295766.jpg
先週、丸山さんが履いてくれたこちらはSサイズ8190円。工程知っていたら死ぬほど安いと思いました。大丈夫なんでしょうか?心配になります。日本の素晴らしい伝統産業、応援したい。
f0203920_14275787.jpg
わざおばさんも履いてみました。こちらもSサイズです。身長159cm。
f0203920_14253184.jpg
ロールアップしてワンピの下に合わせています。この着心地は危険です。このスタイルだと全く肌に衣服がまとわりつかないという際限がない状況になります。ですが、おすすめ。楽ー。極楽~。ファッションに我慢が必要だと!誰が言った?我慢する必要などないのだ。今我々に必要なモノは余裕!ゆとり!緩く生きろ!笑。
f0203920_14293940.jpg
さてさて、わざおじさん、初登場。うちの夫が履いているのがMサイズ。身長170cm。かっこいいでしょ?ちなみに豆知識です。この着ているシャツ、10年くらい前に私が誕生日に作ったのをプレゼントしたのなんですよ。最近、引っ張り出してよく着てくれます。嬉しいなー。また作りたいなー。
f0203920_14302575.jpg
今回入荷したもんぺは、昔のもんぺサイズと比べたらスリムですが、現代のパンツのサイズと比べたら比較的緩いサイズ感です。こちらの写真、丸山さんが来ているのは白水さんの私物のもんぺ。こちらは販売しているもんぺの型紙のスリムサイズで仕立てています。スリムがお好みの方は、自分で仕立ててみるのがよいと思います。今週、うなぎの寝床から来て下さる春口さんが反物を持ってきてくれます。久留米紬の反物なので一反売りだと高くなってしまいますが、是非見に来ていただければと思います。
f0203920_15231892.jpg
こちらはわざわざが仕入れてきた反物のハギレ。大体3m~6mくらいのもの。厳密に言うと絣ではありませんが、久留米絣を仕立てている工房から仕入れました。大体もんぺ一着で4.5m~5m程で使います。3mのものはハーフパンツかな。
f0203920_15243156.jpg
こちらは久留米絣の藍染手織りのクッション。これはかなりかわいいです。

ではでは、試着もできますので、お声掛けください。今週木曜日からまたお待ちしております!

----------------------------------------------------------
*ものづくり交換留学

<長野編>
期間:2012年 9月6・7・8日終了 / 9月13・14・15日
場所:わざわざ
住所:長野県東御市御牧原2887-1
時間:11:00 – 16:00
電話:0268-67-3135
URL:http://wazawazapn.exblog.jp/178370

Facebook---お店の情報をまとめています。入荷情報などはこちらから。
ツイッター---毎日くだらないことを幅広く呟いています。8割がた役にたちません。笑
[PR]
by wazawazapan | 2012-09-11 15:27 | ストーリーのあるモノたち


<< こんなサービスあったの知ってます? 交換留学前半戦終了、そして、後... >>