わたしのシュトレン
f0203920_2040855.jpg
焼いてから10日経過したシュトレンです。密封して保存しておいたため、肌がしっとりしています。
1,2mmにもスライスできるほどのしっとり感です。
3年目にしてやっと完成型に近づいてきたような気がしています。
自分で言うのもなんですが、はっきり言ってこれ以上私の味覚にフィットする
お菓子は今後作れないと思います。
1年の内の10ヶ月はゴウゴウと燃えたぎる炎の薪窯で、デカすぎるカンパーニュを
修行僧のようにひたすら焼き、年末の2ヶ月でその鬱憤を晴らすかのようにシュトレンを焼く、
今後はそんなスタンスでいい気がしてきました。
f0203920_20402150.jpg
具の入り方は微妙です。ドライフルーツがぎっちり詰まった的なインパクトもありません。
特に変わったドライフルーツが入っているわけでもなく、フツーです。
違うのは卵や砂糖やバターが入っていないということなのですが、
別にそんなことはどうでもいいんです。・・・・・旨い。これは旨いもんだ。
しかもパン屋的に旨いです。紛れもなくパン屋のお菓子だという点がひとつ、生地が非常に美味しい。
旨い旨い連呼しとりますが、これ、私の味覚にストライクの旨さですので
お口に合わなかった方もいるかもしれません。高い買い物させてごめんなさい。許してください。

蒸し焼きにした点、酵母や水分量の調節により、今年は食感に重点を置きました。
熟成の仕方もハンパないです。1週間後にさらに甘みが増してます。
来年は2本セット作ろうと思います。1本は開封厳禁にして、1本を食べている間に熟成を
はかる作戦です。今回もリピーターのお客様は複数本購入してくれる方がとても多かったです。
皆さん、よーくわかってるなぁ。。。
f0203920_2151666.jpg
お陰様で発送本数で既に200本超えました。宛名書きをしていると見覚えのある名前が沢山です。
あぁあの方も、あの方も、これまでに何度も何度も書いた名前がたくさん、たくさんさん。。。
私ができることといったら、ひとつの美味しいを届けること。
余計な口を聞かず、腕を振るえるような自信が早く欲しいです。
毎日毎日、焼く度不安です。本当に昨日と同じようにおいしいかな?

宛名を書きながら嬉しくて嬉しくて本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいになって、
手を止めることしばしばです。
自分がこの数年間、パン屋としてやってきた集大成なのかなと感じたり、
これから何十年もやってくにあたってのプロローグなのかと思ったり、
色んな思いが交錯します。ひとつ言える事は「ありがとう」

みなさんのお陰で毎日毎日パンを焼ける幸せを味わってます。
1年の感謝を込めて、皆さんにお届けしたいと思います。ありがとうございます。

来週で年内の発送はラストです。気を引き締めてがんばります。
今期シュトレンのご予約終了致しました。ありがとうございました
[PR]
by wazawazapan | 2011-12-18 21:20 | パン屋のお菓子


<< 100 さ、さみぃ~~~ >>