ニョッキ作ったよ。
娘と一緒にニョッキを作った。今晩は鮭を入れてニョッキを作るよと話しかけると、
鮭は焼いたほうが美味しいのでニョッキ?にはしないでほしいと言う。
ニョッキって何だか知ってるの?と聞くと知らないと言う。

昨日もそうだったのだ。今晩はごぼうのまぜご飯にするよと言うと、
白いご飯がいいと言う。混ぜご飯などおいしくないから白いご飯が食べたいと言う。
ウチはまぜご飯など殆どしないから喜ぶかと思って言ったのに、
どうしてそんなに嫌がるの?と聞けば、どうやら保育園で出たことがあってそのイメージで
美味しくないをインプットさせているようだ(失礼、保育園さま)。。

まぁ美味しいの作るから食べてよと言って無理やり作った混ぜご飯を、
娘は美味しいと言って3杯もお代わりしてくれてた。嬉しかった。

ニョッキは一緒につくろうと誘ってみる。茹でたてのじゃがいもを潰してくれている間に
ソースを作る。鮭と玉葱のクリームソース。へぇ~そうやって作るんだねなんて話しながら、
何だか美味しそうそのソースをじゃがいもにかけるの!?うん、そうだよ。

じゃがいもが潰し終わったところに卵を割り入れる。
ぐるぐる混ぜてね。うん!そこに小麦粉を入れるよ。さぁ、腕まくりしてコネコネしよう。
じゃあ長ーく伸ばしてね、カードで切って、沸騰したお湯で茹でよう。
ニョッキの工程はほとんど子供が中心で作れる優秀な料理だと実感。
浮いてきたニョッキをソースに絡めて出来上がり!

わぁー美味しそうだね、早く食べたいな。
うん、食べよう食べよう。おいしいねー。

これ、お弁当に入れていいかな?
ニョッキなんて名前かーかが勝手に付けてそんなの誰も知らないよと言う娘に、
これはイタリアの料理だからもしかしたら皆は知らないかもしれないけど、
本当にある料理なんだよと言う。えーイタリアって日本じゃないってこと??
そうだよ、長靴の形をしている国だよ。へぇーみんなに教えてあげようかなー。

娘は毎日知らないを知る。
それを見て知らないを知るってどんなに素敵なことだろうと思う。
私も知らないを知らないって言える大人でありたいもんです。

しかし、ニョッキってこんな作り方で合ってるのかな?
自分が作ったニョッキしか食べたことないから、ほんとの味はどんななんだろうと
いつも考えながら食べてるよ。。。
[PR]
by wazawazapan | 2011-11-22 05:35 | パン屋のたわいもない話


<< で、残りは わざわざのクリスマス >>