ロマネスコ
f0203920_22592846.jpg
今回の作品展中、戸津さんの作品で一番気に入っている器がこれです
鉄軸のしぶーい鈍り具合が絶妙でモロ好みでかっこいい。
しかも絶妙な厚みに挽かれていて、薄く、それでいて薄すぎず、安定感があります。
こういう器はほんと、わたし、好きですねー。
見ていて飽きない、使って飽きない最高な相棒になります。
残ったら全部かっさらう予定ですので、いいんですよ、、、。いいんですってば。。。

戸津さんはとっても優し~い、話していてほっこりする穏やかな男性なのですが、
とっても男らしい器を作られます。おぃっ、盛れっ!みたいな感じの器群です。
食器棚から時々呼ばれます。これに盛ってしまえ!って。

で、盛っているのは「ロマネスコ」というちょっと変わった野菜です。
ブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせで不思議な形をしています。
茹でてオリーブオイルとお塩パラリでシンプルにいただきまーす。
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-29 07:40 | パン屋のたわいもない話


<< ご結婚、おめでとうございます。 戸津圭一郎・阿部春弥 作品展、... >>