何となくブログを総括してみます。
このブログの過去ログを読んでいると最近何件かコメントをいただいたので、
ちらっと過去ログを読み返してみました。
・・・・・・お、お、おもしろいじゃないかぁ・・笑。←自分が書いてるんだから当たり前。
という冗談は抜きにして、久々に長文書きたくなりました。

気づいてらっしゃる方もいるかもしれません。
私、311以降にブログのスタンス、変えました。
あまり語りたくなくなったというのが正直な気持ちです。
しゃべってしゃべって書いて書いてというスタンスでやってきましたが、
何だか黙りたくなった。話すのが面倒になった。
写真でもはっつけて、そこから気持ちを汲んで欲しいと思ったのです。

文章を読んでるだけでヨダレが出そうとか、まるで旅に行ってきたみたいだという描写を
やってみたいと、ブログで試みていたことがありました。

タグのおいしい話というコーナーはそういうことを精力的にやろうと作ったカテゴリです。
鯛あらの湯豆腐は思い出が香り立つような昔の団欒をイメージしました。
自分でもよく当時の風景が書けていて、気に入っているエピソードの一つです。
ですが、写真をあえていれないと文章を練るのに時間が掛かり、途中から脱落してしまいました。
写真でごまかすカテゴリに今はなっていて、今は思い出話カテゴリがその後継者になってます。
必然の出会いは今読んでもまぁまぁ。赤いオーバーも当時の気持ちを思い出して割と好き。
自分好みの文章です。

さて、ブログの存在価値ですが、私の認識の一つに役立つ情報公開というのがあります。
自分のブログが検索でヒットして見知らぬ誰かの役に立つ、いいじゃないですか。
自分が以前から心がけている自然療法や食についての考え方、健康、パン作り、
簡単に試せて興味を持っている人が調べながら、たどり着いてくれたならと思いました。

油の話は以前から書きたかった調味料の選び方です。
他の調味料も同じことで、参考になると思います。現代の食の乱れを見ていると、
家庭の主婦にはこれくらいの知識は当たり前に持っていてほしいと願わずにいられません。
今の私が持っている知識を時間をかけてまとめました。

ストーリーのあるモノたちのカテゴリは、物を売る立場になった私が露骨に自分の店の商品を紹介する
ページです。思いをもって一つ一つの商品をチョイスしていることを知っていただきたくて、
どうしてそれを売りたいのか、その商品を買うことでお客様は誰を支えているのか、
日々繰り返される購買という行為の本質を知って欲しいと、暗に考え綴っています。
それをダイレクトに伝えようとしたのが、モノ買う人々、モノ売る人々です。
この文章は非常に舌足らずで未熟ですが、お金という価値観がオボロゲにわかり始めた
時期だったと思います。

御牧原散歩は写真をベースにしたカテゴリです。皆さんにこの地域の景色を
見せたいとはじめましたが、これからもっとたくさんのアルバムがここに
積み重ねられていくことでしょう。パンを通販で買ってくださる方に、私がどんなところで生活し、
パンを焼いているのか伝えたいと始めました。日常生活を垂れ流しに報告するのは
遠くのお客様にどんな人間がパンを焼いているかリアルに知っていただくためでもありました。

今、積極的に更新しているのがわざわざのお店物語です。
パン屋を移動販売から始めた時、既にこのカテゴリを想定して作っていたのですが、
パン屋の独立建物ができるまでがストーリーになって読めたら面白いなぁと考えていました。
移動販売の時は別のブログで綴っていたのですが、その内WEBサイトでまとめたいと思います。
ど素人のへなちょこパン屋格闘記みたいなものになって、パン屋を一人でやりたい人の
悪しき指針になってやろうとしたのです。

あぁ、何だかブログ思い出話になってますね。。。
読み返してたら、コンセプトにあった文章っていうものにまた向き合いたくなったんですけど、
何だかやっぱり今って自分の思いをストレートに語りたくない気もするし。

たぶん最後の長文は「目を開けろ、耳をふさぐな!」です。
大きな反響を頂き、震災後の不安な気持ちを皆さんと共有しました。
あれからたくさんのことを調べ、聞き、読み、いろんなことを考え、今があります。

食のこと、健康のこと、店のこと、考えてること、色々ありますが、まだ気が乗りません。

でも過去ログを読んでくださってホント嬉しいです。
また色々意欲を持って取り組む日がくるような気がしてきました。ありがとうございます。
[PR]
by wazawazapan | 2011-09-15 00:19 | パン屋のたわいもない話


<< 鬼のいぬ間に洗濯 涼しくなると恋しくなる >>