我輩は高所恐怖症である。
f0203920_1454206.jpg
先週で大工工事が終了して、今日より施主工事に入った。
今日はハフの塗りをコツコツやった。屋根の下の部分をハフというらしい。
大工用語は相当覚えてきた。根太、ハフ、モヤ・・・時々誰かに使いたくなる。
昨日も電気屋さんとどこに電気をつけるかと言う会話の中で、
むやみに「あの右側のモヤのとこに・・・」とか連発して楽しんだのだった。
そうすると、業者さんがこの小娘やるなって顔をする気がするんだけど気のせいかしら?

ハフは屋根の下に全部回してあるので、一番高い場所で4mくらいある。
実は私は、結構な高所恐怖症である。
小学生の時に滑り台の上から降りられず泣いた事もある。
ジェットコースターでは嘔吐、灯台に上ってみても外には出ない、
人が高いところに登っているのを見るだけで、足の裏に汗をかいてしまう。
スペインでガウディのサグラダ・ファミリアに行った時も、
お金がもったいないから見てるだけでいいと言って登らなかったのは、
本当はただ単に怖かったからであった。新婚当時、ケチだと思われるのは構わないが、
怖がりだとは思われたくないというのが、乙女心なのである。

原因は、回転するジャングルジムの一番上から、回転中に落っこちて
死にそうになったからだと思う。まぁ、簡単に言えば原因はお転婆だ。

3年前、自宅を建てた時に現場に頻繁に出入りしていたのだが、
2階に上がりたくとも階段は最後にかけるので上がれない。
大工さんの足場に登って2階に上がらないといけないのだが、それが結構な高さであった。
2階はどうなっているのだろうと持ち前の好奇心が疼きだして、登ってみたくてたまらない。
その時、好奇心が恐怖心に打ち勝ち、見事、高所恐怖症を克服したのだ。
それ以後、ありがたいことに、現場でのみ、高所恐怖症の兆候が出ない。
f0203920_1515768.jpg
つぅーことで、今日はハフの手が届くところは全部塗った。右端は夫に頼む。
あと窓枠も一つ塗った。くぅ~、今日は首が痛いのぉ。。(ずっと上を見て塗るから)
ハフ塗ったらちょっとかっこよくなった。
まだ途中で気に入ってないところがたくさんあるので、これからゆっくり調整します。
[PR]
by wazawazapan | 2011-08-29 15:18 | わざわざのお店物語


<< いつかのカンパーニュ お客様からのお問い合わせの件 >>