災害地用ロケスト
f0203920_9463912.jpg
島根のじいが送ってくれた災害地用ロケットストーブの試し炊きを中さん(仮)とした。
YUSHI CAFEさんの庭先をお借りして。(いつも無理を言ってすいませんっ。)

この災害地用ロケットストーブの説明を少ししたい。
ロケットストーブは完全燃焼ができるため、焚き付けの時以外は煙が殆どでない。
しかも燃焼効率がよいので小枝や竹などの小さな木でも本燃焼ができてしまう。
そして、この災害地用のロケストの最大の利点。
軽量化されているので、女性でも簡単に持ち運びができ、
被災地でも気軽に料理を楽しめ、かつ非常に重要な熱源となることができるのだ。
f0203920_9465689.jpg
私は島根で瓦のロケットストーブの威力を存分に味わってきたので、
最初火をつけて威力がもの足りないと思ったのだが、焚口に木を思い切り詰め、
さらに空気の取り入れ口を8割くらい塞ぐとかなり大きな炎をみることができた。
どうやら、空気の取り入れ口を最小限に抑えるとデカイ炎が見られるらしい。。
でもこの火の焚口のステンレス缶まっかっかになっちゃったけど大丈夫かな…
使い方、間違ってるかも。。ごめ~ん。

じいが作ったこのロケストをheeさんが被災地に直接、支援として運び入れる。
そんな輪の中に入るべく、うちのチャリティーBOXの基金を
このロケットストーブプロジェクトに寄付することにしました。
明日報告したいと思います(まだやってないので自分の尻に火をつけるべく書いてみる)

そして、このロケスト、非常に優れており、一家に一台あると楽しめます。
パンも焼ける、ピザも焼ける、ケーキも焼ける、料理も自由自在、野外キッチンを簡単に楽しめます。
これからワークショップを開催し、欲しい方には購入して頂けるような機会を設けていきます。
(これもまだ準備できてないので書いてみて自分を追い詰めてみる)
購入してくださった代金で次のロケストを作り、被災地支援に回していくサイクルです。

そんでそんで、このロケストが如何に優れているかを実証するべく
できる限り調理をこれでやってみて、ブログに載せてみたいと思います。
(これも一回もやってないので書いて自分にはっぱかけてみる…)

原発反対とデモするのも一つのやり方。
こうやって生活に火を取り入れ、エネルギーを自給自足して楽しむのも一つのやり方。

*災害地用ロケットストーブのあるべき場所(heeさん)
*じいはロケスト量産中(じいさん)
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-23 10:18 | パン屋のたわいもない話


<< 今までやらなかっただけか。。 わっぱ隊揃い踏み >>