わっぱ隊
f0203920_8113261.jpg
昨日から娘のお弁当生活が始まった。
1人だけを許可してくださった園の寛大な対応に感謝しています。
さて、さすがに地味弁を毎日持たせるわけにもいかず。
わりと彩り弁当というわけです。
お父さん的には棚からぼた餅状態であります。

蛙を見て、可愛いという子と気持ち悪くて怖いという子がいます。
福島第一原発の事故が収束しない様子を見ても、問題ないという人と問題があるという人がいます。
同じ物事を見ても、人によって様々な反応があります。

個を集めて和にしていく、そんな教育であって欲しいと願います。
[PR]
by wazawazapan | 2011-06-16 08:21 | パン屋のたわいもない話


<< フローズンヨーグルトで決まり。 空は相変わらず美しい。 >>