火でパンを焼けなかった話
f0203920_6335646.jpg
憧れのじいさんのロケットストーブを見よう見まねで作ってから早4週間。
あの地震からもう少しで1ヶ月が経ってしまう。

じいに教えてもらった福島で女性がロケットストーブを作って美味しそうに煮炊きしている様子を見て、
私もパンを焼きたい気持ちが高まった。こないだ畑仕事のついでにロケットストーブを
じいさまのアドバイスを元に少し改良しておいたので、
試しに火をつけてパンを焼いてみたのだが…

焚口を広くしてヒートライザーを上げた結果前回よりは火力が増している気がする。
風が強くて突風が吹くたびに火が巻いてしまい、あっちこっちに炎が揺れる。
火を起こすのはこないだより上手くなった。だけど、これ、ダメだな。
風どうこうじゃなくて構造がダメなのかもしれない。もう一回復習して作り直そう。
ゴッーという音がしてよい感じに炎が立ち上る瞬間もあるんだけど、いかんせん安定しない。

写真は、フライパンを載せる場所も上手く定まらなくて、結局正面にタイルを重ねて
ヒートライザーとタイルに橋渡しして焼こうとしている様子。

結局1時間しても上手く焼けずオーブンに放り込んでしまった。
イキナリ1キロ級のカンパはハードルが高かったかもしれない…
でも、楽しかった。火はいい。楽しいよ。
火の様子見ながら薪をくべてると心が落ち着く。あっという間に時間が経ってしまった。
火でパンを焼けなかった話。
[PR]
by wazawazapan | 2011-04-07 06:42 | パン屋の休日


<< パン屋が終えるとすぐにパンを焼... 最近の生活つれづれ >>