無償の人
がんばらないと共に、今年の目標がもうひとつ心の中にあったのが、それは"欲しがらない"
欲することをしないこと、ちょっぴり哲学的にも感じる物言いだが、考え方はとてもシンプル。
与えることを念頭に、自分では決して欲しがらないこと。
これができる人になりたい。そして、これは今後の人生の目標である。

人一倍わがままで自分勝手な私が、こういう心境にたどり着いていることを不思議に感じている。
自分のやりたいことをやりたいように生きてきて、段々と欲しがることに飽きがきた。
欲しい、欲しいと我を強調する生き方は、何にも面白くない。
自分が他人のためにしたことも、"他人のためにしたこと"と理解していることで、
いつかの見返りを期待するして生きることになる、全く持ってツマラナイ。
そんな期待をするから何もなかった時にがっかりが生まれてしまうんだ。

"欲しがらない"とがっかりもない上に、さらに幸運が訪れる。
人のためにするという意識を捨てて、本当に人のことを思いやったり、
家族や目標のために一生懸命動いているだけで、何かを与えたり与えてもらったりして、
いつの間にか幸せが生まれていることに時々気づく。

自然農で農業を営む小諸のMさんに始めて会った時は、もう5,6年前になるだろうか。
畑を手伝ったり、お昼を一緒にしたりする中で、こんなに年上の方が、
こんな私に敬意を持って接してくれていることに感動した。
小諸には仙人がいると夫に話したことをよく覚えている。
今でも時々行き来させてもらって、良い関係が続いている。

YUSHICAFEのYUSHIさんは同世代だが、とても同世代に思えない。
自分も相当心の中が老けてるって思っていたけれど、YUSHIさんはそれよりも大人だったりする。
いつもいつも助けてくれて、CAFEに通う人たちも皆YUSHIさんが好きで、
そういう風に何故皆が思うかって言ったら、彼もいつも皆に何かを与えるばかり。
発表の場を設けてくれる、販売の場を設けてくれる、おしゃべりに付き合ってくれる、
YUSHICAFEというスペースの中で皆の居場所を見つけてくれて、精一杯応援してくれる。
もしYUSHIさんに困ったことが起こったら、そこら中から皆が集まって、
全力で助けに行くと思う。そんくらい皆、彼には感謝が絶えないのだ。
私も店を運営する立場になってから、とても強い影響を受けた。
望月みたいな町に御牧もなっていくようにこれからも微力ながら努力したいと思う。

職人舘の北さん(北沢さんの愛称)の講演会に夫と行った。
北さんは望月の山の中に20年前にそばと創作料理の店を作った人。
時々、YUSHIさんのところでばったり会ってご挨拶をすることがある。
野山にあるものをできるだけ技を使わず、ありのまま食べてもらうのが北さんの料理。
夫が講演会が終わった時に、私に「〇ちゃんと同じこと言ってるね。」と言う。
「うん、そだね。自分が話しているかのようだったよ」と応える。
自然にあるがままの料理、地産地消、塩の大切さなど本当にいつも思っていることばかりで、
少し物足りなさも感じたのだったが、大きく頷きながらメモを取る人がとても多く、
意外に皆は知らないことだということに驚く。
そして、帰りの車の中でハッとしたのだった。

北さんが20年間やってくれたから、私の今があるんだ!と気づく。
20年前に初めた時に誰も人が来なくてバカにされて3年間地獄を見たと北さんが仰っていた。
今、私が30半ばでこのような考え方を形成しているというのは、
北さんのような先人が困難に立ち向かい、今まで続けてくれて、本を書き、講演をして、
がんばってきてくれたお陰なのだ。
情けない。講演会に行ってこの上、何かをもらおうとした自分にがっかりする。
あ~何とか気づけてよかった。北さん、本当に貴重なお話ありがとうございました。
これからは今まで北さん達がやってきたことを土台に、私にできることを
少しづつ力を尽くしていきたいと思います。

私の尊敬する人たちは、いつも笑顔で気さくでいつも同じ目線で接してくれます。
いつも何かをもらってばかりです。いつか恩返しをしたいといつも思います。
私もこういう人になりたいなぁと、常々思うようになっています。

パン屋を営業形態を今年大幅に転換していく予定です。
欲しがらないこと、念頭におきながら地道にやっていきたいです。
北さんの講演を聞いて3年間地獄を見る決心つきました。
これからもよろしくお願いいたしますっ!

"欲しがらない"

*自分に返ってくることを求めて何かをしない。
*いつも感謝をする。
*相手に自分を求めない。自分の要求を押し付けない。
*いつも受け入れる。
*追わない。
*流れる。

------------------------------------------------

いつもコメントありがとうございます!
楽しく拝見しています。コメントお返事、記事投稿とも遅れがちになっていますが、
少しづつお返事していきますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by wazawazapan | 2011-03-05 08:55 | パン屋のたわいもない話


<< 編み物事情2011 パン屋の一日 >>