森のホットケーキ
f0203920_9414910.jpg

うちのホットケーキはね、森のホットケーキって言うんです。
もう結婚した当初からずっとそうやって呼んでいるんですけど、
名前に形容詞をくっつけて呼ぶのが大好きなんです。
例えばご飯みたいなカンパーニュなんてそんな名前です。

"森の"は形容詞ではありませんが、何か想像させるそんな気持ちの
形容詞的形容ということでよろしくお願いいたします。

さて、先日作り方を書くとお約束したのにすっかり忘れていました。
昨日の朝はまた森のホットケーキでしたので、焼いてる最中に気づいて慌てて
ブログに書き留めました。鉄のフライパンをしっかり熱して焼いてくださいね。
森たる所以が鉄から出てきますが、テフロンしかない人は鉄の気持ちを持ってお願いします。

+森のホットケーキ17cm厚み2cm 4枚分(多いので半分でトライしてくださいね)
 粉(地粉シラネ) 400g
 牛乳 400g
 卵 2個
 洗双糖 30g
 B.P 15g

*牛乳以外全部合わせてぐるぐるして、牛乳注ぎながらぐるぐる。完璧に混ざったらOK
*フライパンはカンカンに熱する。あの菜種油をウエスでフライパンにこすり付ける。
*フライパンの火を消す。(ここポイント~。キレイに焼き色つきます。)
*生地をお玉2杯落とす。
*フライパンの火をごく弱火でつけ、蓋をして焼く。
*表面にプツプツ穴があいてきたらひっくりかえして、もう片方を焼く。

テフロンのフライパンはカンカンに熱することはできませんのでご注意を。
生地に甘さはほとんどありません。ほんのりです。
発酵バターと太田さんの蜂蜜またはメープルシロップをかけて召し上がれ。
それでお供は農薬を使わず育てた紅茶を濃い目で入れてお願いします。

鉄のフライパンマニアの話はこちらです。まだの方は是非ご覧下さい。


PS
先日のCAMBROのオンラインショップでの取り扱いが始まりました。
皆様のご利用をお待ちしております。
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-07 09:40 | パン屋のたわいもない話


<< 油の話2 今日もありがとうございました! >>