決まりきったルーティン
時計はもう14時を指そうとしているのに、その日は何故か全く食欲がなかった。
交差点を後2回曲がればお店に着くというところだったが、迷いに迷った挙句、
曲がるのをやめてしまったのだった。真っ直ぐ道なりに車を走らせながら考えていると、
決まりきったルーティンを自分から崩すモヤモヤに頭が支配されてしまい、
踵を返していつもの店に向かったのだった。

刀屋に着くと、適当に相席して、コートを脱ぎながら「かけ一つ」と言う。
おばちゃんが「ハイ」と言う。手を洗ってカバンから読みかけの本を取り出して、
2ページもいくと、コトリと目の前にかけそばがくるのだ。素晴らしく早い。

テレビでは、多分12時台の朝の連続テレビ小説からの流れなのだろう。
チャンネルがNHKに合わさったまま惰性で国会中継が流れている。
このそば屋の中の誰が国会中継を楽しみにしているというのだと、
頭の中で考えながら厨房に目線を移すと、おばちゃん達は、注文のそばを全て出し終えた
リラックス感いっぱいで、歯に野沢菜が詰まったから取ろうとしたら
金属が取れちゃったで、まぁ大変という話。
クックックと肩で笑ってしまうのを堪えながら、そばをズルズルと流し込むのだ。
横のおじさんが「大盛り一つ」「1kgありますが大丈夫ですか?」「多分大丈夫」
そんな会話を聞きながら、また啜る。その内、1kgの蕎麦が運ばれてきて、
店内の観光客がどよめく。常連は見向きもしない。
そんなこんなで丼いっぱいの蕎麦も残りわずか。
それで、あぁ、やっぱり寄ってよかったなぁと思う。
おいしかった、ご馳走さま。

長野に引っ越してきてから蕎麦屋を散々食べ歩く。
やれ、ここが旨いだの何だの散々やった挙句に、結局、普段着のそばが好きになった。
別にそばを高尚な食べ物に持っていかなくていい。600円くらいで具も何にもいらないから
ズルズルっと食べさせてくれればいいと、上田の刀屋とか東御の草笛でよくなってしまった。
食べ終わった後、あぁおいしかった、それでいい。気取りも何にもない。
ここ3年くらいは夏でも冬でも「かけ」ばかり食べている。
「もり」と「かけ」のサイクルがあって、長野に来て5年くらいは「もり」しか
食べなかったけど、今は「かけ」を3年。
ちなみに「ざる」はもりに海苔がかかっている。海苔で50円プラスだから贅沢品だ。
あと2年でもりに戻るのかはわからないが、ざるを頼むことはないと断言できるのだ。

私には1ヶ月に1回とっておきの日があって、その日は一人で上田に行く。
去年、松本クラフトフェアに出店した後に、どうしても疲れが抜けなくて
疲労困憊のまま営業を続けていた時に、東洋医学を取り入れたマッサージ店を
開いている方がお店にパンを買いに来た。彼女がそんな店をやっていると
名刺を置いていってくれた数時間後に予約を取って、それから気に入って
月1回通うこと早10ヶ月。毎月このルーティンを楽しみにしているのだ。

11時に彼女の店に到着し、施術を受けて店を出るのは13時過ぎ。
マッサージ+蕎麦は絶対必須のアイテムで、それに何かを時々くっ付ける。
飯島商店で三宝柑ゼリーを買って帰ったり、ジャスコで本を立ち読みしたり、
真田屋で染付けの器を散々吟味したり、時々ルヴァンでパンを買ったり。
そうやって遊んで帰ってくると大体15時くらいに家に着いて、
ちょろっと仕事をしてからお迎えというのが決まりきったルーティンというわけである。

※彼女の店
 興味のある方は店頭でお聞きください。ご紹介いたします。
 とても素晴らしい店ですので是非。
[PR]
by wazawazapan | 2011-02-02 09:42 | パン屋のたわいもない話


<< メールについて 深夜番組でダラダラ通販やってる... >>