daikon fever.
f0203920_14343752.jpg

昨日の大根を洗ったらこんなになったんです。
洗うだけで1時間ほどかかって、こういう作業を農家さんは毎日していらっしゃるんだなと
思ったら、涙が出てきそうになりましたが、ぐっと堪えました。

それで、大根にまつわる話を考えながら洗ってたんですけど、
大根役者とか大根足とかそんなことしか思いつかず、部屋に戻って、
大根ってあんまりいい意味で使われてないのはどうしてだろうと調べてみたら、
数十分経過していて、あぁ、私はこの貴重な時間をさらに大根に費やしてしまうのだ、
と慌ててブラウザの小窓を閉じました。

結局、なぜ世間的に大根が卑下されてしまうのかはよくわからなかったのですが、
たわしで泥を落としながら水で洗い流すと、それはそれは真っ白な大根が目に眩しくて、
この際、大根足って言われてもよしとしようと思いました。大根足はきれいです。
これだけの大根を洗った私が言うのですから、間違いありません。
みんな、大丈夫!自信もって!Yes,we can!

f0203920_14285574.jpg

こないだの柿の要領で干していったのですが、お正月のしめ縄のように、
竹がしなってしまいます。縁側に出た途端、頭に大根が落ちてきて死傷なんていう
ニュースはまっぴらごめんです。
f0203920_14291516.jpg

それで、残りはこんな感じ干してみました。この子達はたくあんになるんです。
f0203920_14472450.jpg

ハイ、これなーんだ?
ご存知、正解は大根です。恒例のシルエットクイズですよ。
干し柿は無事完成して、藁にくるまって眠っていますが、時々起こして食べてしまいます。
来年のパンの材料になるかどうかのところです、どうしようかな。
f0203920_14235047.jpg

随分たくさん干した気がしましたが、それでもまだこんなにあるんです。
長くなるので写真を小さくします。
f0203920_14351814.jpg

とりあえず葉を落としてみます。
f0203920_14355981.jpg

やっと家の中に入れました。お帰りなさい。
f0203920_14384436.jpg

色々考えてこんな風にカットしてみました。
浅漬け2種、漬物1種、今晩のおかずはふろふき大根に決まりです。
f0203920_14395832.jpg

漬物はお砂糖を使わず甘い漬物を作りたいと思ったので、こちらを参考にして、
べったら漬けを作ってみることにしました。
塩分はしょっぱいのが苦手なので5%に減らして下漬けしましたが、どうなることでしょう。
f0203920_14425033.jpg

しばらくの間、おやすみなさい。続きは来週になると思います。
f0203920_1442853.jpg

浅漬けはさっぱりしょうゆ漬けと梅酢漬けです。
これはずっとウチの定番なのでおいしいに決まっています。
(どちらも塩をまぶして置いておいて、水が上がってきた後に、水を抜いて自家製梅酢をドボドボ&
 おいしいお酢とおいしいしょうゆをドボドボ入れて置いておくだけ。勝手にできます。)

あと少し残った大根はとりあえず新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れました。
大根葉の処理が残っていますが、少々疲れました。お迎えから帰ってきたらやりましょうね。
大根を頂いたお礼はやはりパンでお返ししようと思います。
田舎暮らしならではの豪快なおすそ分けに感謝しなければなりません。
ありがとうございます、ありがとうございます。
[PR]
by wazawazapan | 2010-12-21 07:58 | パン屋のたわいもない話


<< 3色弁当 心の栄養だと言うから嬉しいじゃない。 >>