子供と一緒に遊ぶ話
前のブログにこんな話をしていたのだけど、未だに子供の目線に立てないと思っていたら、
子供が大人の目線に立ってきた。凄い成長の早さだ。大人が楽しめる遊びについて
きてくれるようになってきて、一緒に遊ぶのが大分楽しくなってきた。

さて、今日は親ばかの話ですが、お時間がありましたら聞いてください。

去年のクリスマスプレゼントは「ノンタンのかるた」。
娘たっての希望でサンタさんからプレゼントされたのだが、これは本当によいプレゼントだった。
未だ飽きずに時々遊んでいる。家族全員がほぼ暗記してしまったので、争奪戦になるのだが、
誰も容赦しないので、必ず娘が怒ってお開きになる。
うちの父が死ぬ間際に娘とこのカルタをやって、散々に負けていたのが懐かしい思い出だ。
酔っ払ったじいちゃんになら4歳の圧勝である。

ちなみに今年の娘のクリスマスプレゼントは「動かない、お風呂のアヒル」だそうだ。
自分で動かすので、ゼンマイで動くやつはダメらしい。全くサンタ孝行な娘だ。

トランプの神経衰弱での子供の力は凄い。もう少しで負けそう。最近は競る。
親の威信にかけて、まだ負けられん。

料理はかなりうまくなってきた。
2才の誕生日に包丁をプレゼントしたのだが、それを使ってよくお手伝いしてくれる。
お手伝いというか娘の中では、完全にごっこ遊びなのだが、最近は本当に助かる。
ジャガイモを持ってきて、たわしで洗っておいてください。はいっ!
青菜を洗ってこれくらいに切っておいてください。はいっ!
おもち焼いておいてください。はいっ!
えらい、えらい。

もうちょっとしたら、何かの一通りの作り方教えてあげようかなぁ。
今は料理の一部のお手伝いが多いから、一人で全部何か作れたらきっと嬉しいだろうなぁ。

4歳の娘の目下の感心ごとはプリキュアだ。
プリキュアって何ぞや?と無視を決め込んでいたのだが、七夕の短冊に娘が大人になったら
プリキュアになると書いたらしく(先生代筆)、一度も見せたことのないプリキュアに
そんなに夢中になるのかと驚く。しょうがないと一度家族で日曜にプリキュアを鑑賞する。
まぁアレだ、キャンディキャンディとか、キューティーハニーみたいなもんだ。
時代は違うがやってることは同じだ。しょうがない、認めてやるか。

で、描く。貰ったシールとかに描いてあるキャラクターをとにかく描く。
グッズを買ってやる気は1mmもない。
f0203920_1319856.jpg

描いたら、娘が塗って切り出した。今度、これを厚紙に貼ってお面にする約束をした。
キュアムーンライトは書き直しなんだって、お面にするには小さいから。
お面は家族分3つ作って(夫込)、プリキュアごっこやるんだって。
しょうがない、1回だけだぞ。(でも、何だか楽しくなってきた)

f0203920_13222293.jpg

しりとりなんかもできるようになってきた。絵本を自分で読みたいのか平仮名に
興味を持ち出してきたので、二人でしりとりしながらこんなのをたくさん作る。
しりとりは娘作なので「ズボンがぬげる」とかメチャクチャで結構ラブリー。
プリキュアの絵は見ながら描くから結構上手にかけたけど、私なんて見なきゃこんなもん。
へったくそだけど随分喜んで、時々引っ張り出してはやってくれるので嬉しい。

f0203920_13264722.jpg

昨日の夜は家族3人でクリスマスの準備。ケーキに立てる旗を作る。
よーし、風呂はいる前に作るぞー!と母さんの一言で折り紙を持って集合。
さすが、マメ家族。全員細かい作業大好きね、黙々とやる。
誰がどれを作ったかは内緒ね。結構みんな上手に作ったよ。
ケーキ作るの、楽しみだねぇ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-12-08 09:27 | パン屋のたわいもない話


<< 一人で地味に作ってます 白はやっぱりいいと思う。 >>