秋はやっぱり読書がいいです。
f0203920_12582221.jpg

忙しくて自分の時間がなくなってくると、本が恋しくなる。
というほど忙しくもないのですが、自営業ですので時間のやりくりはできるのです。
時々、間違えてスケジュールをキツキツにしてしまい、
こりゃいかんと空き時間を作るように心がけます。

保健所の衛生講習会に出るついでに図書館に寄り、
「盗まれたフェルメール 朽木ゆり子著」に惹きつけられて借りてきました。
そして、思い出したのが真ん中のブルータスは1996年8月、9月の合併号です。
当時20歳だった私は東京の本屋に積まれたこの雑誌に衝撃を受けました。
表紙の女の子の美しさに息を飲んだのです。

中身を確認するまでもなく、レジに走り購入した時、フェルメールが何者なのかも
全く知らず、ただただ女の子の絵を見つめていたい一心でした。
雑誌を読みすすめるにしたがって、読み応えのある特集内容に感嘆し、
ブルータスの編集部にフェルメールに出会えたことの感謝の手紙を綴りましたが…。

当時、私は雑誌の編集部でアルバイトしていたのですが、
上司の編集者に、雑誌に感動して手紙を書いたが送ったら迷惑か?と
手紙を見せて相談すると、こんな手紙を送られたら本当に嬉しいから是非送りなさい!と
めちゃめちゃ誉められた事に逆に恥ずかしくなってしまい、送ることができませんでした。

もう一度、本屋に行き、ブルータスをもう一冊買いました。
1つは見る用、1つは保存用とし、1冊に出せなかった手紙を挟んだはずです。
今調べてみると、手元に1冊しかありません。多分誰かに酔っ払ってあげちゃったんだと思います。
熱の篭った手紙が挟まれていて、ビックリしたと思いますが、誰にあげたか覚えてないので
知らないことにします。

本当は画集が欲しかったのです。渋谷のパルコブックセンターを何度もウロチョロしましたが、
欲しいものは高価で、若い私には手が届きません。ブルータス2冊で我慢です。
左の簡易的な画集は後々買ったものです。TASCHENの画集は安価で適度に優れています。
名画をこの値段で身近に置いておけるなんて本当に嬉しいです。
(美術館で本物を見たとき、タッチや書き込みの繊細さに驚きました。
TASCHENの画集ではその繊細なタッチを見ることはできませんが、十分です。
訳も物凄い直訳で非常に読みにくいですが、まぁこの値段です、十分です。)

そして、毎日、真珠の女の子を見つめていたいという思いから、
洋服作りに使っていたトルソーをキャンパスに女の子を模写しました。
キャンバスを買ってくるという行為が思い浮かばず、キャンバス地が張ってある
トルソーに目がいったのですが、凹凸があるため想像以上に難しかったです。
時間を見つけてはトルソーに絵の具を重ねていきました。
何ヶ月もその作業を続ける後、あまりの下手さに顔もみたくないと、
トルソーにカッターで四角く穴を開けて、電球を入れ、シェードランプに改造しました。
明かりをつけると、浮き上がるド下手な女の子、これはシュールどころの騒ぎでは
ありません、恐怖です。

後日、やっぱり嫌になって粗大ゴミ置き場に捨てにいきましたが、夜、このトルソーに
出会ったら不運としか言いようがありません。ひ、ひぃ~~~!!だと思います。
どなたか知る由もございませんが、その節は変なゴミを捨てて、大変驚かせたことと思います。
心よりお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

さておき、フェルメールは1600年代に活躍したオランダ人の画家です。
現存する絵画が30数枚と言われており(数枚というのは研究者の中でも意見が食い違って
います。贋作・模倣の非常に多い画家でした)、非常に希少価値が高いのです。
そのフェルメールの絵が過去に5回盗難に合い、その内4回は見つかり、
アメリカのガードナー美術館から盗まれた「合奏」という絵は、未だ見つかっていません。
そのフェルメールの盗難時の状況などを詳しく解説した本が上記です。

ブルータスがフェルメールの特集を組んだ以降、日本に私の知る限り3回フェルメールの絵が
上陸しています。1回目はわりと空いていてゆっくり見れました、物凄く印象に残ってます。
2回目は死ぬほどの混雑で人の頭の上から絵を見たんだか見てないんだかでした。
3回目は2回目のことがチラついて行きませんでした。
いつか、常設展示してある海外の美術館に行ってゆっくり鑑賞してみたいものです。
小さな夢がまた一つ増えました。

秋の夜長の読書話にお付き合いいただきありがとうございました。
ここからはCMです。

f0203920_12584669.jpgしおりが読書をする時に必要なものだとは、今まで感じていなかったのです。単行本の表紙でクルッとしてしまえばそれで事足りていましたが、図書館で本を借りるようになって8年、どうやっても不自由でついにしおりをスタンバイしてみました。これは!という驚きです、便利です。


わざわざで取り扱っています。木のしおり(syuroさんの)1,890-
[PR]
by wazawazapan | 2010-10-21 07:57 | パン屋の休日


<< 地味弁もとい素朴弁 5分で弁当 >>