はんぶん、夢が叶った話
f0203920_747578.jpg

家の設計段階から自転車が欲しくなり、あれからもう3年以上が経ってしまった。
御牧原の大地には魅力的な小道がたくさんあり、車では入れないような場所がいたる所にある。
この景色の中を自転車で風を切って走ることができたらどんなに素晴らしいだろうと、
夫に何度も相談するも、「坂、どうするの?」となり、起伏の激しい地形と
山の天辺から下ったらもう終わりという悲しい結末に辿り着き、買うに至らない。
ことある毎に自転車が欲しいと話しているので、夫はもう買いたければ好きにすればいいと
言ってくれるのだが、自分自身も、もしかしたら坂にぶち当たって挫折するかもしれないという
思いが交錯し、なかなか踏ん切りがつかなくなってしまった。

そんな折、地区の公民館での懇親会で、区長さんが電動自転車に乗っているという話になり、
「電動自転車に乗ってみたいなぁ」という夫の発言をしっかり覚えていた区長さんが、軽トラで
自転車を運んできてくれる事件があった。

夫はササッ~と家の周辺を流して、これなら欲しいなぁなんて言っている。
翌日、私はウエストポーチに飲み物とスコーン、カメラ、タオル、小銭を詰め込み、
ヘルメットを被った娘をおんぶ紐で背中に装着し、完全武装で坂を攻めることにした。
目指すはあの千曲ビューラインのお椀型の坂だ!いくぞーエイエイオー!!

入ってみたかった小道を走ってみたり、公園に寄ったりしながら、恐る恐る坂を上ったり下ったり。
平地は電源を切って自力で走り、上り坂では電動アシストを使う。割とスムーズにギアチェンジも
できます、なかなかいい。最後に比較的きつい坂にも挑戦してみたのだが、電動アシストで
立ち漕ぎになってしまう、かなりキツイ。電動自転車でこれかあ~。
背中の娘のエールを胸に走ること1時間。
娘もかなり喜んで、「大人って坂を上れるんだね!」「大人って砂利道も走れるんだね!」
「風がお口にいっぱい入っておいしいね!」と感動していたようです。
かなり充実のサイクリングでした。

家に帰ってきてから買う気満々でネットで自転車の物色。電動自転車っていくらするんだろう?
・・・・・・うわぁー!!じゅ、じゅうまんえんっ!!・・・・・無理、じぇぇっったい、無理!
4万のクロスバイクで3年以上も迷ってるんですよ、じゅうまんえんの自転車なんて、
なんねん迷えばいいんですのっ。

はぁ~。。。自転車、いつになったら買えるんでしょうね。
何だか、ぐぅーんとハードル上がっちゃいましたよ。
[PR]
by wazawazapan | 2010-09-13 08:37 | パン屋の休日


<< お椀を走る。 ちゃんと焼けるかなぁ。。 >>