off →→→ on
f0203920_17171237.jpg
(ノノクラフトさんの草木染のストール)

小麦粉だのドライフルーツだのがドサッと配達されてきて、
朝から納品の方々が来て下さったり、急にパン屋始まるぞーっていう雰囲気になってきました。

ここ一年の営業で色々なことを学んだ中で、一つできた指針がありました。
東京の文化や都会の文化を田舎に持ってきて紹介するという一つの形を
色々な場所で見たことで、もうこれはいいかなぁという気持ちが心に広がっていきました。
東京に行っても、田舎に行っても、洒落たような店でどこでも同じようなモノが売ってます。
確かにそれも楽しいのですが、何だかお腹いっぱいです。

地方のものを外に向けて紹介したいという気持ちが強まっていきます。
と同時に、好きなものや愛用品は相変わらず並べようと思いました。
今のところ、土着した商店になる方向でなんて、
敷居のモノスゴイ低い店にしたいと思ってます。
パンがあったり、雑貨があったり、食品があったり、器があったり、
山の上にあったらいいのにな。のもの、好きなもの、集めていきたいと思います。

さてさて、入荷商品をちょこっとご紹介しましょう!

写真のストール、今までのわざわざになかった色合いです。
どう、素敵でしょう?

軽井沢で織りと染めを中心に活動しているノノクラフトさんの作品です。
今までお客様がノノさんのことをお話されているのを聞いたり、
麦小舎さんのマルシェに出店した際、少しだけお会いしたり、
松本クラフトフェアではお互い出店していたのですが、
なかなかちゃんとお会いすることができず、何度もニアミス。
作品を見てみたいと思っていた方でした。
やっと個展に行くことができ、お話し、是非にとお願いしたのですが、
ノノさんの雰囲気そのままのやわらかい作品たちがわざわざに初登場!です。

シルクや綿・麻やウールなどの自然素材の布を、様々な草木で染めて衣服を作ったり、
または羊毛を紡いだり、バックや小物を製作したり、布に関わる全てのことが好きだと
おっしゃっていましたが、作品の幅が広く、見ていてウキウキしてきます。
わざわざでは小物中心の品揃えですが、染物からフェルトのアクセサリーまで多種揃いました。
先日、私はざくろ染めの綿麻ストールをひとつ購入したのですが、
日差しを柔らかく遮って、風通しもよく、柔らかいその肌触りに、
もう、バックに常にinなのであります。

明日からも入荷商品、タタッッと紹介していきます。
オンラインショップ再開は明日の晩になりそうです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by wazawazapan | 2010-08-31 17:51 | ストーリーのあるモノたち


<< 当パン屋について 来週がオープンなんですけど。 >>