じゃあノートには何を書いてるの?
f0203920_8345236.jpg


昨日の話の続きですが、ノートにはこんなの書いてます。
夜な夜なスケッチといいますか、ここ数ヶ月、食べたものを絵でノートに書くという行為を
習慣づけるようにしていたのですが(何故そんなことを習慣付けるようにしているのか
ということに関してはいずれ機会があれば…)、それが割と楽しいものですから、
段々と身の回りのモノをということで、スケッチしたりします。

ポリシーは服作りと同じく、一発勝負。
ボールペンか万年筆で下書きなしでいきなり本番です。
いかに短い時間でそれなりに描きあげるかに執念を燃やしております。
これも大体10分~15分くらいで描いてます。

と、大したこともない絵の話は置いておいて、

このノートが素晴らしくよいのです。
わざわざでも多種取り扱っている東京の下町のsyuroさん。
モノがたりのある、モノづくりをコンセプトに様々な商品を生み出しています。
うちの定番商品の茶筒や四角いブリキの箱など、シンプルでかつ魅力的なモノづくりを
されている大好きな会社のひとつです。

で、そのsyuroさんのこの「オニオンスキンノート」なのですが、
その名の通り玉ねぎの皮のように薄いのです。
薄いのですが、これだけ万年筆で書き込んでも下の紙に色移りしません。
インクが滲みもせず、非常に描き心地がよいのです。
あとは、ガバッと大きくきれいにページが開くのがいいです。
それでページが解れてこないというもの大事なポイントです。
ヘタクソな絵も何だか様になるのはこのノートのお陰!に違いないのです。
(在庫ありますー。気に入ったので今度から定番で置こうと思ってます。)

あっそうそう、こないだの旅行記の食べ物メモもこのノートに描いたものです。
お気楽なメモだったり、絵みたいなもんが描きこんであったり、
そんなのが代わる代わるに出てきて素敵なノートになったらいいと思います。
[PR]
by wazawazapan | 2010-08-27 07:41 | パン屋のたわいもない話


<< 来週がオープンなんですけど。 物語の始まり >>