テクスチャ
「この人の器を何枚売ったかわからない」と言ったのはべにやのご主人で、
私が白磁の7寸皿をまとめ買いした時にご主人がこう呟いたのだった。

私は角さんの器をこれから何枚売ることができるだろうか?と時々思う。
べにやのご主人が遠くを見ながら昔を懐かしみ、買っていったお客様のことを思い出したように、
私にとって角さんの器を売ることが何か特別なことになっていくような気がしている。
これから何年もの積み重ねの中で、素晴らしい出会いを皆さんにお裾分けできたらと思う。

角さんの工房にまた器を取りに行く。
取り留めのない器話の中で、色々なことを教えてもらい、
自分が何故角さんの器に心惹かれるのか、ぼやけていた景色がくっきりしていくように、
会話を重ねるうちに謎が解けていく。それが楽しくて楽しくて、また好きになる。

角さんは御牧原の粘土と信楽の土を混ぜて土を作る。
ざぶんと釉薬をかけたシンプルな器の中に表情があるのは、その土作りのお陰なのだ。
(もちろん、角さんが生み出すフォルムや熟練の技があるという大前提で)
鉄分が豊富で様々な成分が混在する御牧の土が、釉薬と反応し独特の表情を生む。

赤土で白い器を作るにはたくさんの困難があるだろうが、
それを逆手にとって微塵にも感じさせないその作品。

f0203920_14285125.jpg

白化粧の上に銀

f0203920_14311052.jpg

白化粧に呉須のライン

f0203920_14323447.jpg

白化粧に御牧の土を混ぜたもの+繊細な図柄

角さんの器は今出来たばかりなのに、新しいのにアンティークのような雰囲気ですね。と言うと、
そう!そう!私それ狙ってるのよ。と角さんは言った。

質感とデザイン、信じられない薄さ・軽さ。
そして日常使いに相応しい頑丈さ。
高い?イヤイヤ、安すぎますよ。
一つでも手にしてみることをお勧めします。
価値観の変化が自分の中で起こるでしょう。

手にした瞬間に想像したより軽い、その"想像したより軽い"感じを大事にしたいと
角さんは言います。そういう軽さが心のゆとりや余裕になったり、
自分を豊かにしてくれるような気がするとおっしゃっていました。

そうですね、使うたびにその軽さからゆとりを与えられている気がします。
数分のお茶の時間で心が休まることを感じているのは、私だけではない気がします。
最近は、夫や娘も器の楽しみを感じてくれるようになりました。

毎回毎回、角さんは私に色々なことを教えてくださいます。
またそんなこと、皆さんにお伝えできればと思います。

新しい作品、入荷しています。
セールと同時にお楽しみください。
(角さんの無地皿シリーズの一部がセール対象になっています。
残り少なくなってきました、お早めにどうぞ。)

---------------------------------------------------------

+新商品入荷情報

ブリキ茶筒小、ブリキ四角缶大、本皮財布、ノートなど
角りわ子さんのポット、器など各種
[PR]
by wazawazapan | 2010-07-08 07:23 | ストーリーのあるモノたち


<< 小麦粉のこと オンラインショップsale始まります >>