初めての田植え
生きていると驚くことばかりなのだが、以前話した自然農のMさんの元で研修中の方が
ウチの隣に偶然引っ越してきたのには本当にタマゲタ。

早起きした時に借りられるようになった田んぼは3区画あって、
人力でやるのは少々荷が重過ぎるくらいの広さで、自分でやるにも限界があるとお隣さんを誘う。
貸主さんにお隣さんを紹介し、お隣さんが今年から田んぼをやるということになり、
めでたしめでたしだが、さぁ、人力です、これは凄いことです。

5月は松本の準備で全く手伝うことができなかったのだが、
今日少しだけ田植えを手伝ってきた。

Mさんのところで農業を学んでいる方だから、もちろん不耕起、耕さない。
耕していない田んぼに苗を植えていくので、手で泥を掻き分けて均しながら苗を植えつけて
いくのだが、まぁ普通の田植えもやったことがないし、楽しみながらやってくださいといわれた瞬間に、
これは楽しめませんと断言してしまう(苦笑)

2時間くらいやって少し休んでまた2時間。
やっとやっと2/3まで進んだところで今日はおしまい。

適当に遅めの昼を済ませると布団に直行、バタンキュー。
保育園の迎えの時間まで昼寝をし、迎えがてら直売所へ。

何となく今日は和食の気分です。
田植えですがすがしい気持ちになり、大量の山蕗など買い込み、田舎らしい夕食を食べることに。
蕗の皮をひたすら剥くこと小一時間。山蕗の炊いたのとなめこ汁、冷奴、カブの漬物。

あ~おいしい。
あ~働いた。
疲れと充足感が交差します。
明日もがんばるぞ~。

残りの田んぼですか?
小麦作りたいと思ってます。
どうなることやら。また報告しますからお楽しみに。

しかし、昔の人は凄いですね。尊敬しながら田植えしました。
[PR]
by wazawazapan | 2010-06-08 19:38 | パン屋の休日


<< パンは焼けてもやっぱケーキは焼けん 青菜のこと >>