一番大きなカンパーニュ
f0203920_740369.jpg


左・生地量1.5kg、右0.9kg。
とてつもなくデカイ。

昨日からクラフトフェアに向けて怒涛のパン焼きに入った。
昨晩から焼いているのだが、もう寝るのやめようと思う。
あと2日しかないのに小麦粉が全然減らないし、
人間って小さいなぁとつくづく思った。
手で捏ねて発酵させて成形して焼いてをエンドレスに続けていると、
オーブンの隙間がなくなるから、休みたくない。
オーブンはなるべく途切れなく回し続けたいから、できるだけがんばる。
焼いてる間にタイマーをかけてソファーで仮眠。
青山を思い出すなぁ…懐かしいなぁ。。

これだけ作っているとミスもするもので、
食パン生地のダメなのを丸めてデッカイカンパーニュにした。
生地量1kg越えのパンは初めてで、やってみたいことの一つだった。
内相がきめ細かくなってしっとりしっとりでおいしい。
家族3人で朝晩で0.9kgの1つペロリ。

いつか大きな釜を持ったら、絶対大きいカンパーニュ焼こうと思った。
[PR]
by wazawazapan | 2010-05-27 10:11 | パン屋のたわいもない話


<< 振り返る いちじくとカレンツ >>