コトハジメ
毎年恒例の初詣の時、お義父さんがここでお正月のお酒を買っていこうと
境内で出張販売していた酒蔵さんのお酒を選んでいた。
ここの酒蔵結構おいしいんだよなんて、お義父さんの言葉を聞きながら、
じゃあ私も顔につけるの買おうかなぁ~と言うと、お義父さんが驚いて「何で?」

化粧水の代わりに純米酒を顔につけてると言うと、へぇー飲んだら旨いのになぁなんて
会話になって、その晩、顔につけるにしては上等の純米酒とお義父さんの買った吟醸酒で
家族で味比べをすることになった。

日本酒は飲めないと若い頃の失態で思い込んでいたのだが、純米酒は旨かった。
これ、顔につける前に飲んじゃいそうだなんて笑いながら、楽しい夜は過ぎる。
初めての吟醸酒は私にはコクが強すぎて、みんなは吟醸酒を飲んでいたけど、
純米酒を独り占め。お節にそれはそれはよく合った。

長野に帰ってきてから、顔につけつつ飲んでいたら、すぐになくなってしまい、
そうだ長野は地酒どころじゃないかと近所のスーパーで良さそうな純米酒を漁る。
その様子を見て夫がいいなぁと言う。「日本酒って深そうで掘るの楽しそうだよね。」
夫は日本酒が飲めないのだ。

その代わりと言っては何だが、私の飲めない芋焼酎を飲むんだから、
一緒にお互い別の酒を飲みながら飲めばいいじゃないかと話はまとまって。
幸い、焼酎も日本酒も似たような料理が合う。

f0203920_18413742.jpg


近所の直売所にフキノトウが出始めた。春がもうそこまで来ている。
蕗味噌を作って、舐めながら純米酒をコクリ。
ほろ苦い春の味と絞りたての新酒です。あぁ~日本人でよかった~。
(と覚えたてのオバサンが申しております)

地元のなめこでなめこ汁、根菜と厚揚げの煮もの。と一緒に、
先日買った佐久市の伴野酒造さんの純米酒を合わせて。おいしいお酒ありがとうございます。
[PR]
by wazawazapan | 2010-03-03 00:11 | パン屋の休日


<< まかない 鍋の話 >>