今日の質問
パン屋になって誤算だったのは、意外にも接客が楽しかったことだった。
昔コンビニやスーパーでバイトしてもお客さんとの接点はできなかったし、
パン屋の店員だって同じものだと思っていたけど、お客様とのやりとりで得るものの
大きさに店を開けるたび感動している、という話はもう何度もしたか…。

今日の話です。

小諸の町屋館で販売をしている時からの大好きな常連さんがいらっしゃいました。
いつも楽しい質問を用意して来てくれます。
今日の質問は「ご飯みたいなカンパーニュの作り方について、どうしてブログで親切に
答えてしまうのですか?時間をかけて苦労してお金をかけて得た知識を何故ブログで…」
「聞いたモン勝ちみたいなところはありますよね…聞かれて嫌だということもないですし…」
とあまり上手に答えられませんでした。

考えてみました。

私のパン作りの先生は本でもありましたが、やはりインターネットの諸先生方でした。
本は基本的に図書館で借りますから、いつも身近にありませんでした。
わからないことがあればネットで調べ、時々思いがけないプレゼントをもらい、
一喜一憂しタダで得られる最高のアテニナラナイ知識をアテにして試行錯誤を続けました。
タダで得られる知識ですから、眉唾もので素人の推察に過ぎず、無駄撃ちもかなりしましたが、
その素人の試行錯誤の経過というのが最高で、本にはなかった記述でした。
失敗談あり、成功話あり、同じような環境で試行錯誤している人達の姿に教えられ
励まされました。

そんな諸先輩方へのお礼と、これからの私のような人への、ささやかなプレゼントです。

どうぞ受け取ってください。

と、こんなことを考えながら今日はパンを焼いてました。
いつも楽しい質問ありがとうございます。また心より心より!お待ちしております。
(お会いできると本当にホッとしてウキウキします。私にとって初めての「いつものお客様」で
本当に感謝しています。勝手にブログに載せてしまいスイマセン。ちゃんとお答えできなかった
のが気がかりでした。またいつかお会いできる日を楽しみにしています。)

P.S
いつもコメントありがとうございます。
営業終了後、ゆっくりお返事させてください。
とっても楽しく読んでいます、本当にありがとうございます。
[PR]
by wazawazapan | 2010-02-19 19:27 | パン屋考


<< 初の完売 遅れてきたバレンタイン >>