1日からパンを焼いてしまうのは性なのか。
f0203920_19392651.jpg


明けましておめでとうございます。

夫の実家に年末から帰省している。酵母と粉を連れての長期帰省。
酵母を継ぐとパンを焼かねばならぬわけで、1日の朝から今年一発目のパンを焼く。

大晦日に捏ねて24時間玄関で発酵させた適当水分・粉量の年越し発酵カンパ。
コネ台もないから適当にボールの中で丸めてバヌトンに放り込む。
やってみたかったのは、無水鍋でカンパを焼くこと。
そう、お義母さんがお嫁に来た時にお姑さんからプレゼントされたという
年代ものの無水鍋があるのだ。

ぺティナイフでクープを入れ、カンカンに熱した無水鍋に生地を滑り込ませ10分焼いた後、
ごく普通のオーブンで40分~50分焼いた。クープが暴発気味だが、なかなかおいしそう。

調子に乗って昨日の残りのワインを煮詰め、りんごを塩煮して、
翌日はワインとりんごのカンパだなんて、また仕込んでしまった・・・

お義母さんと義弟のお嫁さんに「本当に好きなんだねぇ~」と言われて、
はい、そうです、好きなんです~。

今年もパンと一緒によろしくお願いします。
明日はもうちょっとうまく焼きたいねぇ・・。。
[PR]
by wazawazapan | 2010-01-01 19:42 | パン屋の休日


<< 骨董市は若作りに限る。 2009. 総括 >>