2009. 総括
12月のパン屋に限って言うと、本当にお客様に謝りたい。
10日ほど過ぎた頃から少しづつ辛くなってきて、中盤頃にはしんどくてわけがわからなくなった。

原因は完全に自分のキャパシティーを超えた労働で、パン屋でパンを焼いて売るという
シンプルな図式から、通販の注文が増えたことで、メールの処理や在庫管理、発送業務と
パンを焼くという仕事以外の負荷が一気に上がり、全く休みがなくなり、
もうこなせなくなってしまったのだった。

間違えて発送をしてしまったり、お客様には多大なるご迷惑をかけてしまった。
メールのお返事も書く気力・体力が出ず、疲れて寝てしまい、ブログを書くことによって
お返事とさせていただければという気持ちで書いてた。

本当にご迷惑をお掛けしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

そして、26日は最後の営業日だったのだが、朝から大寝坊。もう目覚ましが何度鳴っても
気づかない。営業中にブチ切れてしまい、原因はパンを焦がして全部ロスになりかけたのだが、
それを事もあろうが夫のせいにし、パートさんのいる前で、お客様が店にいる中で、怒鳴り散らした。

本当にすいませんでした。私の不徳の致すところです。
不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

パンだけは、パンだけは、ちゃんと焼こうと思いました。
本を読んで、少しづつ取り入れたり、無理をしないように定番商品の味の向上を心がけました。
12月の店のラインナップはシュトーレン以外は定番商品ばかりでした。
新商品やイレギュラーなメニューはあえて避けました。できることだけしようと思いました。

そして、シュトーレンを送った方やお店に買いに来てくださった方から
たくさんのメールを頂きました。ひとつひとつにお返事は書けませんでしたが、
メールを読む度、がんばろうという気力が沸き、何とか12月を終えることができました。
本当にありがとうございました。皆様のおかげです。心よりお礼申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------

2009の総括。

パンを焼いて売るという仕事につき、がむしゃらに走りました。
たくさんの経験を超スピードで駆け抜けた1年でした。

小さな失敗から大きな失敗まで様々な失敗を繰り返しました。
1回目の失敗には寛容でいいと自分を許しました。2回目は絶対にやらないと誓いました。

マルシェに参加して青山で多くのお客様に購入していただいたことで自信がつきました。
このまま無心にやろうと思いました。

地域の方が歩いてきて買ってくださいます。ありがとうございます。

家族の協力が不可欠でした。
素晴らしいパートナーに巡り合えた幸せを感じています。

今年はたくさんのありがとうとごめんなさいで締めくくります。
来年はありがとうとだけ言えますように。

それでは皆さん、良いお年を!
1年ありがとうございました!!!


追記:
今日から夫の実家に帰ります。
ブログ更新ボチボチになると思いますのでよろしくお願いします。
[PR]
by wazawazapan | 2009-12-29 22:54 | パン屋考


<< 1日からパンを焼いてしまうのは... 必然の出会い >>