国産小麦の値上がりとキタノカオリ終了・・・ガクッ・・・。
製パンを趣味にしている方はご存知だろうが、10月に入ってから国産小麦が大幅に値上がりした。
前年比で40%ほどの値上がりになり、元々決して安くはない国産小麦の価格高騰は
経営的にかなりキツイ。ウチでも値上がり前に粉を在庫として持つように発注をかけたが、
皆考えることは同じで、弱小パン屋にそんな度量はあるわけがなく、
大量に抑えることが全くできなかった。。

パンの値段設定は大枠の原価率を算出して、後はパンの見た目と相談しつつ
あとはフィーリングで付けている。高くて買えない値段にはしたくなかったし、
ウチの中ではかなり価格を抑えたつもりだったので、都内のパン屋でよく買い物する方などからは
安いと言われることもある。
しかし、田舎の中での商売としては、パンの価格として目安になるのがスーパーのパンだったり、
国産やオーガニックの価値観の浸透が薄い為、価格が高い印象があるのは拭えない。

パンの販売を初めてから8ヶ月、パン屋を開店してから1ヶ月ちょっと。
パンの値上げはしたくない。
が、もともと破格の部類にある原価率最強の角食ちゃん。
最も需要も高く、この人が売れれば売れるほどキツイという悪循環になりそうな状況。

今、色々考えてます。
材料の質はもちろん変えません。今までどおりやります。

今のところ決めたこと。
とりあえず、ヤマト運輸さんに相談して、通販の送料を11月から値下げ検討中です。
パンセットの内容(パンの個数)を少し減らすことになると思います。

今必死で原価計算しなおして、ない頭振り絞って考えてます。
買ってくださるお客様とわざわざが共存できるように、がんばって考えます。
宜しくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------

底を尽いた粉を業者さんに無理をいって運んでもらう。
その時に衝撃の話が。

キタノカオリが終了します。とのこと。
次回納品分で終了だとのこと。

わざわざの角食はキタノカオリと香麦をメインで配合しているため、
相棒であるキタノカオリの終了はかなりの打撃。
あといよかん丸、あの子はキタノカオリがメイン。キツイなぁ。。

今から角食のレシピを再考しなければならない。
代わりの粉に何を使うかが問題で、あのもっちりとひきのある食感はキタノカオリが
出しているわけで、どうするか。今手中にある粉では角食に合う粉が見当たらないので
新しい粉探そうか、コストがまたあがっちゃいそうで困ったなぁ。

とりあえず、思い切って新しい角食作ってみます。
もっとおいしくなったと言われるよう、ちょっとがんばります。
[PR]
by wazawazapan | 2009-10-21 10:58 | パン屋考


<< いちじくのカンパーニュのこと 痛恨の粉切れと限界が見えた話 >>