ぶどうのパン
f0203920_17331578.jpg

パン屋になることを考える前、将来のことを考えていた時、新規就農を検討したことがあった。長野県が主催している研修に夫婦で泊りがけで参加した時、一組のご夫婦と出会った。その後、彼らは千葉県からこの長野県東御市にブドウ農家になるためにやってきた。あれから4年も経ち、私はパン屋になり、友人夫妻は葡萄農家としてがんばっている。

同じ東御市に他県から移住し新しいことを始めたのだから、何とかお互い協力していけたらなぁと思う。先日、友人の農園でブドウ狩りをしてきたのだが、その時の話で、このジュースをウチで販売することになった。巨峰100%で手絞りのこのジュース、何とも濃厚。パンにしたい衝動にかられ、早速仕込む。
本体の生地は巨峰のジュースを仕込み水の50%使ったリュスティック。気泡がボコボコに入りもっちりとした食感。上に菜種油を加え固めに整えた生地でブドウの柄を描いてみた。ブドウを一粒一粒はがしてカリカリと食べる。

ということで秋のブドウフェア、開催中。友人夫妻が心を込めて作ったブドウとジュース、ぶどうのパン、3つ仲良く並んで今日から販売してます。ブドウは安芸クイーン、皮ごと食べられるおいしいブドウです。お近くの方、是非お寄りください。

ブドウのパン 350-
安芸クイーン 1kg/1700円
巨峰のジュース 1000-
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-25 17:45 | その他パン


<< 白い皿の話 一人の時は >>