2週目の営業が終わって。ありがとう。
意外だったのは、お客様の7割がたがご新規だという事。
時間がなくフライヤーも作れず、オープンの告知はほぼネットのみで、看板を立てただけ。
正直、お客さんがくるはずもないだろうと思っていた。
ポツポツだがお客さんは確実に来てくださり、何とか営業が成り立っている。

町屋館で買ってくださったお客様が今日もポツポツ来てくださった。
懐かしいお顔を見るたび、お互い笑みがこぼれ話が弾み、活力を得る。
お店の時だけ手伝ってもらっている友人も、お客さんの話を聞く度、
「よかったねぇ、感動して涙が出そうになる」と言い、少し涙ぐみながら営業する。

何でかよくわからないが、ウチに買いに来てくれる人って本当にいい人ばっかり。
わざわざさんのブログでパンの写真を見る度、また買いに来る日までがんばろうと思う、とか、
パンが好きじゃなかったのに、ウチのパンを食べてパンが好きになったとか、
この辺にはお店がないから、パン屋さんが近くにできて嬉しいとか、
パン屋でパンを買って売るというやり取りの他に、心の底からあったまってくるような、
そういう交流があって、この人たちはどうして私にそんな親切をしてくれるのか、
すれ違いざまに人を感激させるようなことをサラッと言えるセンスに脱帽し、
自分もこういう人間になりたいなぁと切に思う。感謝しています。

来週もまたがんばります、宜しくお願いします。
[PR]
by wazawazapan | 2009-09-20 01:09 | パン屋考


<< 酵母再考2 カンパーニュ系ノッテキマシタ。 >>