町屋館、おわり。
今日は町屋館最後の日、常連さんと新しいお客さんが代わる代わるきて下さいました。
寂しいね、とか、ブログを見てくださったとか、色んなこと、話しているうちに、
最近落ち込んでいた売り上げと人の波、パンのこと、色んなこと、考えました。
短い間でしたが、皆様、本当にありがとうございました。

パンを焼いて売るという中にこれだけのやり取りがあることなど、
始める当初、考えてもみませんでした。
一言二言話す中で励まされたり、勇気付けられたり、ありがとうと交わす中で
色々なものを得ることができました、本当に感謝が絶えません。

私がお客さんから得るものがあるのは当たり前ですが、
意外だったのは、私が何かを与えることがあったようなことです。
ただパンを焼いて売っているだけなのに、感謝されたり、感謝はこっちがする方なのに、
ありがとうと言われたり、温かい交流に疲れた体が癒されました。

町屋館のスタッフの方にも大変お世話になりました。
商売で定期的に町屋館を始めて使用したのが私達だということでした。
たった5ヶ月間の利用の中で私達は小諸の街中で商売をするということの意味を学びました。
ありがとうございました、また宜しくお願いします。

うまくは言えませんが、お客様の中にはブログを楽しみにしてくれている方が多いようです。
本当にありがとうございます、あなたのお陰でパンを今日も焼くことができました。

そして、娘と夫にありがとう。
毎週休みの土曜日に重労働を強いてしまったのに、文句も言わず付き合ってくれてありがとう。
家族の協力なしにはできませんでした。私の力ではありません、皆のお陰です、本当にありがとう。

これから、私はパン屋として一生、生きていくことにしました。
生涯の仕事として、相応しい仕事に出会えたこと、やり続けられる幸福に感謝し
これからも邁進していきたいと思います。
皆さまに限りない感謝と、これからも宜しくお願いしますを込めて!
ありがとー!!
[PR]
by wazawazapan | 2009-07-25 21:42 | わざわざ終了後


<< 酵母再考 ほんまち町屋館での販売のこと >>