ちょびっと休息中
この数ヶ月パン屋を開業して突っ走ってきたのだが、少し疲れが溜まってきた。
睡眠不足が主な原因だが、結局、売り上げと自分の労働の対価だと思う。
不思議なもので売れると疲れは吹き飛ぶ、売れないと疲労が蓄積される。
売れなければ売れないほど疲れを感じるものなのだ、人間は。

パン屋を始めるにあたって自分の焼いたパンを売りたいという熱意が先で、
経営に関してはよく考えもせず、自分の考えるビジョンに則った方向にいけばいいと思っていた。
町屋館でのパン販売は、思った以上に深く、売るとか売れないとか売る方向に持ってくとか、
そういったパンを焼いてただ売るのではなく、売るために何かをするという側面が多いことに
気づかされた。パン屋はパンを焼いて売るのではなく、焼いたパンを如何にして売るかという
商売だということにやっと気づいたのだった。

美味ければ売れるなんていう、健康だから売れるなんていう、そんな甘いものではなく
商売としてちゃんと考えていかなければ、焼き続けていけるわけもなく、
焼き続けていきたいのなら、しっかりと売らないといけない。

継続は力なり。

力は継続から生まれるのだ。
続けていく中で様々なことがわかっていくだろう。
正直、今は右も左もよくわからん。
でも、自分のことは信じてる。
だから、今の結果は全く気にならない。
いつか、結果がついてくるとわかっているから。
[PR]
by wazawazapan | 2009-07-22 02:27 | パン屋考


<< ほんまち町屋館での販売のこと ぶどうリュス >>