VIRON
f0203920_10314454.jpg

パン屋準備で東京に来ている。ついでにやはりパン屋に寄る。VIRONのバゲットが食べたいという話になり、久々へVIRONへ。娘を実家にあずけているので初めて2Fに上がり軽く食べていくことにする。

夫と別行動をとった後VIRONで待ち合わせ。案内してくださった席もいいし、なかなか来ない夫を待ちながら水ばかり飲んでいる私に店員さんはさりげなく水を何度も追加してくれる。付かず離れずの接客が心地いい。渋谷の人ごみにダウンしていたのだけど、水と接客でかなり癒される。

夫が到着し、ワインとサラダ、オリーブ、バゲットを注文。バゲットは210円でおかわり自由なのが嬉しい。
まもなく熱々に温められたバゲットがサーブされ、一口食べる。

うまい、やっぱり、うまい。

カリカリに温められた皮、気泡ぼこぼこで軽い触感、つやつやで薄く延びた内層なのに、もっちり引きがあり、本当においしい。うちのバゲットとは全然違う。これがフランスのバゲットなのだろうなと想像する。

家に帰って早くバゲットを焼いてみたい。VIRONのバゲットに刺激を受けてバゲットを作りたくてうずうずする。最近、製法にばかり気がいっていたけど、改めて材料から再考したくなった。ひとつの事にこだわりすぎていたなぁと反省する。もっと自由に作らなきゃ。
[PR]
by wazawazapan | 2009-06-06 10:47 | パン屋のたわいもない話


<< 一番小さなお客さん カンパ祭り >>