わざわざvol.7
今日はわざわざの7回目。GWだから少し張り切って数を少々多めに持っていく。

15時ちょうどに全てのパンが一つ残らず売り切れました、今日も本当にありがとうございました!

このところ、確実に常連さん達が増えてきています。代わる代わる来て下さるお馴染みの顔を
拝見する度、安堵に包まれます。お客さんとのコミュニケーションがパン焼きで疲れた体を癒してくれます。焼いた後に買ってくださるお客さまと話す、とても楽しいです。

「わざわざのお店はありません」
この言葉がキャッチフレーズでしたが、今、お店を準備しています。ほんまち町屋館での出張販売を
始めてからまだたったの2ヶ月、この先7月いっぱいまで町屋館の土曜日を予約しています。

パンを一人で焼いています。
町屋館にパンを運ぶ時間が惜しくてなりません。
もっとたくさん焼けるのに、運ぶ手間でそれができません。

自宅を新築する際に将来の店舗を踏まえて設計しました。スタートが予定より随分早くなりそうです。
またブログ、WEBサイトにお店のこと書きますので宜しくお願いします。

不安はあります。
自宅は山のてっぺんです。
ですが、来る価値ありまくりのパン屋になるようがんばるだけです。
[PR]
by wazawazapan | 2009-05-03 02:14 | わざわざ終了後


<< 生焼けの徹底回避 2次発酵の見極め >>