わざわざvol.6 - 雨の日の収穫-
今日はわざわざ6回目。あいにくの大荒れのお天気で、昨日の仕込みの最中からまずいなぁという予感。天気が悪いからという理由で商品数は減らせないし、かといって大きく余してしまったらどうしようもない。仕込み量をいつもより若干少なくするも、やはり今日は余ってしまった。

今日はいつもと違う日。夫が仕事でいない。昨日の夜から何か緊張してしまい、あぁこんなに彼に頼っていたのだなぁと実感する。いつも早めに起きているが今日はいつもよりさらに早く起きてパンを焼き始めたのだが、いないとなると火事場の馬鹿力、いつもよりかなり早く焼きあがり、掃除や洗い物まで済ませて出発する。
行きの車中ではドキドキがいつもより激しい。夫なしでできるのか心配で心配でたまらない。
到着するとお手伝いをしてくれる友人が一足早く来てくれていた。顔を見たとたん、ホッとする。何かやれそう。大丈夫そう、ありがとう。

想像していたとおり、客足が悪い。それでも何人も友人が訪れてくれたり、まだ5回しかお店を開いていないのに、何度も来て下さる常連さんたち、ブログで出会った方との初対面、色々なふれあいでとても元気が出る。パン越しのやり取りでほんの少しの時間話すだけなのに、何度も顔を合わせているだけでこんなにホッとできるものなのかと驚く。今日は売れなくてもあせらない。こんな天気が悪い日にわざわざ買いに来てくださった方に会えるだけで嬉しい。

f0203920_19131563.jpg

今日の新作の豆パン。パンはすぐに売れてしまい写真がないのだが、昨晩この白いんげん豆を煮て、この後甜菜糖でキャラメリゼして食パンの生地でくるくる巻いて、豆の形にした。これがかなり美味しくて、試食した方が全員お買い上げ。次回も白いんげん豆が手に入れば持って行こう。

今日はパンは過去最高に余らせたけど、まぁいい。何か人の顔見てホッとした日。やっててよかったなぁと思った。お客さんに感謝です。今日もありがとうございました!
[PR]
by wazawazapan | 2009-04-25 20:01 | わざわざ終了後


<< 頑固親父の店は本当に美味いのか? おいしいの基準 >>