ottoベーグル
f0203920_7283945.jpg
造り酒屋さんで買ってきた酒粕から酵母を起こし、元種を起こし、生地を2日間冷蔵庫で寝かし、ベーグルを作る。

と、これをやったのは実は夫。

私が毎日パン作りをやっているのを見て、やってみたいと言い出したのはつい最近のこと。
丸パンを教えてあげようかと思ったら、もっと好きなパンを作りたいと言う。
そして、1回目、イーストを使った短時間発酵の普通のベーグルを教える。

すると、いつも食べているベーグルの方がおいしいと言う。
じゃあ長時間発酵のベーグル作る?という話になり、どうせだったら酵母から仕込む?という話になり、ついにできたのがこのベーグルだった。

これが実においしいのだ。

生地の甘みが強く、皮の硬さが程よく、焼きなおさなければ引きのある食感、焼けばカリッと歯切れのよい皮。とにかくおいしい。

いつもメインで使っている粉が足りないから、いつもと違う粉を使ったこと。酵母を使い冷蔵庫で生地を寝かしたこと。これがいつものベーグルとの相違点。

形はご愛嬌。こんなおいしいベーグル、食べたことない。
[PR]
by wazawazapan | 2009-04-09 07:42 | ベーグル


<< ブレパンって何だろうか。 長時間発酵と超長時間発酵 >>